PREV | PAGE-SELECT | NEXT

付け焼き刃のスペイン語自主勉


IMG_2332.jpg
本日のお昼ご飯

こんなかんじのメニューをよく見かけます。
パラパラのごはんと、肉と、茶色い奴のプレートです。サラダは無い場合が多いです。
ジュースを付けてもだいたい2ドル〜4ドルくらいです。

茶色いやつはカレーっぽい味を期待して頼んだのですが全然そんなことはなく、
なんだかよく分からない豆の煮込みでした。
エクアドル料理は割と味が薄めで、この豆の煮物に至ってはほぼ無味でしたが塩をふったら美味しかったです。



明日から語学学校ですが、先日も書きました通り
何も知らない状態で行く勇気がなかったので少しだけ勉強しました。
教材を何も持っていないのでネットのスペイン語講座のページを見ながら。

やったのはabcと数字とあいさつくらいです。
本当はもう少し足を踏み入れたかったのですが、長年お休み頂いていた脳がもう働く気をなくしており、
上記3点を覚えるだけでもういっぱいいっぱいでした。


今日は一日中スペイン語版abcの歌を歌い続け、1から100までの数字を数え続け、

私「はじめまして!」
私「はじめまして!」
私「私は低橋だよ!あなたは?」
私「私も低橋だよ!」
私「元気?」
私「元気!」


という一人芝居を演じ続けたかいあってそこだけは頭に入りました。

ルームメイト達は皆出掛けているのでいいかなと思って声に出してやっていたのですが、
隣の部屋との壁が薄く、しかも上部30センチくらいが空いており、そして、人がいました。

とっさに咳払いをしましたが何も誤摩化せませんでした。



スペイン語abcで納得いかないのは読み方です。

A アー
B ベー
C セー
D デー
E エー
F エフェ
G へ


くらいまではまあ「英語に似てるけどやっぱちょっと違うな〜」くらいで済ませられるのですが、

W ウベドブレ
Y イグリエガ


はもう「読み」の一言で片付けて良い範囲を越えていると思うんです。

まあ漢字の方が「志 こころざし」とか「轟 とどろき」とか「曙 あけぼの」とか
長いのがいっぱいあるのでスペイン語のことだけ責められませんが。

あと文字の種類で言えば、ひらがなだけでも50音あるのに
それに加えてカタカナを同じ数だけ、漢字を星の数程、さらにアルファベットまで使いこなす日本人は世界的に見ても相当クレイジーらしいです。「漢字は使いこなしてないよ」と反論するのですが、「それでも十分クレイジーだよ!」と言われます。主にアメリカ人に。奴らは二言目には「クレイジー」を出すのです。


スペイン語の話に戻りますが、数字の数え方が格好良いと思います。

まず0がソロ。格好良いです。

1 ウノ
2 ドス
3 トレス
4 クワトロ
5 シンコ
6 セイス
 ・
 ・
 ・
 ・


てな感じです。

今のところ「50 シンクエンタ」が一番好きな数字です。


明日はついに語学学校。
先生と1対1なのが怖すぎますが、言葉がいっさい通じないのでかえって吹っ切れるかもしれません。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| エクアドル | 23:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/163-441a1788

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT