PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ドラキュラ伯爵の実家を訪ねる2

今日こそは伯爵の実家に突撃します。


P9030176.jpg

P9040238.jpg

伯爵の家は時計塔の隣と聞いていたのですが、最初この教会(上)を時計塔と勘違いしてました。
なのでその隣にあった普通の団地(下)を見て「伯爵まさかの鍵っ子か?」と衝撃を受けたのですが、
何から何まで勘違いでした。



P9030205.jpg

本当の時計塔はこれです。
時計塔にはカラクリ人形が住んでおり、正午になると動くんだそうです。

私以外にも何人かの旅行者達が上を見上げてその時を待っていました。



そして正午になり・・・



P9030203.jpg

右下の人形がカタカタと小さく動きました。


・・・・。


終了。


見物客全員の「え、こんだけ?」という心の声が聞こえました。

でもこのカラクリは実は17世紀から働いているものらしいので、
そう聞くとすごく良い動きだった気がします。




さて、では本日の第一目的である、この時計塔の隣にあるという伯爵の実家はというと


P9030199.jpg

これのようです。



P9030169.jpg

ここ昨日伯爵が座ってたとこですね。
目印が分かりやす過ぎて気付きませんでした。

この建物は実家と言うか伯爵のお父さんが幽閉されてた場所で、伯爵はその間に生まれたんだとwikipedia先生が言ってますが詳細を読み込むのが面倒くさいので実家でいいです。


伯爵の実家は現在レストランになっています。
ここにはドラキュラスープという気になる商品がありますが、宿の人に聞いたら
「あの店はすごく高いから飲み物だけにした方がいいわよ。何か飲みながらメニュー見て楽しみなさいよ」と
焼肉店の匂いを嗅ぎながらご飯を頂く昭和の貧乏学生みたいな真似を推奨されたのですが、私はこう見えても黄金の国ジャパンの人間。多少お高いくらいでは驚きゃしませんよとメニューを見たら本当に高くてむせました。

そんなわけで宿の人の言う通り、コーヒーを飲みながらメニューを見て楽しみました。

なお、ドラキュラスープというのはどなたかの血が入っているとかでは無くトマトスープだそうです。




異常に高いコーヒー代を断腸の思いで支払った後は旧市街観光へ。


P9030193.jpg

どの家もカラフルで可愛らしいです。
かなり保存状態がいいので信じがたいですが、中世の町並みそのままです。



P9030196.jpg

広場。



P9030195.jpg

鹿。



P9030204.jpg


P9030227.jpg





P9030165.jpg

P9030210.jpg

P9030212.jpg

屋根付きのおもしろ階段を登り丘の上の教会へ。

中の壁画はほとんどが破損してしまってますが、
教会内部に点々と置かれている石彫や木棺は興味深かったです。
日本語の解説もありました。
あと地下室に入れます。




IMG_2037.jpg
本日の晩御飯

トルコで買ったスープを開けました。

ら、

美味しく無かったです。

トルコのスープにはミントが沢山入っているものがあり、
歯磨き粉を連想させる味なので苦手だったのですが間違えて買ってしまったようです。

作っているときから何か不穏な香りが漂っており、嫌な予感を覚えつつも一口食べたら途端に食慾を失いましたが捨てるのはあまりにもったいので頑張りました。

とても辛かったです。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| ルーマニア | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/140-f2d7ad94

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT