PREV | PAGE-SELECT | NEXT

オリンピックが見たいのよ

宿を変えました。
蚊がいるのと暑いのとうるさいのを除けばすごくいい宿なんだけどなあ・・
・・と思った後それだけ問題があれば理由としては十分だろうと気づいたので。

新しい宿はさらに観光中心地に近づきました。
というかほぼど真ん中に来ました。
スルタンアフメド駅から徒歩30秒でございます。
ここまで来たらあとはもうブルーモスクの中とかしかないです。



IMG_1736.jpg

宿のオープンカフェにはTVがあり、オリンピック中継を流していたのでここから動けなくなりました。

カフェには私と二人のアジア人の計三人がいたのですが、
水泳女子の鈴木選手の活躍を固唾を飲んで見守っていたら周りのアジア人達が私と同じ目で画面を見ており、
鈴木選手のゴールの瞬間私を含む全員がガッツポーズをしました。どうやら全員日本人です。




2時間くらいテレビに捕まっていましたが重い腰を上げ観光に出かけました。
明日は月曜なので今日のうちに博物館を見ておかなければいけません。


P7296263.jpg
トルコ・イスタンブール美術博物館

その名の通りの博物館ですが、とても良かったです。


P7296304.jpg

年代物のトルコ絨毯やカリグラフィー、装飾品などの他、
地下には過去から近代までの様々なトルコ人の生活風景を再現した展示がありました。

地下が特に面白かったです。



P7296326.jpg
ジャンクルタラン駅

良い名前だと思います。

スルタンアフメドから空港まで近郊鉄道の線路が伸びているのですが、すごく便利そうなラインなのに地球の歩き方でほぼ全く紹介されていないのが気になったので乗ってきました。

実際乗ってみた感想は、
普通の電車だし時間もそこそこ正確だし20分置きくらいに来るし、使い勝手は悪くありませんでした。

観光客は全くおらず、地元の人達が沢山乗っているのも雰囲気があっていいです。
また、市街地を横切るトラムと違い海沿いの住宅地やら工事現場やら崩れた建物やら
全然観光向けじゃない景色の中を突っ切って行くのも楽しいです。



P7296330.jpg
イェシルキョイ駅を降りた所

一番空港に近そうな駅で降りたのですが、思っていた景色とは違いました。

地図を見る限りだとこの駅は空港の真横にあるのですが、実際降りてみると確かに目の前が空港だけど入り口からは遠く、というかどこが入り口かも分からないただの空港の柵の外でした。


なので、地球の歩き方の言う通り空港へはトラムと地下鉄を使うのがベストだという結論です。
でも数日前の日記に書いた通り、スルタンアフメドからイェニカプ港への移動にはかなり有効です。




P7296342.jpg
テオドシウスの城壁

帰りの車窓から撮影したらこんなんしか撮れませんでした。

「ローマ・ビザンツ時代に鉄壁の防御を誇った城壁」というそそられる紹介に惹かれ、
是非見たいと思っていましたが車窓から見られるとは。

歩き方の紹介だと「周辺は治安が良くないので日中に複数人で訪れること」とのことですが実際どうなんでしょう。こんな念をいれた注意書きって珍しいのですごく確かめに行きたい気もしましたが、それで危ない目に遭ったらただの阿呆なのでやめておきました。



P7296319.jpg
本日のお昼ご飯

ケバブです。これはパンに挟むタイプでした。
トルコはパンが異常に美味しいので何を挟んでもいけます。


IMG_1732.jpg
本日の晩ご飯

ケバブです。これもパンに挟むタイプでした。
トルコはパンが異常に美味しいので何を挟んでもいけます。



IMG_1735.jpg
食後のおやつ

お菓子屋さんで買いました。
固めのパイみたいな生地に、ナッツのペーストが入っていました。
ガイドブックに紹介されてるもの以外にも美味しいものがたくさんです。



IMG_1721.jpg
昨日の晩ご飯

昨日載せるの忘れたので。

アジュル・エズメというお料理です。
唐辛子のペーストだそうですが、そこまで辛くはないです。
パンに付けて食べるとべらぼうに美味しいです。




で、本日の行程は終了です。
オリンピックに時間を割きすぎました。

今後もTVのある宿に泊まりたいと思いつつ、
それがあると出かけられなくなるので避けた方が良い気もしています。
ネットで結果のチェックはしています。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| トルコ | 22:13 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

| 履歴書の書き方 | 2012/12/10 15:02 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watatobu.blog.fc2.com/tb.php/104-0dff0a31

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT