PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ビーニャ観光、そして今日も美味しい

P1108249.jpg

獲れたての魚介を求め、宿の人達と一緒に魚市場に行きました。



P1108264.jpg

P1108252.jpg

市場は活気で溢れています。

下の魚は通称エチオピアと言うそうです。
現在エチオピアに海はありませんが、まだあのあたりの海がエチオピア領だったころ、
そこでよく獲れた魚なのでこう呼ばれるんだそうです。

昨日頂いたお刺身や焼き魚もこのエチオピアでしたが、
見た目に反してとても上品で美味しいお魚でした。



P1108253.jpg
ペリカン

おこぼれを狙ってペリカンが並んでいました。
ペリカンは結構大きく顔も恐いため、なかなかに恐ろしい光景でした。



P1108257.jpg

P1108261.jpg

波打ち際にはアザラシの群れが転がっていました。
この子達もまた、市場のおこぼれを貰っているそうです。

もうちょっと寝る場所を考えればいいのに、
波が来る度にアワワワワワと転がる姿はただの休日のおっさんでした。




P1108259.jpg

そして頭上にはカモメの大群が。
皆、狙いは魚介のおこぼれです。


P1108250.jpg

猫だって狙いは同じ。魚介のおこぼれです。

ここは、人、鳥、アザラシ、猫が獲物を狙って睨み合う戦場だったのです。



P1108263.jpg

やる気がないのは犬だけです。



IMG_3827.jpg
本日の朝ご飯

市場にある食堂でエンパナーダを頂きました。
イースター編でも登場したこれは、中に肉や野菜や色々な具を入れた包み焼きです。
本日頂いたこれはエビチーズ。思わず叫びそうになるくらい美味しかったです。
ボリかの国に比べてこの味の広がりときたらもう。



P1118267.jpg

市場の後は市内観光に行きました。
写真は、町の中心辺りにあるなんか綺麗な丘です。

近代的の整った町並みと、所々に見えるヨーロッパの様なお洒落な建築物たち。
昨日まで砂まみれだった私は、自分が今どこにいるのか分からなくなり混乱するばかりです。




P1118268.jpg

続いてビーチへ。
ビーニャは港町なので、町の中心から少し歩けば大海を拝む事ができるのです。

この海は太平洋。この向こう、遥か地球の反対側には日本があります。



P1108265.jpg

お次は、電車に乗って隣町のバルパライソに行きました。
隣町と言っても、完全に隣接していてほとんど同じ町と言ってもいいくらい近いです。
でも徒歩で行くにはちょっと遠いので、海沿いを走る素敵電車を利用しました。



P1118284.jpg
青空美術館

バルパライソでの目的はこの青空美術館です。

これは坂の町バルパライソの一角にあり、町の壁の至る所にカラフルな絵が描かれているものです。
中には、著名な作家の作品もあるとのことです。
写真のこれはどう見てもモンドリアンですが、さすがに本人作ではないです。



P1118272.jpg

壁の作品群はこんな立派なものから、



P1118275.jpg

こんな控えめなもの、



P1118290.jpg

P1118295.jpg

そして、こんなチャーミングなものもあります。

このあたりは完全にただのらくがきですが、その遊び心が良いです。



P1118304.jpg

P1118320.jpg

端へ行けば行く程、作品なのからくがきなのか分からない感じになっていきます。
が、このカオスな感じがまた、面白い光景を作り出しているのです。

公共の壁や建物にらくがきをするのは関心しませんが、たまには遊び心も必要だよねと、
こういう光景を見るたびに、私はいつも矛盾したことを思うのでした。



P1118356.jpg

一度坂の下に降り、ケーブルカーに乗ってまた丘の上に登りました。


P1118328.jpg

海です。

懐かしい海の匂いと爽やかな風に吹かれながら、私はなんだか、センチメンタルな空腹を感じるのでした。



IMG_3830.jpg
本日の晩ご飯

本日も魚介パーチーです。
今日のお魚はエチオピアとサーモン。
日本の新鮮魚介に真っ向から勝負を挑める美味しさでした。

私はほとんど手伝いもせず、毎日美味しいご飯を食べさせてもらっています。
夜行バスに乗ってトンネルをくぐ・・・ったかどうかは寝ていたので知りませんが、
くぐると、そこは魚介の楽園だったのです。


<情報コーナー>

○ ビーニャ・デル・マルの交通

海沿いを電車が走っているが、切符を単体で買う事はできず、チャージ式カードを購入することになる。
カード本体は1,200チリペソ。運賃は350ペソとかそれくらい。

電車の他に、乗り合いタクシー(見た目は普通のタクシーだが、車体の上に大きく番号がふってある。)、
バスも利用出来る。電車のカードを買う事を考えたら、短期の場合はこっちの方がお得。
バスターミナルにツーリストインフォメーションがあり、
そこで行き先ごとのバスや乗り合いタクシーの番号を教えてもらえる。地図もここで入手。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| チリ | 22:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/269-f9b70ea3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT