PREV | PAGE-SELECT | NEXT

サンチアゴ着いた。そしてついに

バスは朝8:30にサンチアゴのバスターミナルに到着しました。

本日の目標宿はhostel Tales。
日本人に人気の宿だそうなので、もしかしたら日本人チャリダーの人もいて、
色々と話が聞けるかもしれないと思い選びました。

というわけでさっそくここを目指し地下鉄に乗った私ですが、
まあ毎度のことなんですけど、まっすぐ辿り着くことができませんでした。

本来ならば地下鉄3駅+徒歩5分で辿り着けるところを2時間半という。


今回の迷い方はなかなか大規模なので紹介しますね。





大きな地図で見る

まずここがバスで到着したターミナルで、





大きな地図で見る

宿まではこういうルートを辿るはずでした。





大きな地図で見る

そして私が着いた場所はここです。


我が事ながら、ある種の才能を感じます。



こんな迷い方をしたのには、一応ちゃんとした理由があるんです。

実は、サンチアゴに同名の通りが2つあったのです。
で、グーグルマップで検索したら間違ってこちらがヒットしてしまったというわけです。
なので、今回は私もグーグル先生も誰も悪くないのです。

まあ強いて悪者を挙げるとしたら、
「街の中心部まで近いです」と書いてあるのに地下鉄を2回乗り換えて
1時間揺られて終点まで行くことに疑問を感じなかった私の頭ですかね。



私の様に目的地に辿り着く能力が絶望的に欠けている人間には、政府が補助金を出してくれないでしょうか。
同情金って名前でもいいです。助けて下さい。
それか劇的な治療法を発見してもらえないでしょうか。いくらでも出します。助けて下さい。



P1258574.jpg
地下鉄ライン4の終点

往復2時間の徒労を無駄にすまいと思い、一応記録写真を撮って来ました。

この地下鉄ライン4の半分くらいは地下ではなく地上を走るので、
景色を見るのを楽しめたのがせめてもの慰めになります。

あと、地下鉄を出た所の広場に半公共っぽい名前のWiFiが飛んでいたのですが、
パスワードがかかっており、駄目もとでWiFi名と同じ単語を入力してみたらヒットしたので助かりました。
そして、誰かこの街にネットセキュリティの何たるかを教えてあげて欲しいと思いました。





辿り着いたホステルには、プエルトモンで再会したクスコ仲間、2ヶ月ぶりに会う別のクスコ仲間、
そして狙い通り日本人チャリダーの人!がいてくれました。しかも女性チャリダーさんです。
3人のクスコ仲間との再会、そして熱望していた先輩チャリダーさんとの出会い。
昨日までのどんより気分が一気に吹っ飛んだ瞬間でした。


ところで、チャリダーとは「チャリンコライダー」の略だそうです。
私も旅に出てから知った単語なので、ご存じない方も多いかと思い補足した次第です。




P1268575.jpg

P1268578.jpg

その先輩チャリダーさんを質問攻めにし、
さらに、これから自転車屋が集まるエリアへ行くというので引っ付いて行きました。


自転車屋がものすごく沢山並んでおります。
そしてパーツも溢れている・・・
プエルトモンには全くなかったのに、さすが首都です。




P1268576.jpg

愛らしい犬もいます。さすが首都です。



P1278579.jpg

そしてその勢いのまま自転車を購入しました。

自転車には全く詳しくないのでメーカーとかスペックとか全然分かりませんが、
「アウストラル街道を走るのでそういう感じの自転車が欲しい」と店員さんに相談し、
先輩チャリダーさんにも相談に乗ってもらい、
候補に挙がった中から一番安価のものをディスカウント価格で購入しました。

お値段143,910ペソ。約2万8千円です。

さらにキャリアー(後ろの荷台)を購入して付けてもらい、
タイヤチューブの予備やパンク修理キットや鍵も購入しました。
他に必要な物は、明日以降で少しずつ買いそろえて行く予定です。


写真の自転車の後ろに乗っているのは、後日購入したサイドバックです。

「ウォータープルーフ?」
「あーうん、ウォータープルーフウォータープルーフ」

絶対噓だろ

という会話がありましたが、夏のパタゴニアは連日快晴と聞いたのでまあいいかなと思いました。
ちゃんとしたウォータープルーフのバッグは桁が一個違うのです。
一応、カバーか何か買おうと思います。無ければビニール袋でも被せます。



というわけで、チャリダー転身が現実のものとなりました。
買ってしまったのでもう覚悟を決めるしかありません。


<情報コーナー>

○ Hostel Tales(ホステル タレス)

住所:Concha y Toro 41, Santiago
場所:地下鉄ライン1のRepubrica駅から徒歩5分。

北側の出口から出て、大通りを東に向かって少し歩いて、左折してConcha y Toro通りに入る。まっすぐ150メートルくらい歩いて最初の右折道を曲がり、100メートルくらい歩いた右手側。噴水の広場に続く小道の正面。

日本人宿では無いが、ほぼ日本人しかいない。
オーナーはアメリカ人で、サンチアゴ情報に非常に詳しいのでとても頼れる存在。
ただし変態である。

○ サンチアゴの自転車屋

地下鉄ライン1のUniversidad de Chile駅付近(大通りの南側)にあるSan Diago通りに大量にある。
大通りからSan Diago通りに入って、5分くらい歩くと左手側に4軒ある。
そこからさらに3、4ブロック行くと、両側に20軒くらいある。大きい店はこっちに多い。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| チリ | 23:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

自転車、手に入れてしまったんですね(^^;・・・いろいろと気を付けてください(>_<)
ちょうど今ふしぎ発見でパタゴニアやってます(笑)

| コミ | 2013/02/02 21:17 | URL |

>コミさん

手に入れてしまいました(^^;
サンチアゴに着く直前まで本当に行けるのかどうか半信半疑でしたが、なんとか実現できて良かったです。

気を付けつつ楽しんできます!

| 低橋 | 2013/02/03 12:44 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/284-d0fbc177

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT