2018年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年03月

| PAGE-SELECT |

チベットという国

ここマクロード・ガンジで色々なものを見た直後は若干混乱しよく分からないことを書き殴りそうになりましたが、数日寝かせたらだいぶ落ち着いてきました。

が、結局色んな思いが混ざりあい、何が言いたいのかよく分からない文章になりましたので、その事について先にお詫び申し上げておきます。



<マクロード・ガンジ滞在を通して見た、チベットという国について>


20180226211049f2f.jpeg
チベットの国旗・雪山獅子旗

ここマクロード・ガンジはチベット動乱時におけるダライ・ラマ14世の亡命先であり、現在もお住まいの町であり、チベット亡命政府の拠点でもあります。

現チベット自治区では使用が禁止されているこのチベット国旗も、この町では随所で見ることが出来ます。




20180226211049510.jpeg
ツクラカン・コンプレックス

20180226211049a2b.jpeg
ダライ・ラマ邸

チベット亡命政府の拠点ツクラカン・コンプレックスは、観光客でも比較的自由に見学することができます。また、タイミングさえ合えばダライ・ラマ14世のお話を直接聞ける機会もあります。




201802262110490e4.jpeg

町の商店街ではチベット人らしきお顔立ちの人々や僧侶の姿をよく見かけますが、買い物やレストランでの食事を楽しんでいるところなど、彼らが穏やかな日々を送れている様子が伺えます。少なくともここでは。




20180226211049ee7.jpeg
チベット博物館

ツクラカン・コンプレックスの敷地内にはチベット博物館というのがあり、ここではチベットの歴史や動乱前後の出来事について学ぶことができるそうです。

ただ、旧正月休みでずっと閉館していたため、私は結局これを見学することができませんでした。




20180226211156ebb.jpeg

博物館の前には、チベットの人々の叫びをそのまま形にしたようなモニュメントがあります。




20180226211156c6a.jpeg

我関せずな子がいました。穏やかで可愛らしい寝顔です。何よりです。




201802262111565e9.jpeg
パンチェン・ラマ11世

パンチェン・ラマとはチベット仏教においてダライ・ラマの次に重要な人物であり、ダライ・ラマと同じく生まれ変わりによって世代交代していくとされています。

写真の少年は1995年に認定された第11代目のパンチェン・ラマですが、彼はその3日後に「政治犯」として両親と共にかの国に誘拐され、現在も消息不明です。当時6歳だったそうです。




20180226211156ef8.jpeg

マクロード・ガンジの町中で見かけた、パンチェン・ラマ11世を含む行方不明者達の写真です。




201802270252353bb.jpeg
コラ・サーキット

ツクラカン・コンプレックスがある丘の真下あたりには、コラ・サーキットと呼ばれる巡礼の道があります。




20180226211506564.jpeg

20180226211506ff3.jpeg

20180226211506f99.jpeg

20180226211506d78.jpeg

タルチョはためく祈りの道です。




20180226211506e7f.jpeg

巡礼道の真ん中には、沢山の顔写真が並べられている一角があります。全ての写真には名前、年齢、Self-immolationを図った場所などの情報が添えられています。

Self(自己の)immolation(犠牲)。焼身自殺の事を指します。

僧侶や尼僧や、一般のチベットの人々によるチベット支配に対する抗議自殺が多発しているといいます。

写真を一枚一枚見ていくと20代前後の若者が圧倒的に多く、中には俳優のようにハンサムな男の子や、16歳の女の子の姿もありました。焼身自殺を図った直後の、ショッキングな写真もありました。





20180226211541e9f.jpeg
ツクラカン・コンプレックスに掲げられていた、かつてのチベットの中心地、ラサのポタラ宮の絵


チベットについて。

チベットの人達はここマクロード・ガンジでは何とか穏やかに暮らしているように見えますが、ここはあくまで亡命先の借りている土地であり、彼らの故郷は奪われたままです。現在ではチベット自治区なんて呼ばれてすっかりかの国の一部とされ、「チベットらしさ」はみるみる消失していると聞きます。

チベット自治区は外国人でも入ることができますが、自由に旅行することはできません。まず入域許可証を取得しないといけないし、観光するにはかの国公認のガイドを付けなければいけないし、行動も制限されてしまうそうです。

チベット自治区にある青蔵鉄道は大変眺めの良い景勝鉄道として有名で、私もこれに乗りたいとずっと思っていましたが、チベットのあれこれやこの鉄道の成立状況などを考えると、どうも今すぐ行きたいという気持ちになれません。チベットの今を見てみたい、知りたいと思う気持ちと、私が落としたお金はチベットではない所に行くんでしょう?という疑問がない交ぜになって悶々としています。




2018022621154110d.jpeg

チベット仏教について。

かつてあったチベットという国、過去から現在まで継続している重大な問題、チベット仏教、そしてチベットの人々の現在についてはニュースで見た程度の知識しかなかった私ですが、アジア地域を旅する中で、その事はだんだん実際この世界で起きている事実であるとの認識に変わっていきました。

特にチベット仏教のタルチョは視覚的にもその意味を持ってしても非常に印象深いものなので、旅先でこれを見たことにより、チベットとはどういう国なのか、チベット仏教の教えとはどんなものなのかということに、強い興味を抱く様になりました。

これまで巡った国や町や山や道や高原で見かけた何万枚もの鮮やかなタルチョは、風を受けて力強くはためいているようにも見えたし、今にもその風に拐われてしまいそうにも見えました。

宗教家の多くない私達日本人には馴染みの無い話かもしれませんが、宗教の否定というのはその人の人生の否定であり、魂の否定です。それを奪い、壊し、押さえつけるなどということは、本来あってはならないことであると私は考えます。




かの国について。

チベット進行についてのかの国の一番の目的は、土地そのものやその土地が持つ資源や、そういった部分にあるのだろうと推測します。他にも色々あるでしょうが。

その欲、こうした事柄において欲という言葉は正確ではありませんが、そういったものを前にしては、チベットの人達の人権や歴史や信仰など全て「利益」の二文字に置き換えられてしまったのかもしれません。日本を含む世界中が、かつて同じ過ちを犯してしまったように。

そしてその過ちは直接的にしろ間接的にしろかの国のチベット進行に繋がっていると言え、そう考えると私達は一方的にかの国を責められるのだろうかと、私はふと言葉に詰まってしまいます。しかし罪の無い人間しか声を上げてはいけないと言う事になると、本当に誰も何も言えなくなり、チベットは益々追い詰められて行ってしまいます。




かの国、中国について。

「チベット」をタイトルに掲げた記事の中でこんなことを書くと大きな誤解を生みかねないのですが、私は単純に中国という国を批判する文章を書きたいわけではありません。いえ、チベット問題については知れば知るほど怒りと悲しみが沸いてきます。その件についてかの国を庇おうとしているわけでは決してありません。が、批判するべきはあくまで政府のやり方であり、かの国そのものでもそこに暮らす人々でも無いというところを間違えたくないので、その部分は必ず補足しておきたいと思いました。

私は世界中で出会った、私の顔を見るなり「チナ!(中国人に対する蔑称)」と言って唾を吐きつけたり中指を立てたり脇腹を叩いてくれた馬鹿共と同じにはなりたくありません。

かの国のせいでこんな目に遭うのだと悔しく思う気持ちと、仮に私が彼らの言う「チナ」であったとしても初対面の人間に唾を吐かれる覚えはないという怒り。そして「違います、日本人です」と言うと掌を返すように「ソーリーソーリー」と笑いかけてくる、あの醜悪な顔たち。どこへこの悔しさと怒りをぶつければいいのか分からずただ黙って耐えながら、これまで旅を続けて来ました。


それを踏まえた上で、今回マクロード・ガンジで触れた中国によるチベット支配の事実です。隣人として同じアジア人としてかの国のことが気になり、出来れば理解したいとこのところずっと考えて来たのに、ついネガティブな感情が沸き上がってしまって、訳が分からなくなりました。つっけんどんだけど本当は優しいあの人達の国で、こんなことが起こっているのかと。

良い印象ばかりではないかの国を実際訪問しこの目で見て、正しく理解していきたいと考えていた中で、別の角度から提示された一面がショッキング過ぎて、また何も分からなくなった気持ちです。そんな「良い国か悪い国か」みたいな極端な考え方をする必要は無いと理解しつつも、考えれば考える程にドツボにはまっていきます。



全くまとまりませんでしたが、これ以上は難しいので締めくくります。
以上が、私がマクロード・ガンジで見たものと抱えた混乱の一部です。全ては書ききれません。


「現地」の一つであるマクロード・ガンジで見るチベット問題は、これまで持っていた知識以上に衝撃的で悲惨な出来事であったし、二国間の問題で片付けていいようなものでは無かったし、その事について調べれば調べるほど解決の道は果てしなく遠い様に思えました。

「チベットの人々の自由と解放を願っています」というたった一行の祈りが、何だか重すぎて、上手く言葉になりません。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| インド | 23:38 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

マクロード・ガンジで食べたチベット料理まとめ


ひとつの記事にする程のものでもない簡易のまとめです。旧正月休業祭りじゃなかったらもっと色々食べてみたかったのですが。大食漢の腹の見せ所でしたのに。

追加3枚を除いては以前一度載せたものです。



<マクロード・ガンジで食べたチベット料理まとめ>


2018021903442679b.jpeg
Gyathuk1/Jimmys

ギャートゥクというすごく美味しいチベット料理があると聞いて頼んだ一皿です。

事前に得た情報ではマトン挽肉が載っており少し酸味がありパクチーが添えられていて・・とのことでしたが、何か違う料理が来ました。醤油っぽいこっくりスープに、ズッキーニと菜っ葉と鶏肉が載っていました。

まあ店によって色々違うのだろうということで、検証を続けることに。




20180225051438bc0.jpeg
Gyathuk2/200階段の一番上の店

別の店で頼んだギャートゥク。

麺とスープの味は上の店と似ていると言えなくもないですが、載っているものはマトンと野菜の炒め物で、そこは異なっていました。ちなみにマトンは私が選んだだけで、チキンバージョンもベジタリアンバージョンもありました。ということはギャートゥクをギャートゥクたらしめているのはこの麺とスープか!?と一瞬思ったものの、たった2店では検証にならず。本当は5店は試したかったのにガッデムでございます。

というわけで、「レシピを聞いてこい」とこの人見知りに無茶振りをしてくれたお姉様。スープはマトン挽肉を炒めたついでに出汁をとって塩と黒胡椒と醤油と何かオイスターソースっぽい味もしたのでその辺を混ぜて、麺は普通のラーメンかソーメン辺りで代用して、そこにさっきのマトン挽肉と何か野菜とパクチーを載せて、噂の酸味についてはライムを絞るなりすれば多分なんとなくそれっぽい味になると思うので、それで納得してください。二杯食べただけじゃよう分かりませんでした。マトンさえ入れれば美味しくなると思います。

以上、ギャートゥクレポートでした。

また別のチベット圏に行ったら検証の続きをやりたいです。




20180222021759077.jpeg
Keema Thukpa/Jimmys

ギャートゥクのレシピ(模造)を提出したのでもう真の目的は果たしたのですが、一応、引き続きチベット料理レポートです。

こちらはキーマ(ひき肉)トゥクパ(ヌードル)。肉が選べると言うのでマトンにしたら、これがギョッとするほど美味しかったです。マトン万歳と思いました。もうこれがギャートゥクでいいんじゃとも思いました。豚や鳥ではこの味は出ません。味付けは、これまたちょっと醤油っぽかったです。




20180211014841239.jpeg
前に食べたネパール料理店?のトゥクパ

ちなみに以前シムラとサラハンのネパール料理店で食べたトゥクパはどちらも少し酸味がありましたが、チベット料理店のトゥクパは(少なくともこのお店のは)酸味はありませんでした。

でも今思えば、これらの店は別にネパール料理店では無かったかもしれません。何か勝手にそう思い込んでいましたが、今調べたらトゥクパはもともとチベット料理のようですし。




20180219194834552.jpeg
Thenthunk(左)/店名不明

タントゥク、又はテントゥク。

停電のせいでこんな写真しかなく何も伝わらないかと思いますが、左がタントゥクです。前回この写真を載せたときにトゥクパですと書きましたが、よくよく思い返してみたらこれタントゥクでした。一緒に食べたマトン・モモがあまりに美味しくてタントゥクの記憶が吹っ飛んだのです。

タントゥクとは、きしめんをさらにつぶしたみたいな薄くて幅の広い、短めの麺のことを指すようです。別の店の英語メニューには「手でプレスした麺」みたいなことが書かれていました。

このお店のタントゥクは麺自体もスープも急いで仕上げましたみたいな感じでイマイチでしたが、おそらく店を選べばとっても美味しいトゥルトゥルタントゥクが食べられるんじゃないかと思います。スープに入ったタントゥクもあれば、あんかけみたいなのもあるようです。




20180224231440fc6.jpeg
Aloo Phing(右)とTingmo(左)/Jimmys

アルーフィングとやらはジャガイモ、春雨、チンゲン菜の入ったスープで、味付けはギャートゥク1とよく似ていました。何を隠そう同じ店だからです。

今回のスープはややとろみがあり、蒸しパン・ティン(グ)モとよく合っていました。そしてお腹の中でティン(グ)モがスープを吸って急成長を遂げ、後からウッとなるのでした。




201802250514380f0.jpeg
Dry Thukpa/Tibet Kitchen

ドライトゥクパ、その名の通りドライなトゥクパです。肉が選べたのでもちろんマトンにしましたが、濃い味のマトン挽肉が麺に絡んで大変美味でした。少しパサつきというかまあドライな感じもしますが、雰囲気としては油そばっぽい感じで、麺は普通のラーメンに近い食感でした。




20180225051438892.jpeg
フライド・モモ/その辺の路上

しょっちゅう食べてるフライド・モモです。モモはネパール料理だと思っていましたが、チベット料理だったのですね。今wikipediaを読んで知りました。「モモはネパール料理だと思っている日本人が多いが・・」と書いてありました。テヘッと思いました。

蒸しモモも揚げモモもすもももももももものうちですが辛いタレが付いており、これがよく合います。マナリーでは野菜のモモかチキンモモが多かったですが、マクロード・ガンジではこれにマトン・モモが加わり、これがまたべらぼうに美味しかったです。肉汁たっぷりで。マトンがあれば世の中は上手く回ります。北海道かモンゴルに移住したいです。

マクロード・ガンジの路上で売ってるフライド・モモは半分ジャガイモのモモを入れてくれるのですが、これがホクホクでとっても美味しいです。残り半分の野菜のモモは、何故かどの店もイマイチです。


以上、マクロード・ガンジのチベット料理一覧(旧正月の罠バージョン)でした。色々と中途半端なのは私のせいではありません。無念なり。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| インド | 05:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |