PREV | PAGE-SELECT | NEXT

トロイの木馬

なんとトロイの木馬はトルコにあったのですね。イタリアあたりだと思っていました。
あとノアの方舟伝説もイタリアだと思っていました。
何故かだいたいイタリアだと思っています。



今日は引きこもり大作戦の日ですが、昨日明るい街を見てココレッチを食べたお陰ですっかり気分が晴れ、引きこもる必要が無くなったので遊びに行くことにしました。行き先はもちろんトロイの遺跡です。

歩き方によると、トロイの遺跡へはチャナッカレの街の片隅から一日数本ドルムシュが出ているそうです。
ツアーも沢山あり、そう高くもないので魅力的ではありましたが今回は自力で行く事にしました。



地図を見ながらドルムシュ乗り場に行ったのですが、
間違えて50メートル程離れた場所に居た為一時間半ほど待ってもドルムシュは来ませんでした。

このとき一時間半トルコ人に声をかけられなかったことに驚きました。
親切でフレンドリーなトルコ人は5分に一回声をかけてくるのが常だと思っていたのですが、
チャナッカレはちょっと都会なのでここのトルコ人はクールなのかもしれません。
それか体調不良で目が死んでたので怖くてかけられなかったのかもしれません。
ココレッチを食べても風邪は吹き飛ばなかったのです。むしろ青唐辛子のせいで悪化した感があります。



一時間半後、これはおかしいぞとようやく気付いたので自分からその辺の人に聞きに行き、
正しい乗り場まで行く事が出来ました。そして、10分後に来たドルムシュに乗ることができました。



P8188978.jpg
トロイ遺跡入り口

ここにはトロイの木馬があるんだそうです。もちろんレプリカですが。

本日の第一目的はこれを見る事です。
さっそく探しに行きたいと思います。




P8188938.jpg

居ました。

入り口から入ってすぐの所に、特に引っ張る事もなく、普通に立ってました。

目的が終わってしまったではないですか。




P8188942.jpg

P8188943.jpg

木馬には登る事が出来ます。よりにもよって股間から。もう少し何とかできなかったんでしょうか。

中は狭いですが2段階構造になっています。
中も外も階段が急で、しかもちょっと傾いてるので結構怖いです。




P8188954.jpg

P8188965.jpg

続いてトロイ遺跡の散策へ。

伝説と言われていたのに、その伝説を信じた人の生涯をかけた探索によって発見された都市の遺跡です。

こういう話は大好きです。
今ある伝説も、先日出会ったノアの方舟も、いつか本当になる日が来るのでしょうか。



遺跡内で日本人ツアー団体と遭遇しました。
ガイドさんはトルコ人ですが、日本語で解説をされてました。

ちょっと聞きたかったのですが、お金を払ってないのでバレたら怒られるかしらと思いそっとその場を離れ・・・ましたが見学スピードがだいたい一緒なので追い越し追い越され状態になり、途中からはもう私もツアー客の一員みたいになってました。

一人多い・・でも誰が多いのか分からない!なホラーな状況を作ってしまったかもしれません。




P8188976.jpg
入り口付近にいた犬


帰りもドルムシュに乗りたかったのですがタイミングが悪かったのか一時間半後と遅く、
仕方が無いので遺跡内のカフェで時間を潰しました。

置いて行かれてはかなわんので30分程前からドルムシュ乗り場で待機。
そしたら何も書いていないミニバスが来たので、違うと思いつつ念のため「チャナッカレ行きのドルムシュですか?」と聞いてみたらやはり違ったのですが、「チャナッカレに行きたいの?いいよ〜」と言って乗せてくれました。

トロイツアーのミニバスだったみたいです。
どうせチャナッカレは通るからと言って、無料で乗せてくれました。

おおおありがとうございます・・・!と思いつつ他のツアーの皆さんに申し訳なかったので、一番後ろの隅っこの席で小さくなって乗っていたら運転手さんに探されました。重ね重ね申し訳のうございます。




P8198988.jpg
トロイの木馬2

映画「トロイ」の撮影で使われた木馬だそうです。
チャナッカレの港の近くにあります。

結構小振りで、あまり大人数は入れなさそうです。
しかも股間の階段がありません。一体どこから登るんでしょうか。

私は残念ながら映画トロイを見ていないので詳しくは分かりませんが、
すごく格好良い木馬を作ったもんだなと感動しました。



IMG_1889.jpg
本日の晩ご飯(デザート)

晩ご飯にはケバブを食べたのですが、久しぶりのケバブに興奮して写真を撮るのを忘れ、
気付いたときにはあと2口くらいの残骸になっていたので撮影は断念しました。

写真はギュネフェというトルコデザートです。

カダイフと言う名の鳥の巣みたいな生地の中に白チーズが入っていて、伸びます。

一人で食べるには大きく、また、ものすごく甘かったので大変でした。
サイズはコメダのシロノワール(小)より少し大きいくらいです。
・・地元ネタで例えてみました。私は愛知県民です。
コメダのビーフシチューが好きです。あとソースカツサンドとチリドックも好きです。


IMG_1899.jpg
本日の晩ご飯2

さっきケバブの写真を撮れなかったしケバブ美味しいしと思い別の店でもう1本買いました。
そしてまた写真を忘れて大興奮の中食べ始め、途中でハッとなりました。

食べさし写真を載せるのは行儀悪いかなと思い
一応食べたととこはちぎってあります。が、よけい汚くなりました。



チャナッカレには美味しいケバブ屋さんが多いと思います。
ココレッチが美味しいお店もあるし、私はもう幸せでチャナッカレが大好きになりました。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| トルコ | 22:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/124-16e0bec3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT