PREV | PAGE-SELECT | NEXT

チャリ旅8日目/雨の中をひた走る

昨夜はよく降ったようです。借りたシートが役に立ちました。
というか、あれが無かったら今頃は何から何までずぶ濡れでした。
テントの防水についてはちょっと考える必要がありそうです。


P2108845.jpg
本日はここから

「皆行き先は同じだし一緒に行こう」と言ってもらったのですが、
私の走行スピードはあまりに遅く、迷惑をかけることは分かり切っているので先に行ってもらいました。
「また会いましょう」と約束をして。




IMG_4252.jpg

IMG_4253.jpg

出発の時点では雨はやんでいましたが、またすぐにでも来そうなので雨対策です。

私のフロントバッグは防水加工など一切されていないので、ビニール袋をかけました。
また、後ろの荷物は寝袋だけ袋に入れました。他のは別に濡れてもかまわないので。
後輪のサイドバッグは一応防水との触れ込みで、まあ絶対噓だろうなと言うのは分かっているのですが
多少の雨になら耐えそうなのでそのままです。強く降って来たら、ビニール袋でもかけようと思います。
中身は別に濡れて困る物は入っていないし、一応個別にビニール袋に入れてあるので大丈夫でしょう。

というものすごく適当な雨対策を施し、本日も元気にスタートです。




P2108851.jpg

本日もまた、ダートからのスタートです。
この後はもうずっとダートなんだそうです。
気が滅入ります。

気分が乗らない為か、道が悪い為か、天気が悪いせいか、疲れがたまっているのか、
まあ全部だと思うのですが今日は全然スピードが出ませんでした。
出発して100メートルで休憩しましたからね。
誰ですか「元気にスタート」とか言ったのは。


しかし、今日の目標は野宿ポイントから63キロ先のラ・フンタという町で、
そこでは久々にネットが使えるそうなので是非とも辿り着きたいです。
辿り着いて、のんびり数日間滞在して雨宿りをするのです。
今日から3日間ずっと雨続きだそうなので。




P2118854.jpg

途中にあった小さな村でお昼休憩。

お昼ご飯はいつも味の無いパンとバナナとお菓子なのですが、
ちゃんとお弁当を作ってくるか、せめてハムとかチーズとかを持ち歩きたいなといつも思っています。
でもまあ次回から・・・とサボったまま、今日も味気ないお昼ご飯です。飽きました。



IMG_4254.jpg

坂道で落とした水をなんとなく撮影(撮影後回収)

お昼休憩から出発してすぐ、雨が強くなってきました。
さっきまではシトシト降りで気にならなかったのですが、ここで流石にカッパを着用。
外は雨でも、私は頑張ってこいでいるので暑いです。ムシムシでございます。



P2118856.jpg

途中で見かけた看板です。

本日の目的地ラ・フンタまではあと38キロ。
さしあたっての目標地点であるコイヤイケまでは307キロと書いてあります。
307キロて。

コイヤイケは、ここらでは一番大きな街だそうなので目標に据えています。
走り出してから気付いた不足品だとかが色々あるので、ここで買いたいのです。
でも307キロ・・・。
速いチャリダーさんなら3日で着く距離ですが、私は一体何日かかる事やらです。
チロエ島でやっていた一日90キロは、ここではちょっと難しいので。
アスファルトとダートの違いは想像以上に大きかったのです。




雨はどんどん酷くなるばかり。

スピードは全然出ないし、雨が強くて前が見えないし、時間だけがどんどん過ぎて行くし、
他のチャリダーさんにはすぐに抜かれたし、急に孤独を感じてちょっと泣きそうになりました。
今なら泣いても雨で隠れて見えないわ・・なんて詩的なことを考えてほくそ笑む余裕はありましたが。
いや、ただの現実逃避だったかもしれませんけども。



IMG_4259.jpg

通常タイムより4時間ほどオーバーして、やっとラ・フンタの入り口に到着しました。
時刻は20:00。
なんで63キロ走るのに12時間かかるんじゃと落ち込みましたが、全てを雨のせいにすることにしました。

看板が見えてからラ・フンタの中心地までは少し距離がありましたが、
何故か、この間に何人ものドライバーさんに声をかけてもらいました。
「どこへ行くんだ?」「乗って行くか?」と。
ものすごくありがたくて暖かいお言葉ですが、何故このタイミングで。





P2118863.jpg

P2118862.jpg

この町で目星をつけていた宿は満室で、他数件に聞いてもやっぱり満室で、
雨も降っているので仕方なく10,000ペソの予算オーバーな宿に。

びしょ濡れの泥だらけにもかかわらず、宿のセニョーラは優しかったです。
あと後から知ったのですが、本当は12,000の宿だった様です。向こうから安値を言ってくれた訳ですね。

が、写真を見たら分かってもらえると思うのですが、変な部屋でした。
屋根裏部屋みたいな。しかも鍵なしドア無しです。
まあそういうのは全然気にならないというかむしろ好きなのですが、
お値段の割に屋根裏部屋だネ・・とかは思うのでした。




P2168889.jpg

ところで、パンツがもう酷いことになっております。

もともと相当ガタが来ておったのですが、
チャリンコに乗る様になってから一気にボロボロになりました。
ずっと座ってるし、座席に引っ掛けたりもするしでお尻のところが破れるのです。
あと両膝も破れているし、腰回りも数カ所穴が空いているし、それはもう酷い有様です。
勿体ないお化けも哀れんでお小遣いをくれるレベルかと。

直しても直しても別の場所がまた破れるので、毎日走行後はお裁縫の時間です。
宿でやるならいいのですが、河原で破れパンツを縫うのはなかなかに虚しいものがあるので
こんな生活は早くやめにしたいのですが、ここらの小さな村にはパンツなんて売っていないのです。
なんか変な婦人服とかなら売っているのですが。

早くコイヤイケに着いて破れていないパンツを買う。
それが当面の目標でございます。


<情報コーナー>

○ サンタルシアからラ・フンタ/68キロ

ずっとダート。一見走りやすそうだが、地面が小さく波打つ様に凸凹している。
平坦な道と起伏は半分ずつくらい。
サンタルシアから3キロ地点に1,500ペソのキャンプ場あり。私は5キロ地点で野宿。
20キロ地点に珈琲ショップあり。「英語を話すよ!」と書いてあった。
ラ・フンタ手前3キロにキャンプ場あり。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| チャリンコ旅 | 22:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ホントに泣きたくなったらいってください。そしたらブログを観てる人が全力で応援してくれるはずです。少なくともオレはします
フレーフレー低橋!
ガンバレガンバレ低橋~ヽ(^○^)ノ

てか応援というよりありがとうですかね。
いつも楽しいブログありがと~( 〃▽〃)

| コミ | 2013/02/19 23:42 | URL |

>コミさん

ありがとうございます!
普段は大丈夫なんですが、雨に降られるとやはり精神的に来るんですよね。。(^^;)
無理せず、休憩しつつ晴れの日を選んで参りたいと思います◎

| 低橋 | 2013/02/20 22:01 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/301-2c5772e8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT