PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ペルーまとめ


大きな地図で見る

次の目的地はチチカカ湖畔の町プーノ。
こちらをペルー最後の町にして、その後はボリビアに入ろうと思います。

プーノへの移動は夜行なので、それまで暇です。
なのでそれまでは市内観光を・・・というのを書きたいのですが、今日は何もしていません。
仕方が無いので「本日のお昼ご飯」でも載せようかと思ったら、何の写真も残されていませんでした。
何も食べなかったんでしょうか。そんな馬鹿な。


本当に仕方がないので、ペルーのまとめを書こうと思います。
まだ次のプーノが残っていますが、別にいいです。


<ペルーまとめ>

ペルーには結構長い事いた気がします。
今パスポートを見ましたところ、入国日は10/23。
ということは2ヶ月近くいたということに・・・見なければ良かったです。
イースター島の分1週間を考慮したとしても、私は2ヶ月も何をしていたんでしょうか。
後半のダラけっぷりが悔やまれます。




大きな地図で見る

ペルーでの行程をまとめました。
実際はクスコから一度リマに戻りイースター島に行きましたが、
イースター島はチリなのではぶきました。

ペルーは大きく分けて、
西側が湾岸地帯、真ん中(左寄り)がアンデス山脈、東側がジャングル地帯です。
私は湾岸地帯と山岳地帯をジグザグと南下して来たことになります。

こうして見ると、私は東側には全く行かなかった様です。
しかし、最近ペルー北東部のジャングル地帯ではテング熱が大流行していると聞いたので、
行かなくて幸いだったかもしれません。

テング熱とは、蚊を媒介して感染するいわゆる熱帯病の一種で、感染すると頭痛、発熱、発疹などの症状が現れます。予防接種はなく、的確な治療法もありません。ただ、マラリアなどに比べ症状が重くなる事は少なく、生命の危険もそう高くはありません。が、もちろんかからないにこしたことはありません。



<ペルーの町感想>

ペルーで個人的に好きな町は、カハマルカです。
町の規模が大きい割に遊べる範囲は狭く、かつ狭すぎず、賑やかでとても楽しかったです。
あと乳製品の店が沢山あったり、温泉があるのも良かったです。

チャチャポヤスやワラスも好きです。
町自体はとても小さいですが、私は小さい町が好きです。
そして、周りを大きな山に囲まれているので景色がとても良く、
チャチャポヤスには立派な遺跡が、ワラスには立派なトレッキングルートがあるのが良いです。

アレキパには特に惹かれませんでしたが、アレキパ近郊のコンドルの谷はやはり、最高でした。
ただ、メルカドはアレキパのが一番良かった気がします。
アレキパは食の町とも言われ、何を食べても美味しいのです。


ペルーの見所は南部に集約されていますが、私は断然北部が好きです。
北部はほとんど観光地化されていないので人々がガツガツしておらず、穏やかで良い町が多いのです。
観光費用や宿代を筆頭に、物価もだいぶ違います。
北部のんびり、南部弾丸で旅をするのがお勧めです。



<ペルーごはん>

ペルーのごはんは美味しいです。


IMG_2764.jpg
アンティクーチョ

一番好きになったのはアンティクーチョ。ハツの串焼きです。
夕方ごろになると町中に屋台が現れます。1本1〜2ソル程度。


IMG_3397.jpg
セビーチェ

レモンたっぷりマリネです。
朝一でメルカドに行くと新鮮なものが食べられます。
お店によってかなり味が違い、評判のセビーチェレストランなどは本当に感動の味が出て来ます。


IMG_3266.jpg
アヒ・デ・ガジーナ

個人的に、一番衝撃を受けたペルー料理はこれでした。
材料の少なさに対して味の深みが素晴らしいのです。
帰国してもまだ作り方を覚えていたら、必ず作ります。



<ペルーの人>

ナスカ人はくたばれ

明るくて良い人が多いです。
ただ、タクシーやツアー会社など、商売人の男の人は小賢しい人も多いです。特に南部。
ボラれたりおつりを誤摩化されたりする事があるので注意です。

インディヘナのおばちゃんなどはいつも笑顔で可愛らしく、とても好きです。
あとちびっ子の愛らしさが尋常ではありません。
人じゃないけど、野犬も可愛いです。でも狂犬病に注意。むやみに触ってはいけません。


<治安>

悪いようです。

私は運良く無事ですが、スリにあった人、首閉め強盗にあった人、宿で荷物を盗まれた人など、たくさん見かけました。とくに、大きな町や観光地化された町は犯罪遭遇率が高いようです。また、日本人はお金を持っていて狙い易いということで、日本人宿の周りも危ない場合がある様です。

あと、長距離バス内での盗難にも注意が必要です。
荷物を頭上の棚に置いておくと寝ている間に盗まれるので、必ず目の届く所に置かなくてはいけません。
私は、短距離の場合は膝の上にしっかりかかえ、長距離ないし夜行の場合は足下に置いていました。
足下に置く場合、後ろの席の人が座席の下から手を伸ばして荷物を引き抜く、という方法でスられる場合もあるそうなので、私はリュックに南京錠をかけ、かつ椅子の手すり等に鍵付きワイヤーで固定していました。
これで絶対大丈夫というわけではありませんが、今のところ無事です。


以上です。


プーノ行きの夜行は翌朝5時頃着。
がっつり寝ようと思います。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| ペルー | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/243-65b4e6a4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT