PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ほぼドイツ鉄道の話


大きな地図で見る

今日はワイマールに移動します。
何度か書いた様な書いてない様な気がしますが以前1年だけ住んでいた町です。
大学の後輩たちが現在ここに留学中なので、様子を見にいくと称して遊んで貰いに行きます。


ここからワイマールまでは鉄道を使えば簡単に行けてしまうのですが、
先日も書きました通りドイツ鉄道は安くないのであまり使いたくありません。
しかし、ゲルリッツから出る使えそうなバスラインを発見出来なかったために
早々に諦めて列車を使う事になった・・・というのが昨日までのあらすじです。




P9171064.jpg

そんなわけでドイツ鉄道の券売機です。
世界一と私の中で話題沸騰の券売機です。世界一はイタリア鉄道券売機だったかも。
自分でランキング作っておきながら忘れました。




P9171072.jpg

ドイツ鉄道券売機の魅力は何と言ってもその便利さと内容の複雑さです。

単に行き先を探して切符を買うだけなら簡単なのですが、
バーンカード(ドイツ鉄道会員券みたいなやつ)は持っているかだの、特急に乗るか鈍行だけにするかだの、
区間特別割り引き切符にするかだの、まあ別におかしなことは聞かれていないのですが細かすぎるのです。

慣れないうちは時間がかかってしょうがないのですが、慣れてしまえばこれが面白くてハマります。
ドイツ在住1年間でさんざん遊んだ券売機なので私はもうピピピのピなのでございます。
ポーランド鉄道券売機もイタリア鉄道券売機も使いこなしてますが。ただの趣味です。


また、ドイツ鉄道券売機はタイムテーブルを細かく検索して印刷できるのがとても良いです。
無人駅とかでなければ大抵どこの駅にも券売機はあるので、
パソコンを持っていなくても駅に行けばいくらでも情報を得られるというわけです。さすが世界一。

あとクレジットカードを使えるので支払いが楽です。



P9171065.jpg

P9171066.jpg
ゲルリッツ駅

ゲルリッツ駅に限らず、ドイツの鉄道駅はだいたいこんな感じです。
色んなお店が入っていて広くて明るくて綺麗です。



P9171070.jpg
チケット売り場

こちらで買うと券売機のとは違う形態のチケットを貰えます。
ドイツ鉄道の封筒みたいなやつに入れてくれるのがちょっと嬉しいです。

ただ、仕事が丁寧なのでちょっと時間がかかるのが玉に傷です。
急いでいるときは券売機がおすすめです。急いでなくてもおすすめです。



P9171071.jpg

P9171075.jpg

地下通路もホームも綺麗です。
ゴミなんてひとつも落ちていないし、汚れてないし、とても感じがいいです。



ドイツ鉄道の良さを再確認したので高い高い言ってた値段について書き改めたいんですけども、
ドイツ鉄道はとても性能が良く、特急は300キロで駆け抜けるし、車内は綺麗だし、音もなく滑る様に走るし、値段相応の働きはしているので間違った値段設定ではないです。むしろ安すぎるくらいです。なので、悪いのはあくまで鉄道切符叩き売りをしている周辺諸国であってドイツではないということを強調しておきたいと思います。

訂正おわり。





大きな地図で見る

とりあえず鈍行に乗ってドレスデンまで出て来ました。
地図上にワイマールの名前が出てませんがエアフルトとイエナの間くらいにあります。

ドレスデンは東ドイツの古都で、美しいお城や教会が魅力の町です。
でも以前行ったことがあるので今回は観光はしませんでした。



P9171079.jpg
ドレスデン中央駅

ドレスデンからワイマールまでは特急1本+鈍行15分くらいで簡単に行けてしまうのですが、
私はこの期に及んでまた悪あがきをしてしまいました。バスラインを探して3時間彷徨い歩いたのです。

しかし事前に調べておいた場所にバスターミナルは無く、人に聞いても知らないと言われ、
3時間後ようやく見つけたそこには希望のバスラインはありませんでした。
ワイマールまでは無理でも、近郊の州都エアフルトまでは出ていると思ったのですが。


もしかしたら、ドイツは長距離バスラインはあまり発達していないのかもしれません。
鉄道網があまりに優秀なので必要ないと言う事でしょうか。




そんなわけで結局鉄道を使っていくことになりました。
最初からそうしていればとっくにワイマールに着いていたものを・・・



どんよりした気持ちで切符を買おうとしたら、
正規料金の横に約半額の料金が表示されているのに気がつきました。

どうせバーンカード持ってる人用の値段だろうと思って最初は気にもとめなかったのですが、
そういえばさっき「カード無し」を選択したので何か違うっぽいです。


一応このチケットの詳細を読んでみたのですが長々と書いてあってよく分からなかったので
隣の券売機を使っている女性に聞いてみました。

「これ買っていいと思いますか?」
「え、買えばいいんじゃない?」
「ですよね」

終了。


・・・となりかけたのですがいやいやいやと思い直し、

「バーンカード持って無くても買えますか?学生じゃなくても?ユース料金とかでもなく?」
と思いつく限りの割引条件を並べてみたらお姉さんはこちらの意図を解してくれ、
親切にも私の検索条件をチェックし直した上で画面の注意書きを全部読んでくれ、
「こうこうこういう条件の割引券なので、それで構わないなら買ってもOKよ」と教えてくれました。

やさしい!親切!隙がない!

しっかり調べてから返事をくれるところがいかにもドイツ人という感じがしました。



と言う訳で、こちらの割引券を購入しました。
その条件というのは「払い戻しはききません」とか「席予約はできません」など
私にとって全く問題無いものだったので。



以前はバーンカードを持っていていつでも半額だったのであまり気にしていなかったのですが、
ドイツ鉄道には「州内割引券」や「1日乗り放題券」や「週末割引券」みたいなのが沢山あります。
それらは鈍行にしか使えないので時間はかかりますが、ものすごく安くなるので現地の学生さんなどもよく利用するみたいです。

しかも、
「1人用でも2人用でも同一料金」とか
「1人目は45ユーロだけど2人目からは6ユーロで5人まで一緒に乗れる」
とかものすごい割引の仕方をするのでグループ行動をするととてつもなく安くなります。

そのため、駅で休んでいると
「これからどこ行くの?ベルリン行くなら一緒に行かない?」など
グループ行動のお誘いがかかる事があります。
こうした事情を知らない頃は「ドイツ人どんだけ寂しがりやなんだ」と思っていました。




IMG_2204.jpg

鈍行を3本乗り継いでワイマールに到着しました。

勝手知ったるなんとやらでスタスタと町の中心部まで歩き、私も以前住んでいた留学生達の巣窟(学生寮)まで行ったら良いタイミングで寮から出て来た後輩と合流しました。

2人いるうちもう1人の後輩は、
「ウィーンへ2泊旅行へ行ったところ帰りの列車が運休になりワイマールに帰れなくなりました」
という面白いメールが来てこの日は合流できませんでした。



IMG_2205.jpg
本日の晩ご飯

この後ワイマール在住の日本人達が集まって夕飯を食べると言うので飛び入り参加し、
タイ料理だか台湾料理だかを食べながらワイワイ楽しい夜を過ごしました。


ところで最初から割引券を買っていたらバスなんか探す必要ないくらい安く来れたという事実が



<情報コーナー>

<ドイツ鉄道の列車の種類>

ICE 超特急って感じ。300キロ出す。
IC 特急(国内)
EC 特急(国際線)
これらがいわゆる特急。

RE 快速
IRE 快速か急行みたいな感じ。
RB 普通
これらが普通列車。私が鈍行と書いてるもの。


<ドイツ鉄道の各種割引について>

○ Sparpreis

最大で50%オフになる。
3日前までに予約、往復で購入、販売枚数に限りあり、など条件が多くてちょっと面倒くさい。
実は私もよく知らない。計画的に行動できるなら利用価値大。

○ Quer-durchs-Land-Ticket

42ユーロ。
月〜金の朝9:00〜翌深夜3:00まで有効。(27時間有効)
ドイツ全域の全ての鈍行に乗れる。2等のみ。
チケットに氏名を記入&身分証を携帯すること。

○ Schönes-Wochenende-Ticket

40ユーロ。
土・日の朝9:00〜翌深夜3:00まで有効。(27時間有効)
ドイツ全域の全ての鈍行に乗れる。2等のみ。
チケットに氏名を記入&身分証を携帯すること。

○ Sachsen-Ticketなど

各州ごとの割引券。ザクセンチケットなど色々。値段も色々だけど上二つよりかなり安い。
2つの州で共同割引を作ってる地域もある。決められた州内の鈍行に乗れる。2等のみ。

○ BAHN CARD(バーンカード)

25%、50%、100%割引の計3種がある。
鈍行、特急問わず、ドイツ鉄道の全ての列車に使える。
例えばBAHN CARD50は206ユーロ。学生は半額で購入出来る。
割とすぐ元は取れるが、長期滞在者向き。1年有効。


他にもあるかもしれないけど私が知ってるのはこれだけ。

バーンカード以外は全て券売機で購入出来る。窓口を通すと手数料(2ユーロくらい)を取られる。

大抵の割引券は1人で買うより2人以上にした方が格段に安い。
何人で買ってもチケットは一枚で、利用期間全て一緒に行動する必要がある。

サイトや券売機で出発地と目的地を入力し、「only local transport」を選択すると
通常料金の左側に使える割引券を提示してくれるので探すのは簡単。

ドイツ鉄道(英語あり)
http://www.bahn.de/i/view/GBR/en/index.shtml


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| ドイツ | 22:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

低橋さんのドイツ鉄道マニアっぷりに引く驚きました。
ドイツの駅は綺麗ですね。券売機も、カッチリした感じが好きです。

| カーミッコ | 2012/09/30 13:01 | URL |

これでも3分の2くらいカットしたんです…笑
券売機のこの「箱」感が良いですよね!

| 低橋 | 2012/10/02 09:36 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/154-33fc27c9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT