2017年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年02月

| PAGE-SELECT |

インド上陸


20180116054927957.jpeg

20180116035822096.jpeg
コルカタ空港到着ロビー

バンコクからのフライトは、だいたい時間通りの深夜1:00過ぎにコルカタに到着しました。

どんな因縁をつけられるかと覚悟を決めて並んだ入国審査は、拍子抜けするほどあっさり終わりました。パキスタンビザは見られなかったんでしょうか。絶対何か言われると思っていましたのに。







20180116035822ff9.jpeg
寝る

ともあれ、無事入国を果たしたのであとは寝るだけです。なお写真に写っている毛布の塊は私ではありません。

到着ロビーには三人がけの長椅子が沢山ありましたので、そのうち一つを贅沢に使って寝ました。ただ一席ごとに膝掛けが付いているタイプでしたので、結局ひとつの椅子に丸まるかせいぜい2つ使って小さくなるしか方法がなく、贅沢とは程遠い寝姿となりました。そして一晩中蚊の群れに襲われ続けました。どういう空港なんですかここは。







2018011603582287c.jpeg
朝のコルカタ空港 

人々の話し声で目を覚ますと、時刻は朝7時を過ぎたところでした。

コルカタと日本の時差は、コルカタがマイナス3時間半です。日本は現在朝の10時半を過ぎたくらいということになります。

エアポートバスは8:00から動き出すとのことなので、ボチボチ行動を開始したいと思います。






201801160358222ca.jpeg
到着ロビーのATM

まずは現金の入手です。

飛行機に乗る際は水を持ち込めないことや、新しい国に到着した際の現地通貨ナイナイ問題のことをすっかり忘れていた私は、昨夜現金も水も食料も何も持っておらずトイレ脇にあった飲用水道水で夜を明かしました。

インドでは絶対生水を飲むな!とよく聞きますが、飲用水ならいいんでしょうか。もうたらふく飲んでしまったので遅いですけども。



で、現金の入手ですか、このATMでは降ろせませんでした。理由は知りませんが、見るからに駄目そうだなとは思っていました。

到着ロビーにはこれしかATMは無いようでしたので、二階の出発ロビーに上がってみたら何台かATMが見えたものの、出発チケットを持っていない私はロビーに入れてもらえませんでした。

どちらかと言うと出発ロビーより到着ロビーの方が現金が必要な人は多いと思うのですが、マトモにATMを設置しないのは両替屋を使って欲しいからなんでしょうか。レートの悪い両替屋を。







201801160358223c7.jpeg
空港外のATM 

あと使えそうなのは空港の外に見えているあれくらいですが、セキュリティの関係で一度空港を出ると再入場は非常に難しいと聞いています。

外に出てみてあれが使えなかったら、本当に文無しです。まあ町のATMまで歩いていくという手もあるし、USドルを大量に持っているのでこれでインド人の頬をパーンとやったらカレーくらいは出てくると思いますが。




外のATMを睨み付けること十数分。やっぱり何か嫌な予感しかしなかった私は、結局両替屋を利用しました。100ドルからしか受け付けてくれないという噂を聞いていたのですが、試しに尋ねてみたら20ドルだけ替えてくれたので。

ただレートはやはり悪く、理想は1ドル64ルピーなところがここでは1ドル60ルピー。それでも躊躇するところを少額両替ということでさらにこれが悪くなり、1ドル52.5ルピーという悲しすぎる数字を叩き出してくれました。

結果4ドルがお空に消えましたが、今回はまあ仕方ありません。






20180116035822d59.jpeg
バスターミナル

その後8:00を待ち、予定通り市バスに乗って町に向かいました。

すでに一晩過ごしたとは言え国際空港は別次元ですので、本当のインドはここからです。前回の日記でも触れました通り、初インドと言うことで結構警戒している私でございます。主にインド人に対して。

しかし市バスに揺られながら町の様子を眺めたところ、「聞いてたほど酷くなさそうだぞ」と思えました。

思ったよりは秩序がありそうというか。バスを待つ人々はみっちり固まって暑苦しい列を作っているし、ゴミは散乱しているけどゴミ箱の横にはちゃんと巨大なゴミの山があって、一応そこがゴミ箱だという認識はできている様子です。

少し安心しました。でも油断は禁物!ということで、しっかり気を引き締め直した私は「よし!」とバックパックを背負い勢いよくバスを降りました。

道の脇で用を足している様子のおじいちゃん(しかも大の方)がいました。

秩序って何だっけと思いました。






20180116040143d09.jpeg

201801160401437f3.jpeg
サダルストリート

安宿が並び、バックパッカーが集まるエリアとして有名らしいサダルストリートに参りました。

かの沢木耕太郎さんもここで沈没したとかなんとか。私ももちろん「深夜特急」は読みましたが、沢木さんが具体的にどこで沈没したんだったかはよく覚えておらず、もう一度読み直してくれば良かったなあと悔しく思いました。






20180116040143c69.jpeg
有名店のひとつであるホテル・マリア(看板ぶっ壊れ)とこの宿を勧めてきた謎のおじいちゃん


「ホテル?」「タクシー?」と次々かけられる声を振り切りながら、さっそく宿探しです。

事前に情報を頂いていたいくつかの宿は、残念ながら満室だったり予算を越えていたりで泊まることができませんでした。満室はチェックアウトの時間まで待てば解決しそうですが、このハンターに溢れた道で立ち止まる気にはなれません。宿はいくらでもありますので、どんどん聞いて参ります。


しかしその後片っ端から訪ねた宿も全て事前情報より値上がりしており、なかなか良いのが見つかりません。コルカタの宿は軒並み値上がり傾向にあるようです。しかも結構な上がりっぷりです。






20180116040143ff7.jpeg
本日の宿

そして最終的に行き着いたのはこちら。「Modern Lodge」という特にモダンではない宿です。

事前にネットで見かけた際にはWi-Fi無しの格安宿ということでしたが、嬉しいことにWi-Fiありの格安宿になっていました。Wi-Fiを導入しても値上げをしなかった点に好感が持てます。してもいいと思いますがね。






20180116040143e7d.jpeg

シングルは空いていませんでしたが、こちらのツインが一人利用で200ルピー(350円くらい)とのことだったので決めました。

写真では伝わりづらいかもしれませんが、中々のボロさな上になんか空気が淀んでおり、ついベッドまわりの南京虫チェックをしてしまう安宿特有のなんか痒い雰囲気がありました。

が、実際は掃除の行き届いた割と良い宿でした。






2018011604014393f.jpeg
寝具

ただし本日分の毛布は終了したとのことなので、自前の寝袋で寝なければいけません。本日分の毛布は普通ベッドの数だけ用意してあるものだと思うのですが、何故終了するのでしょうか。






201801160403141b0.jpeg
ホテル・パラゴン

窓からは伝説の日本人宿だと誰が言い出したか分からない伝説・・まあ伝説ってそういうもんだよね、なホテル・パラゴンが見えます。こちらももちろん訪ねましたが、満室でした。

このパラゴンを臨む通りは狭いながらもバイクやタクシーの往来が激しく、朝から晩まで滅茶苦茶うるさいです。しかもほぼ外でしているのと変わらないオープンな公衆トイレがありゴミも散乱しているため、一日中臭いです。臭いのは窓を閉めれば大丈夫ですが、うるさいのはどうにもなりません。






201801160403145aa.jpeg


部屋に外鍵が無いので自分の南京錠を使用します。珍しい話ではないですが、久しぶりに見ました。こちらの方がかえって安心感があるので、特に文句はありません。

ところで三桁のナンバー式南京錠を使っている人も多いと思うのでこの機会にお伝えしたいのですが、あれ全数字を確かめるのに10分もかからないので、部屋の鍵など長時間目を離す場所には使わない方がいいです。ご存知の方が多いと思いますが、念のため。






(写真なし)
シャワートイレ

写真はやめときますが、シャワーとセットになった共同トイレは常に臭う感じの手動水洗型和式トイレで、そしてシャワーは冷水のみです。

冬なのに冷水というところも頭が痛いのですが、それ以上に冷たい水を浴びてヒャアーとなった瞬間片足を便器に突っ込みそうなことの方が問題です。

トイレの汚さでいうとモンゴルの方が10段上を行っていましたが、あれより嫌な感じがするのはやはり閉塞感の問題でしょうか。かの国の汚さはなんか全部風に吹かれて忘れちまえ~みたいな爽やかさがあったのです。インドのそれは、なんか永遠に吹きだまり続ける感じが。



・・とまあ、ろくな感想が出てきませんでしたがそんな感じの宿です。積極的に選びたい類の宿でないことは確かですが、他のホテルが軒並み400ルピー以上だったところがこちらは200ルピーなので、その値段からするとかなり快適でお得感のある宿なんじゃないかと思います。住めば都というやつです。






20180116040314e12.jpeg
ヤギ 

201801160403147ab.jpeg


20180116040314517.jpeg
インド人

チェックインを済ませ、街に繰り出しました。

見た限りではコルカタの街は大分とっ散らかっているだけの普通の街で、道行くインド人達はやかましいけど噂に聞いていたよりは大人しく、野犬は多いけど人にしっぽを振る愛らしさもあり、車はクラクションを鳴らしながら突っ込んで来るけど一応ブレーキを踏むという発想はあって、なんか、地獄のような国を想像していたけどそこまでじゃなかったなと思いました。今まで行った国の悪い部分を集約すればいいだけなので、想像の範疇というか。

しかし何故か、中々この街に慣れることができません。

道を歩いていてもその辺に立ち止まって街の様子を眺めてみても、なんだか落ち着かないのです。まあそれは横でハローハローと騒ぎ続けているインド人のせいもあると思いますが、それを抜きにしても。


お金をあまり持ってないから不安なのかな?と思いとりあえずATMで現金をおろしてみたものの、9,900ルピーなどの細かい数字は受け付けてくれず、限度額ギリギリの10,000ルピーちょうど(17,000円くらい)をおろしたら2,000ルピー札5枚が出てきてさらにダメージを受けました。

道端食堂が30とか50ルピーで食べられるらしいこの国で、この高額紙幣は必ず持て余すことになります。






20180116071238f7d.jpeg
ブルースカイ・カフェ

20180116040757f4e.jpeg
本日のお昼ごはん

とりあえずこれを崩して使えるお金を得たいと思い、ネットで評判のカフェレストランに入りました。そして2,000ルピー札を出しても怒られないよう、ちょっと高めのお料理と飲み物を注文しました。

マトンカレー、バターナン、りんごラッシーを頼んで300ルピー(520円くらい)です。ちなみに宿代は200ルピーです。


なんかダメージを重ねただけな気がします。





でも、美味しかったのでちょっとだけ元気が出ました。

ちなみに今回のお料理は、「インドのマトンカレーは羊ではなくヤギだ」と聞いて是非確かめたいと思い注文したという背景もあります。が、結局よく分かりませんでした。

でも香辛料の強いカレーとは言え、羊特有のあの臭みを一切感じなかったので、やはりこれは羊ではない気がしています。「ヤギも臭いですよ」と言われたらもう手も足も出ませんが。







20180116040314d48.jpeg
コルカタ風景

その後も散歩を続けましたがやはり居心地が悪く、力も沸いてきません。想像の範疇なんて言っておいて、実はこの雰囲気が苦手なんでしょうか。いや苦手なのは間違い無いですけども。人が多すぎるし、うるさすぎるのです。

これはもう早めにコルカタを出て、野山に逃げた方がいいかも知れないな・・・

なんてションボリした気持ちになりながら街を歩く私。そしたらコルカタに大量発生しているという日本語を操るインド人が急に現れて、

「やあ君日本人!?」
「俺去年まで日本で働いてたんだよ~!」
「日本人の友達チョーいっぱいいるし!」
「トーキョー!オーサカ!君はどこ出身?」
「俺日本のことなら何でも知ってるよー!」
「インドは初めて?なんか困ったことない?」
「トーキョー!シンジュク!俺日本大好きだから〜!」


などと分かりやすい詐欺師アピールを始めました。
その間私は一言も発せず、ボーッとその人の顔を見ていただけです。

そしてその胡散臭い笑顔を見ていたらどっと疲れを感じたので、宿に帰りました。




で、宿のベッドで丸まってよく考えたんですけど、わたくし昨日の空港泊では蚊のせいであまり眠れず、ついでに一昨日はライトダウン洗濯事件のせいでこれまたちゃんと寝られなかったんです。つまり、

原因は寝不足!!

だと思うんです。

食と睡眠のどちらかが欠けると、人は心身ともにエネルギー切れを起こします。インド人がどうこう以前の問題だったのです。


答えが出たら安心したのか、そのままパタッと意識を失いました。ベッドに登ったのは夕方4時なのに、携帯を握りしめた土下座の様な格好で目覚めた時間が夜9時すぎだったのは中々の衝撃でした。夕飯を食べ損ねたではないですか。


明日からコルカタ観光です。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。


<情報コーナー>

○ コルカタ空港からサダルストリート

エアポートバスVS -1に乗って一時間くらい、Esplanade下車。運賃45ルピー。下車後、徒歩10分くらいでサダルストリート入り口に着く。

○ コルカタの宿

「Modern  Lodge」
サダルストリート、ホテルGALAXYの向かい。シャワートイレ共同のツインが一人利用で200ルピー。シングルは空いてなかったが確か150と言っていた。シャワートイレ付きの部屋は350。一階の道路に面した部屋はかなり騒がしい。Wi-Fiは少なくとも一階の部屋にはしっかり届き、速度も良好。トイレと一体になったシャワーは冷水のみ。

○ その他コルカタの宿(全てサダルストリート)

ちょっと記憶がごっちゃになってるかもしれないので、直接現地でお確かめください。

「Hotel  Maria」 
シャワートイレ別の個室が500とのこと。Wi-Fiあり。

「Hotel Paragon」
満室で値段聞けず。

「Hotel Galaxy」
六人ドミ(ツインみたいな小さな部屋が3つくっついている)が450、シャワートイレ別の個室が550と言ってたような。本が沢山並んだ小さな共同スペースがあり、居心地が良さそうだった。Wi-Fiあり。

「Golden Apple Boutique Hotel」
ドミ600バーツ。ドミとは言え一つ一つのベッドが曇りガラスで仕切られており、ほぼ個室状態になっていた。Wi-Fiあり。今回値段を聞いた中で一番受付の対応がスマートで、綺麗な感じがした。

| インド | 22:49 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

インドプラン

インドビザは取得から6ヶ月有効なのですが、10月にこれを取ってからすでにそこそこの月日が経っている私に残された時間は3ヶ月少々と短いです。いや長いんですかね。ちょっとまだ必要日数が読めていません。

ただこの3ヶ月の間にスリランカやネパールや、95%くらい諦めていますがパキスタンや出来たらバングラデシュ辺りにも寄りたいと思っているので、インドのみに割ける時間で言うとそう長くないです。周辺国をどう回るか、その後インドに戻るのかどうかも重要なポイントとなってきそうです。

インドビザはマルチプルで取っていますので、出たり入ったりすること自体は問題ありません。そのたびにパキスタンビザを見つけられネチネチ言われたら嫌だなというくらいで。

ネチネチついでに申し上げますと、私オーストラリアワーホリをやっているときに4人ほどのインド人男性と一緒に働いたのですが、うち4人が控え目に言って糞野郎でいらっしゃったのでインド人に対するイメージがすこぶる悪いです。

このイメージ通りの目に遭うのか、そしてインド人と喧嘩して3日でこの国を出るのか、あるいはこれを払拭してくれるほどの粋なインド人に出会えるのか、非常にハラハラドキドキゲンナリしているところであります。あ、ついゲンナリを入れてしまった。

インド人に会わずにインドを旅する方法をご存じの方がいらしたら、早急にお知らせください。






20180114222131641.jpeg
インドプラン

なーんてことを言いながらもちゃっかりこんな地図を作ってワクワクしているわたくしでございますが、






20180114223356647.jpeg
インドプラン改

ツイッターにてお勧めを伺いましたところ、沢山の方に知らなかった町や場所を教えて頂き、地図がみるみる充実してこんなに楽しいことになりました。お勧めの数だけ旅人達のロマンがあったと思うと、ネットでまとめられた見所一覧とは全く違うワクワク感を覚えます。

お勧めを教えて下さった皆様に、改めて感謝いたします。本当に嬉しいです。(引き続きご教示ください!)←ドサクサ



地図にちらっと書いてあります通り、なんとなく反時計回りで行こうかな?という予定でおります。とは言ってもインドは広すぎて時計回りとか反対とかそういうレベルの話ではなさそうなので、ジグザググチャグチャに寄り道していきたいと思います。予定変更こそ旅の醍醐味です。


そういうわけで、次回からインド編です。次回からも何もすでに入国していますので、早めに更新して参ります。最もインドらしい町の一つとか言われているらしい、コルカタからのスタートです。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| インド | 00:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |