PREV | PAGE-SELECT | NEXT

オタバロに行っただけ

今日は語学学校がお休みなのでオタバロという町に行ってみます。

ここはオタバロ族という人達が暮らす町で、布製品や編み物、ショールなどの民芸品が有名なんだそうです。
毎週土曜に大きなマーケットが開かれ、週に一度のこの日は旅行者が沢山集まってとても賑やかなんだとか。


オタバロについて先生に尋ねた所、
「マーケットは昼過ぎまでで、ここからだと2時間半はかかるから朝7時に出なさいな」
と言われました。

ずいぶん早いなと思いましたが、学校がある日は朝6時に起きて勉強している真面目な私なので、
というか宿題をしながらいつの間にか寝ていて朝6時くらいにガバッと起きて青くなる中高生の様な私なので、
朝7時に出るなんてお茶の子さいさいなのでございます。

と、昨日は思ったのですが9時に目が覚めました。

今すぐに出て、順調に行けたとしても正午近くなるのですが「昼過ぎ」とは何時までを言うのでしょうか。




そんなわけで始まる前から終わってる感がありますが、一応行ってみることにしました。
意外と2時くらいまでやってるかもしれません。

オタバロ行きのバスに乗るにはまずはバスターミナルに行く必要があります。
バスターミナルまでは2つの公共交通機関を乗り継がなくてはならないのですが、
その一つであるメトロバスが大変悪名高いです。

過去の旅行者のブログには「財布をすられた」だの「カバンを切られた」だの嫌なお話のオンパレード。「タクシーの利用をお勧めします」と言っている人も多く、あまりにも恐ろしかったためこれまで一度も乗らずにいました。そもそも出かけてないので乗る機会が無かったのですが。

しかし、タクシーは確かに安全ですが、移動の度に使っていたらあっという間に財布が軽くなってしまいます。
ここのはかなり安くてだいたい5ドル(400円くらい)で色んな所へ行けてしまうのですが、今の私はそれすら高く感じてしまうのです。何故ならメトロバスは25セントだからです。約20円。
バッグinバッグを信じてメトロバスで行く事にしました。




PA061192.jpg
メトロバス乗り場

メトロバスはそこそこ混んでいましたが、
通勤ラッシュ時に見かける程の酷さはなく無事移動することが出来ました。
この後も何度も利用しましたが、一応何事もなく過ごしております。
でも大きな荷物を持っているときの利用は避けました。身動きができないので。




PA071199.jpg
リオ・コカ

メトロバス終点のリオ・コカという駅で降りました。ここには小さなバスターミナルがあります。
しかしオタバロ行きのバスはここからは出ないため、
ここからさらに市バスに乗ってテルミナルカルセレンという別のバスターミナルまで行かなくては行けません。
テルミナルはバスターミナルのことです。キトにはバスターミナルがいくつもあります。

乗り場がさっぱり分からなかったのでその辺に居る人や売店の人に聞いてみたのですが、
「テルミナルカルセレンに行きたいのですが」と聞いているのに何故か皆「カルデロン?」と言います。

カルセレンとカルデロン。

まあ似た様なもんだろう・・いや多分違うけどまあいいやと思って乗ったら、やっぱり間違いでした。

いえ方角は合っていたのですが、どうやらテルミナルカルセレンよりさらに向こうにカルデロンという地域だか町だかがあるらしく、テルミナルには寄らずに横を通り過ぎてしまったのです。
バスの車窓より「テルミナルカルセレンはこちら」という看板を見つけ、隣の席の人に「今のはもしやカルセレン?」と聞いたら「うん、過ぎたよ。」と言われて発覚しました。

ちょまあああああああ

と慌てて料金係の人に声をかけたらテルミナルからだいぶ走った所で降ろして貰えました。
と、それはさておき、バス料金が5セントでした。4円。いっそ無料でいいんじゃないでしょうか。



バスを降りた後、またテルミナルに戻るバスを捕まえなきゃなあ・・とどんより気分だったのですが、
オタバロ行きのバスはこのバス停の前を通る様であっさり捕まえる事ができました。

しかしこの時点で既に10:30です。オタバロまでは2時間。
正午は完全に過ぎますが、大丈夫なんでしょうか。



バスは予約席なので皆座れるはずですが私は途中で乗り込んだためかちゃんとした席が無く、
バスの一番前にあった荷物置きみたいな所に座っていたら反対を向いてるためかやや酔いました。
グネグネの山道を猛スピードで走ってくれたせいもあります。

あと荷物棚の蓋がバカッと開いて中に入ってた小箱が右肩を直撃しました。青痣が残りました。
さらにバスが道路工事による渋滞に巻き込まれて1時間くらいロスしました。
渋滞の中は当然空気も濁っており、酸欠になりそうだと思っていたら本当になったようで、動悸息切れ、めまい、頭痛、吐き気、挙げ句の果ては指先がしびれ感覚が無くなって来て、もはやこれまでかと思いました。

風が来る入り口付近まで這い出て、
まともな空気が来た隙に激しく深呼吸するなどしながらしばらくじっとしていたら治りましたが。



結局3時間近くかかり、よくやくオタバロに到着した・・・ようなのですが、「オタバロ」という表示が出ている町に入ってから走っても走ってもテルミナルに着きません。なので、隣の席のオタバロ族っぽいおぼちゃんに聞いてみたら「ここがオタバロよ。テルミナル?あっちよ」と言って今走って来た方向を指さしました。

ちょまああああああああああああ

慌てて降ろして貰ったそこは普通の道路脇でした。しかも雨が降っています。

確かオタバロのマーケットは半青空市だったような。
そして現在午後1時半。マーケットは昼過ぎまでと聞いています。

なんかもう「私ここに何をしに来たのかしら?」という状況なのですが、
道端で雨宿りするために来た訳では無いのは確かなのでタクシーを捕まえてテルミナルに行ってみました。




IMG_2437.jpg
テルミナルオタバロ

雨です。
運動会も延期になる強さの雨です。

「昼過ぎ」を過ぎている&雨の中でもマーケットってやってるのかしらと思いつつとりあえずトイレに行き、
トイレから出たらバス会社の人が

「キト行きのバス出るよ〜」

と言うので乗りました。


オタバロでやったことと言えばトイレに行ったくらいで、
オタバロで得たものと言えば右肩の青痣のみです。


私は本当に何をしに来たのでしょうか。



IMG_2447.jpg
本日のバナナ

だいぶ黄色くなって来ましたが、右の成人バナナに比べるとまだ少し青いです。


<情報コーナー>

○ キト市内のメトロバス、市バス

共に一律25セント。市バスは行き先によっては違う事もあるみたい。

メトロバスは改札に25セントコインを入れて入る。25セントコインが無ければバス停の窓口の人に両替してもらう。市バスは乗車直後、又は降車時に集金係の人に払う。どちらかは集金係の人のポリシー次第。

○ キトからオタバロの行き方

1、まずは赤いメトロバスで北側の終点「リオ・コカ」まで行く。
  マリスカルからだと15分くらい。旧市街からだと25分くらい。25セント。
2、リオ・コカから市バスに乗り、テルミナルカルセレンまで行く。15分くらい。5セント〜40セント。
  乗り場がさっぱり分からないので人に聞くのがいい。カルデロン行きでもテルミナルカルセレンの近くを
  通るが、分かり辛いので集金係の人に言っておくと多分着いた時教えてくれる。覚えてれば。
3、テルミナルカルセレン内のチケット売り場に「オタバロ」と書いてある窓口があるので、
  そこでチケットを買う。2ドル。だいたい2時間くらいでテルミナルオタバロまで行く。
4、メルカド(マーケットの意)まではテルミナルオタバロの正面入り口から出て右方向に徒歩10分くらい。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| エクアドル | 20:44 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

本当何しに行ったんですか???笑

私も旅先で真面目に目的地を目指しているのに、結構無駄な時間と労力を費やしてしまうことがあります。が!!今回の低橋さんには完敗です。参りました。あんな苦労して痣まで作ってトイレだけって・・・

大概交通費をケチるとこんな目にあいますよね。「時間をお金で買えばよかった・・・タクシー乗ればこんなことには・・・」と一瞬後悔しますが後々それも思い出になるので旅は面白いですね~。

低橋さん、良い思い出ができて羨ましいです・・・なのかな(笑)

| 足袋 | 2012/10/19 23:14 | URL |

>足袋さん

面白い思い出ですが良い思い出かどうかは・・・(笑)

バスや電車でチョコマカ動くのも好きなので多少の苦労は厭いませんが、
道に迷ってどうにもならないときや夜間に移動しないといけないときはタクシーの存在が心強いです。
時間と、あと安全はお金で買う様にとはよく聞くので良い感じに使い分けたいところですよね。
今回はひどい選択ミスを重ねてしまいましたが。笑

| 低橋 | 2012/10/19 23:53 | URL |

赤いメトロバス

赤いメトロバスとはエコビアのことですね。
キトには下からエコビア、トローレ、メトロと三種類ありますね。

| yujito | 2013/01/03 02:20 | URL |

>yujitoさん

こんにちは。
あのバスにはそれぞれ名前が付いていたんですね!
せいぜい番号がふってある程度だと思っていたので驚きました。

| 低橋 | 2013/01/04 11:55 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/173-730fe201

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT