PREV | PAGE-SELECT | NEXT

追い風天国でズバー

昨夜は風が凄まじく、土管が風の通り道と化してしまったので
テントごとスポーンと排出されるかと思いましたが何とか持ちこたえました。



P5040807.jpg

激しく揺さぶられるテントと轟音の中では安眠出来ず、
朝もあまり止んでいなかったこともありちょっと遅めの10:00出発に。
この頃には、風は夜中と朝に比べればだいぶマシになっていました。

それでも強風には変わりないので、今日も辛い戦いになりそうです。
目標のトレス・セロスまでは81キロあるので、
風と戦いながらだともしかしたら今日も着けない可能性も・・・

・・・と憂鬱な気持ちで出発したら




P5050809.jpg

すぐ着きました。

oh…イッツ・ア・ミラクル。

今日はワープした訳ではありません。
心配していた強風が、素晴らしい追い風だったのです。

完全な追い風ではなく横風気味だったので神経は使いましたが、
それでも追い風は追い風。
斜め後ろから吹っ飛ばされ、ガンガンスピードを出せ、
あっという間に81キロ走り切れたという訳です。



P5050815.jpg
本日の寝床

15:00には着けてしまったのでもう少し距離を稼ごうかとも思いましたが、
今日はここで打ち切る事にしました。
この追い風に乗れば日暮れまでにプラス50キロは行けそうですが、足首の痛みもあります。
たまにはゆっくり休憩して、明日以降の為に体力と怪我の回復に努めるのです。



P5050817.jpg
通りすがりの鳥

本日のガソスタは非常に快適で、
シャワーもあるし、しかも男女別になっていて混まないし、
ソファのあるお部屋でWi-Fiを使えたし、テントにまで電波が届いたし、
荒野にポツンとある集落なので町中と違ってうるさくないし、
裏庭みたいな芝生のスペースにテントを張らせて貰えるし、
とても気に入ってしまいました。

ただ唯一難点を挙げるとすれば、夜中にどこからか鶏の断末魔が聞こえてくる事です。
何なんでしょうかここ。うなされたんですけど。


<情報コーナー>

○ プエルト・サン・フリアンから58キロ地点〜トレス・セロス/81キロ

勾配ややありの大部分平坦な道。大きな坂は無い。
81キロ地点(プエルト・サン・フリアンからは139キロ)にトレス・セロスあり。ガソスタとポリスの建物と民家?が数件ある程度の小さな集落。ガソスタYPFはそこそこ大きく、カフェ、WiFi及び電源あり。シャワー10ペソ。カフェに売ってるパンは小さいエンパナーダ6ペソ、菓子パン2,5ペソ、珈琲6ペソなどお手頃。
カフェ奥にレストランがあり、その手前の待合室みたいな所に電源がある。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| チャリンコ旅 | 22:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/385-1f5f640a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT