PREV | PAGE-SELECT | NEXT

語学学校8日目/先生3人目

毎週月曜恒例先生の変更です。
今日からの先生は先週の金曜に

バーン!とドアを蹴破り

「ハロー!私が新しい先生よ!よろしく!」

と教室に飛び込んで来たのでどんな人かは知っています。
まあ上記はほんの90%くらいフィクションを混ぜましたが、元気な先生なのは本当です。


今回の先生は1人目の先生と同い年くらいの女性です。
自己紹介後早々に「1人目と2人目どっちの先生が良かった?」と答え辛い質問を投げかけられ、
「1人目は2日間で2人目は5日間だったので上手く比べられません・・・」とあいまいな返事をしたら

「オーケーイ!!」と言っていました。

何がオーケイなのかさっぱり分からず困惑しました。



IMG_2454.jpg
じっと何かを考え込む学校の犬


IMG_2455.jpg
吠える事にした学校の犬(1秒前)



しかしテンションに反して授業内容はとてもキッチリした先生です。
「どこまで習った?」と聞かれ、「過去形と未来形がまだです」と答えたら
しっかり丁寧に、根気よく教えてくれました。

未来形は英語で言う所の「will」や「be going to」に変わる表現を覚えるだけなので簡単だったのですが、
過去形は動詞の語尾をいちいち変えないといけないのでややこしくて頭が痛くなりました。

スペイン語は現在形だけでも「私は」や「あなたは」や「彼は」でいちいち活用が違ってややこしいのに、その活用の規則に反する例外達が沢山存在し、その上過去形はまた活用が違い、過去形にも例外が存在し、例外の中にまた例外が存在し、という具合にどんどん増えて行くので途中で覚える気を無くしました。

4年前スペイン人の友人に少し文法を習った際、

友人 「スペイン語は主語を取り除いても大丈夫なのよ。動詞の活用が違うから、
    動詞をちゃんと言えば主語が何かは言わなくても理解できるの。簡単でしょ!」

「主語くらい言えるから動詞の活用を無くしてほしい」

という会話をしたことを思い出しました。

でもスペイン語に限らず、ドイツ語やフランス語も活用がわんさかあるので
このあたりはもうそういうものだとして諦めた方がいいのかもしれません。
日本語だってカ行変格活用とかあることですし。



IMG_2457.jpg

IMG_2458.jpg
本日のお昼ご飯

今日は頭を使って疲れ果てたのでいつもより沢山食べました。
名称不明の卵料理と餃子です。例の中華屋です。



IMG_2463.jpg
本日のバナナ

もともと熟れてた方ではなく青かった方のバナナが減ってる気がするのですが間違えて食べたんでしょうか。
間違えて食べて気付かないと言う事は、いつの間にか熟れていたということでしょうか。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| エクアドル | 22:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/175-ec4aac40

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT