PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ウクライナへの道を探す



大きな地図で見る

本日の目的地はスチャバです。今日ここまで移動して、明日昼にソフィアからはるばるやって来る
キエフ行きの列車「ブルガリアエクスプレス」を捕まえます。




大きな地図で見る

この列車は実はモスクワまで行きます。(※地図は車ルートなので正確じゃないですが)

ブルガリアエクスプレスはブルガリアの首都ソフィアからロシアの首都モスクワまで
丸3日かけて駆け抜けるという心くすぐられる寝台列車なのです。

・・・ただ行き先がモスクワ。
ビザ無しで気軽に行ける国じゃないのでワクワクも9割9分減です。


本当はブカレストでこの列車に乗り込む予定だったのですが、最初の予定よりだいぶ北の方まで来てしまったのでブカレストまで戻るのが面倒臭く、だったら東に平行移動したスチャバで乗った方が距離も短いしお安いんじゃないのコレということでスチャバに行くことにしたのです。




大きな地図で見る

さて、そのスチャバ行きですが、私が今いる町はルーマニアの北の端、言ってしまえば僻地にあるので、
国内のどこへ行くにもアクセスが良くありません。

タイトルの「ウクライナへの道を探す」という点で言えばすぐそこの川を越えればウクライナなので最高の立地なのですが、その為にはウクライナ国境警備隊と一戦交えないといけないのでちょっと今回はやめておこうと思います。


ここから目的地のスチャバまでは直線距離では大した事ないのですが、
山脈が走っている為か列車だとかなり遠回りせねばならず12、3時間かかります。
しかも乗り継ぎ3時間とかいう狂ったタイムテーブルです。

が、バスなら7時間です。

そんなわけで今日もバスターミナルからスタートです。



ルーマニアバスサイトに載っていた案内図によると、
本日利用するバスは昨日着いた所とは違うターミナルから出るようです。
昨日のは鉄道駅近くですが、今日のは町の中心あたりにある模様。
宿からの距離をみると徒歩30分くらいと思われるので、念のため1時間前に出ました。

しかしサイトで案内された場所に行ってもそれらしきものは見当たらず、
周りの人10人くらいに聞いて回ってもマイナーなターミナルなのか皆言う事がバラバラで、
結果、同じ所を行ったり来たりと彷徨い歩く羽目になってしまいました。
余裕があったはずの時間もどんどん無くなっていきます。

焦りながら道を尋ねた通算11人目くらいの人はとても親切でターミナルまで案内してくれましたが、
たどり着いたそこは残念ながら違うターミナルでした。

もう何がなんだがだったので、窓口の人に「じゃあ私のこのバスどこから出るの?」と聞いたら
「ここから2キロ離れたとこ☆」と明るく言われました。

只今バス発車10分前です。

タクシイイイイィィ!!


タクシーの運転手さんにターミナル名を書いた紙を見せて

「ここに行って下さいマッハで!」
「オッケ~」

で、着いた場所は昨日のターミナルでした。


だましたなルーマニアバスサイトめ。



でもまあ、出発時刻の5分前に着けたしタクシー代も安かったので良しとしたいと思います。

バスは40分遅れて来ましたが。

キイイイイイ




P9060435.jpg

P9060440.jpg

シゲトゥ・マルマツィエイから西へ移動するバスは山の中の集落をいくつも通ったのですが、この間の景色がとても良かったです。数十年、数百年も前から時間が止まっている様な、古く温かく不思議な光景でした。

お天気が悪かったのとバスがホップステップジャンプしながら走るせいでろくな写真がありませんが、
場所によってはアルプスの麓の様な景色が広がっている村もあり素晴らしかったです。
この辺りにも1泊するべきだったなあと少し後悔しました。




大きな地図で見る

さて、シゲトゥ・マルマツィエイからスチャバまでは直接は行けず、一回バスを乗り換える必要があります。
グラ・フモルルイという町か、ファルティツェニという町です。またいちいち覚えにくいですね。

どちらもスチャバまで30分程度の所にあります。
バスはグラ・フモルルイを経由してファルティツェニに行くのですが、ルーマニアバスサイトさんの
紹介によると前者で降りた方が近いし早いし料金も安いようです。なのでこちらで降りました。

ら、ターミナルが小さくて暗くて明らかに無人でした。

慌てて乗って来たバスに戻り、ドライバーさんに「スチャバ行きのバスは?」と聞いたら
「スチャバに行きたいの?ここからは出ないよ」と衝撃的なことを言われました。

ルーマニアバスサイトはハッキングされて閉鎖に追い込まれればいいと思いました。




その後、仕方なく同じバスにまた乗せて貰ってファルティツェニまで行き、
バスを乗り換え、無事スチャバに到着しました。

到着後は雨風にさらされるわ道に迷うわでそれどころじゃなかったので写真は一枚もありません。
宿はターミナルの隣だったんですけどね・・・グーグル先生がまた・・・・



宿にチェックインした後はさっそくキエフ行きの切符を買いに行きました。
最初にも書きました通り、この町に来た目的はキエフ行きの列車を捕まえることなのです。

が、

が、

ががががががががががが

3日後まで満席でした。


明日の便は満席かもなあくらいは想定していたのですが、
まさかそんなに先まで売り切れているとは思いませんでした。





大きな地図で見る

さすがに用もない町でそんなにロスするのは嫌なので、予定を変えてモルドバ経由で行く事にしました。

モルドバは旧ソ連圏なので、ルーマニアからより格段にキエフ行きの本数が多いのです。
ついでに言うとモスクワまでも1本で行けちゃいます。

が、
窓口のお姉さんに調べて貰ったらスチャバ発、経由地ヤシまでの列車が深夜3時台のしかありませんでした。
国内線なのにこのアクセスの悪さは衝撃的です。何かの間違いな気がしてなりません。


想定外の返答の連続で頭がポーンとなったので、
もう切符は買わずに一度宿に帰ることにしました。
一度ゆっくり考える必要があります。



その後、乗っていた市バスが事故渋滞に巻き込まれて動かなくなったために帰宅がとても遅くなり、
寒くて暗くてお腹が減って、ついでにこの町から出られないという大変悲しい気持ちを抱えながら歩いて帰ったら、宿のキッチンに日本人旅行者がいました。同世代の男性と年上の女性です。彼らもここで偶然出会ったそうです。

聞けば男性の方は私と同じく明日キエフに行くつもりだとのこと。
なので、キエフ行きの切符は売り切れですよモルドバ行きも深夜ですよやーいと半ば自暴自棄に伝えたら
バスを使ったルートを探して一緒に行こうということになりました。

思わぬタイミングで頼もしい相方を得てしまいました。



<情報コーナー>

○ シゲトゥ・マルマツィエイからスチャバ

まずはスチャバ近郊のグラ・フモルルイかファルティツェニに行き、そこでバスを乗り換える。

グラ・フモルルイまではミニバスで約7時間。
ファルティツェニまでだとさらに30分。

どちらの町からもスチャバへは約30分。


詳しいタイムテーブルは以下で検索可能。
http://www.autogari.ro/?lang=en(ルーマニアバス)


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| ルーマニア | 23:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

| 職務経歴書の例 | 2012/11/10 17:23 | URL |

なんだか精神修行みたいですね(笑)
時間や人や機械に振り回されても楽しそうなので良かったです
自分だったらキイイイどころじゃないです

| コミ | 2012/11/21 21:05 | URL |

あまりにも振り回されすぎて逆に楽しくなってしまいまして。
多分インドとかに行ったらこれの比じゃないくらい酷い目にあうので、
今のうちに覚悟を決めておきたいと思います。笑

| 低橋 | 2012/11/21 23:43 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/143-0f4f9d06

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT