2018年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年03月

| PAGE-SELECT |

マナリー④オールドマナリーまで散歩


20180217015450305.jpeg
村のちびっこ達

午前中で雪が止んだので散歩に出かけることにしました。宿の部屋に暖炉でもあれば喜んで引きこもりますが、あの部屋滅茶苦茶寒いのです。外の方がまだ暖かいです。




20180217015450482.jpeg

本日の目標は、ぐるーっと大回りして川を渡って対岸のナントカ村を通りつつオールドマナリーまで行ってお昼ごはんを食べて、そのままニューマナリーまで行って酒と手袋を買って帰るところまでです。

総距離はだいたい10kmくらいだと思いますが、雪のため時間がかかるので丸一日遊べるだろうという算段です。




2018021701545089e.jpeg
ヴァシシュト村風景

雪が踏み固められた上凍結しており、ツルッツルよう滑ります。村人達は本日は長靴装備です。開始15分でトレッキングシューズと尻をビタビタにしている観光客とは訳が違います。




20180217015450b48.jpeg
ナントカ村

対岸に例のナントカ村が見えています。ええとGoshal村だそうです。ゴーシャル村かな?読み方が分かりません。




2018021701545005c.jpeg
枝に帽子を取られた記念

うちのおばあさんに編んでもらった毛糸の帽子です。可愛いでしょう。ただの自慢ですが枝に取られたのは本当です。もちろん取り返しましたが。




20180217015710881.jpeg
洗い場

ヴァシシュト村の外れまで来ました。温泉寺の脇にある洗い場とは違いここはおそらく冷水・・を通り越して雪解け水で洗っていると思うので、すごくすごく辛いと思います。




20180217015710e66.jpeg

20180217015710309.jpeg

車道に出ました。歩いていくにつれ何かどんどん賑わっていきます。

スキーウェアのレンタルショップみたいなのが沢山あるし、スキー場が近いんでしょうか。インドとスキー場ってだいぶイメージの異なる組み合わせですが。




201802170157101f8.jpeg
スキー場

ありました。

ただ想像していたスキー場とはだいぶ違いました。そもそもここほぼ平坦ですし、雪上を何故かヤクが闊歩していますし。でも、人々はとても楽しそうです。ニューマナリーでもヴァシシュト村でもインド人観光客っぽい人々をよく見るので、彼らもまた雪を珍しがって遊びに来ているのかもしれません。




201802170157101b0.jpeg

対岸に渡る橋が雪景色に隠れて全然分からず、ちょっと迷いましたがようやく見つけました。

大きな橋ではなく、三ヶ所に渡り小さな川に小さな橋がかけてありました。そして橋の上は犬糞だか牛糞だか人糞だかが散乱して色彩のハーモニーを奏でており、ここで転ぶくらいなら潔く川に飛び込もうと私は強く決意するのでした。




201802170158358ed.jpeg

201802170158355ad.jpeg

20180217015835457.jpeg
Goshal村

Goshal村に着きました。

この村は見た限りでは宿やレストランなど全然なく、本当に普通の村でした。のどかで落ち着く風景です。




20180217015835ae1.jpeg

車道を歩いてオールドマナリーに向かいます。

楽しそうな山道もありましたが、この雪では厳しいので止めました。この辺りは小さな散策コースが沢山ある様なのでそれを楽しみにしていたのですが、雪で予定が狂っております。これはこれで楽しいですけども。




20180217015835d05.jpeg

オールドマナリーに着きました。ヴァシシュト村からここまで2時間半くらいかかったでしょうか。距離としては5キロ程度なのですが、雪道侮りがたしです。

オールドマナリーもヴァシシュト村と同じく宿もレストランも土産物屋も結構な確率で閉まっていましたが、こちらの方が店数が多い分余計に寂しく見えました。人気の宿泊エリアとは言え、閑散期には抗えないものなのですね。




20180217015922f21.jpeg

20180217015922880.jpeg

オールドマナリーは観光客向けに改造されまくっており何がオールドなんじゃいって感じでしたが、メインの車道を外れれば良い感じの村の風景も見られました。あの不思議な形の木俗建築が沢山あります。

これ強度は大丈夫なのかなと見るたび思いますが、サラハンのお寺を見た限りではこのはみ出している部分は廊下になっており、重い家具や多くの人の体重が一度に乗る部分はちゃんと土台の上にあるはずです。なので、大丈夫なんじゃないかと思います。




201802170159222cc.jpeg
お寺を見学

ずいぶん変わった形をしています。木馬みたいな。

中はどんなんだったか・・この寒いのに靴も靴下も脱いで最初の数歩は雪の上を歩かねばならず、それが大変辛かったことしか覚えておりません。




20180217015922865.jpeg
本日のお昼ごはん

何でもいいから異国の味が食べたかったので、何やらお洒落なカフェに入ってトマトチーズパスタを頼みました。以前バラナシで食べたスパイス地獄トマトスープの記憶があるので身構えましたが、ちゃんとトマトチーズパスタの味でした。

このお店ではヒーターを貸してもらい、店のWi-Fiで優雅にツイッターなぞやりながら足元を乾かしました。節約のため普段はあまりカフェとか入れないのですが、のんびり出来て良いものですね。靴下も乾くし。




2018021701592280a.jpeg

20180217015922bf0.jpeg
お寺を見学2

オールドマナリーから出て、ニューマナリーへの道すがらお寺を見学しました。中は何か巨大な岩が安置されていました。

何故か生き物のツノが飾られているこの好戦的な感じは、さてはカーリー女神を祀っているな!?と思ったら別の神様でした。ハディンバ女神というこの辺りの守護神なのだそうです。ヒンドゥー教の女神様達はどうしてこう血生臭いんでしょう。




201802170200359a1.jpeg
ニューマナリー

201802170200358f8.jpeg

本日のミッション1・手袋を買いました。

先日買ったばかりの手袋を2日で無くすという失態をやらかしたので、反省のため一週間手袋無しで頑張ってみたのですが、これ以上は無理でした。

ここ数日の私は部屋の中が寒すぎて布団から手を出せず、じっとベッドに座って毛布にくるまり数時間経過・・みたいな日々を過ごしていました。今日からは少なくとも布団から手が出せるので、行動の幅が広がりそうです。パラパラを踊るとか。




201802170200358ac.jpeg
本日の晩ごはん

またしても揚げモモです。ちょっとはまってしまったのです。このお店のモモはクミンっぽいスパイスが効いており、日本の餃子とは少し異なる味付けでしたが美味でした。




20180217020035f19.jpeg

本日のミッション2・酒も買いました。

インドはビールが高いみたいですし、その他のワインやウイスキーなんかも高く感じたので、インド産らしき謎のお酒にしてみました。70ルピー(120円くらい)の安酒です。アルコール50度なので炭酸で割ろうと思います。

割る前に一回そのままなめてみたら、なんか歯磨き粉みたいな味がしました。追加でファンタを買って来て誤魔化しながら飲みましたが、悪酔いはしなかったのでそう悪いお酒では無さそうです。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| インド | 22:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |