PREV | PAGE-SELECT | NEXT

リヴィウのマーケット&ウクライナ出国

P9130814.jpg

とりあえず高い所に行きました。

でも木々が邪魔であんまり良い眺めじゃなかったです。



IMG_2155.jpg
本日の朝兼昼ご飯

ホットドックを頼んだらこういうのでした。
バゲットに千切りキャベツとソーセージとコーンが乗っています。
他の店もだいたい同じ見た目のものを売っていたので、リヴィウの(ウクライナの?)ホットドックはこういうものなのかもしれません。美味しいのですが非常に食べ辛いのが難点です。




P9130795.jpg

P9130786.jpg
住宅街



P9120703.jpg

P9130782.jpg

P9130780.jpg
マーケット

キエフの相方がリヴィウにはたくさんマーケットがあると教えてくれたのですが、本当にたくさんありました。

街の中心地にどーんとあるわけではなくちょっと外れた所に何カ所か展開しているのですが、
私は郊外には強いの問題ありません。広範囲に迷ってるうちに偶然辿り着くという意味です。

ここのマーケットはどうやら食べ物を売っている屋根付き市場の周りを
服や日用品などの青空市場が囲んでいるというスタイルのようです。

そういう訳なので、欲しいものはだいたい何でもマーケットで手に入ります。



私は今日は靴を買いたいと思います。
まだ4ヶ月しか履いてないのに早くも傷だらけのバッチイ感じになってしまったので。

原因は主にシドニーです。


P8047297.jpg
シドニー(6ヵ月・メス)/カッパドキア在住



P9130843.jpg

マーケットは小さいブースが沢山並んでいるのですが、
そのうち一つの靴屋のおばちゃんが店の前を通る度に声をかけて来るので少し話しました。

ウクライナ語(ロシア語かも)なので何を言っているかはよく分かりませんが、
かろうじていくつかの単語を拾いつつ、ジェスチャーを交えつつ会話しました。

おばちゃんは私が何者かを知りたいようです。

「中国人?日本人?」
「日本人です」
「学生?」
「いいえ」
「病気?」

病気!?

「いいえ」
「あそう・・・学生?」
「いいえ」
「うーん・・・病気?」


なんで学生か病人の二択なんですか?


おばちゃんが一生懸命聞いて来るので私もなんとか答えたいのですが、
いかんせん学生か病人かしか選択肢が無いので「いいえ」としか言いようがありません。

しかしこうしたやり取りを何度も繰り返し非常に困っていたら、
偶然通りかかった少し英語ができるおじさんが通訳してくれました。

おじさんが「旅行?」と聞くので「そうです」と答えたらおばちゃんは合点がいったようで、
「あ〜なんだツーリストね!だって学生かと思って〜!」というような事を言って大きく頷いていました。

リヴィウの大学に通ってる学生か、単に旅行者か、病人かということを聞きたかったわけですね。
ツーリストという単語を知っているのならそう聞いて欲しかったです。
そして何故選択肢に病人が。

聞き間違いではありません。病気のジェスチャーまでして表現してくれたのですから。



IMG_2159.jpg
買った靴

そんな不思議なおばちゃんが私の心を掴んで離さなかったので
この店で靴を買いました。

しかし、宿に戻って冷静な目で買った靴を見たら
別に可愛くもないし安くもなかったです。

その場のノリで行動するものではないですね。



IMG_2157.jpg
本日のおやつ

薄くて巨大な揚げ餃子の様なファストフードで、チェブレーキというそうです。

サクサクかつ少しふんわりの生地の中に色んな具材が入っています。
よく分からないので一番安いのを頼んだらハーブ入りのマッシュポテトでした。




P9130802.jpg




P9140887.jpg

あっという間でしたがリヴィウ観光を終わらせ、
ポーランドの街ヴロツワフ行きの寝台列車に乗り込みました。

ポーランドはこれで3回目です。
どんだけ好きなんだと思われるかもしれませんが単に立地の都合上やたら通るだけです。
まあ好きは好きですが。


この切符は昨日のうちに買っておいたのですが、非常に高かったです。
距離と国際線であることを考えればかなり安いのですが、
これまでが大変安かったので急激な移動費の高騰に衝撃を受けてしまいました。

窓口のお姉さんもそれは自覚しているようで、
「ブロツワフ行きのチケットください」と言ったら開口一番「高いわよ?」と言われました。

「2等でもですか?」
「ええ、5,000円くらいよ」
「ぎゃふん」

でもこれしか無いので買いました。
昼間の便ならもっと安いのかもしれませんが、南米行きの便が1週間後に迫っており、
その前にドイツにいる大学の後輩達と遊びたいのであまり時間がないのです。

その他の方法としては、
国境越えだけ列車にしてポーランド国内はバスにするとかすればかなり安くなるはずです。
ものすごく時間かかるでしょうけども。

寝台車なのでちゃんと予約席があるのですが、
乗車時に車掌さんにチケットを見せたら何故か「おおう・・」みたいな反応をされ、
別の車両の別のシートに乗せられました。




P9140883.jpg

P9140886.jpg

しかし、そこはすばらしく快適な車両でした。

コンパートメント内に水場があり、コート掛けがあり、電源があり、一人一本の水まで置いてあります。

2等ならば本来両側に3つずつあるはずのベッドが片側3つのみだったし、
もしかしてここは1等車両なのではあるまいかと大層ビビリました。
2等車が満席になったか、ダブルブッキングしたかで急遽1等車に変更になったとか。

1等車には乗った事がないので判断できないですが、
個人的には1等を通り越して0.5等車くらいの快適さでした。


<情報コーナー>

○ リヴィウ駅の国際線カウンター

国際線のチケットカウンターは他とは別の場所にある。カウンターNO,20。
メインホールに正面から入り、左奥の通路から一度ホームに上がる。ホームを数メートル歩くと右手側(メインの建物)に登りの階段があり、横にチケットカウンター19.20と書いてある。窓口は現金のみ受付け。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| ウクライナ | 22:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/150-97744756

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT