PREV | PAGE-SELECT | NEXT

チャリ旅2日目/アンクーからカストロ80km

昨日は走行1日目ということもあり、さすがに疲れていたのでネットで調べものをしながら
「明日はもう1泊しようかな、それとも行こうかな、フェリーの日程調べなきゃなあああ」
と考えながらいつの間にか寝てしまいました。

結果、思いっきり朝寝坊しました。

うおおおおやってもうたと思いながら慌てて支度を整える私。
もう一泊しても良かったのですが、フェリーの時間もよくわからないし
早めにカストロに移動した方が良い気がしたのです。

チロエ島を出るフェリーは、島の中央あたりにあるカストロか、南にあるケジョンという町からです。
その出航日を、私はだいたいしか知らないのです。プエルトモンでフェリー会社に聞きに行くのをサボったので。
フェリーはそれぞれ週に1本らしいので、絶対に乗り遅れたくありません。



P2048686.jpg
アンクー中心部へ登る坂

寝坊した上に宿の人が起きてくれずチェックアウトに時間を食い、
結局予定より2時間ほど遅れて出発することに。
出発時刻は10:00です。

本日の行き先であるカストロまでは80キロなので、1時間10キロ計算なら夕方6時には着きますが、
休憩時間も計算に入れないといけないし、道が平坦とは限らないし、
何より私は素人でまだ全然スピードを出せないし、ついでに昨日の疲れがやや残っています。
日が暮れる前に着こうと思ったら、結構頑張る必要がありそうです。やっぱもう一泊・・・いやいやいや




P2048687.jpg

今日の道は坂が多かったです。

なので、


ヒャホオオオオオオウ

ゼエゼエゼエ

イヤッフウウウウウ

ゼエゼエゼエゼエ

の繰り返しでした。

下るのは楽しいのですが、どうせまた登る事が分かっているのでちょっと億劫です。
ヒャッホーはもう要らないので、ずっと平坦な道にしてほしいです。
それか、急な登り坂と、ごくごくなだらかな下り坂の連続にして欲しいです。
傾斜は5度とかで十分なのです。そしたらこぎ易くて、距離も稼げます。
急激な下り坂は要りません。坂の無駄遣いはやめて頂きたいものです。




P2048678.jpg

チロエ島に入ってから、こんな感じの小屋を至る所で見かけます。
古いバス停かなにかでしょうか。こんなところに一人で籠っていたら地蔵みたいで不気味だと思うのですが。

・・と思って、試しに一人で籠ってバナナを食べてみました。
涼しくてなかなか良かったです。



IMG_4182.jpg


売店も何軒かありました。
だいたい2、30キロに一回くらい、冷たいジュースを買う権利を自分に与えて活力としました。



IMG_4181.jpg

転倒しました。

坂道の途中、たまらず一度立ち止まったらバランスをくずしたのです。
止まってからコケたので大した衝撃はありませんでしたが、コケた先がトゲトゲだったので
そりゃああああああああああああああもう痛かったです。

立ち上がろうにも手をつく場所もトゲなので上手く力を入れられず、
しばらくトゲの大地の上で途方に暮れてしまいました。

で、立ち上がった後、一応記念撮影しておきました。
両手のひらと体の右半分が小さい穴だらけでございます。
こんなに穴が空いたのは8ヶ月前の予防接種以来です。



IMG_4186.jpg
休憩タイム

後半20キロくらいの地点からはごくなだらかな理想の下り気味ウェイが続き、
一気に距離を稼ぐ事ができました。
そう、こういう坂を待っていたのです。やればできるではないですか。

さらに、カストロのすぐ手前はかなり長い下り坂でとても気持ちが良かったです。
もちろん、その前には登りがあったのですが。



P2058699.jpg

今回もまた町の直前で急な坂があって、ウヘア〜(笑)となりました。
なぜ(笑)なのかと言うと、これを登り切れば町の中心だと知っているからです。



IMG_4218.jpg
本日の宿

今日もまた10時間くらいかかってしまいました。

到着が日暮れ直前だったためか宿は軒並み満室でしたが、
10軒目くらいでちょっと嫌になって来たときに声をかけてくれた人がいたので、そこに泊まりました。




IMG_4188.jpg

IMG_4187.jpg

港と町とをつなぐ坂の間にたくさんの宿が並んでおり、その真ん中くらいにありました。
なのでこの階段を自転車を持って降りなければいけなかったのですが、
景色は良いし、港も近いし、もう他の宿を探しに行くのもダルいので即決しました。



IMG_4189.jpg
本日の晩ご飯

今日は到着時にはスーパーは開いていたのですが、宿探しに手間取っているうちに閉まりました。
八百屋だけは開いていたのでそこでちょっとした野菜を買って、昨日と同じ味のリゾットです。
私はとても悲しいです。


<情報コーナー>

○ アンクーからカストロ

坂が多い感じ。道は綺麗に整備されている。
小さい商店は結構あるので困らない。
カストロの10キロ手前にホットシャワー完備のキャンプ場あり。

○ カストロの宿

「Hospedaje Familiar-Lodging」
サンマルティン通りとソトマヨール通りの交差点を港方向に左折(ソトマヨール通りに入る)。まっすぐ突き当たりっぽいところまで行くと、階段だけの急な坂があるので降りる。坂の真ん中くらいにある黄色い宿。

シングル7000ペソ。
Wifi、キッチンあり。港が近くて景色が良い。オーナーのおじさんはとても親切。
坂の中腹にあり、階段を登るか下るかしないといけないため自転車乗りにはキツイ。
自転車は宿脇の小屋に停めさせてもらったが、使っていない小屋を無理矢理使った感じ。一応鍵はある。
私はこの宿も好きだが、この回りにも何軒も宿はあるのでそちらを先に当たってもいいかも。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| チャリンコ旅 | 23:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/295-86e457c8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT