PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上野山荘のキッチン


IMG_5254.jpg
角煮

滞在が長くなればなるほど料理にこだわり出す旅人達。
他にする事が無い 食は全ての基本ですので、毎食を大切に考えなければいけません。



IMG_5260.jpg
角煮ご飯

アルゼンチンは牛肉の国です。
なのでスーパーには牛肉がわんさか並んでおりますが、豚はあまりありません。
数字にすると、牛6、鳥3、豚1くらいでしょうか。

豚はかたまり肉とソーセージくらいしかないです。
ミンチは牛だけなので、餃子とかやろうと思ったら牛餃子になります。

今回使った豚も、骨付きの豪快な塊肉しか無かったのでそれを自分たちで切って使いました。
なので、四角く切られた角煮の中にときどきTボーンステーキみたいな形のものが混じっていました。
でも切り方はカクカクしていたので、角煮という名前には反していないんじゃないかと思います。



IMG_5257.jpg
バーニャカウダー

暇人の巣窟 食へのこだわりが強い私達は、こんなオサレ料理も作ります。
巷で人気のバーニャカウダーです。
イタリアのお料理で、ニンニクとアンチョビとオリーブオイルで作った温かいソースを
スティック野菜などにつけていただくものです。良い酒の肴です。



IMG_5370.jpg
キッチン

上野山荘のキッチンです。
皆ここでお料理をして、二階のダイニングで食べます。

毎食レストランに行っていたらあっという間にお金が無くなるので、
宿にキッチンがあるかどうかは重要です。1泊とかならそこまでこだわりませんが。
もちろん、ときどきは外食もします。地元のお料理も食べたいので。



IMG_5366.jpg
共用調味料

共用調味料も充実しています。
塩や醤油くらいなら持ち歩いている人が多いですが、
ここのキッチンには油や酢や小麦粉なども置いてあるので、料理のレパートリーが広がって助かります。

私達宿泊客は、一人につき2ペソ(40円くらい)を支払ってこれらの調味料を使わせてもらいます。
調味料を少量ずつ買うのは難しいので、とても助かるシステムです。



IMG_5367.jpg
共用マヨネーズ

冷蔵庫の中にも共用調味料が。あと、バターなんかもあります。
空になったら管理人さんが買い足してくれます。



IMG_5369.jpg
共用七味唐辛子

こちらは正確には共用調味料ではなく、前の宿泊客の置き土産です。
ウシュワイアを旅のゴールにしている旅行者は少なくないので、
日本に帰るにあたり、余った調味料を置いて行ってくれるのです。
業務用七味唐辛子(1キロ)を持って旅をしていた人が何者なのかは知りません。



IMG_5368.jpg
共用桜でんぶ

この辺りからちょっと怪しくなって来ます。
こちらも多分、前の宿泊客の置き土産です。

日本人である私達はどうしても日本食が恋しくなる時がありますが、
桜でんぶって外国に来てまで食べたくなるものでしょうか。
そしてこのサイズは本当に必要だったのでしょうか。
私も旅に出てそろそろ1年になりますが、旅人の世界はまだまだ奥深いなと思う次第です。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| アルゼンチン | 22:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/360-c96eb0c3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT