2017年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年08月

| PAGE-SELECT |

東の中蒙国境情報を求めております


20170726111105208.jpg
ウランバートルツーリストインフォメーション

ゴビツアー後はウランバートルに二泊して、ブログを片付けつつ情報収集などもしていました。





20170727223804d46.jpg

ここに中蒙国境があるのですが、実際通れるのかな~というのを調べてました。

国境、特に陸路国境は両国地元民や貿易関係の車両は通れても、外国人旅行者は通れない場合が結構あります。で、この国境もそういう類いのやつだと思って気にもしていなかったのですが、なんか通れるらしくて。


どこでそんな情報を見つけたかというと、皆大好き歩き方先生です。「中蒙国境で外国人が通れるのはザミンウード国境とコレの二ヶ所」と書いてありました。「国際バスが走っている」とも。

しかし、同時に確認した世界のロンプラ大先生では、この国境には×印が付いていました。

ならばと今度はインターネッツ大先生に尋ねてみましたが、大先生はそんなこと話題にすら出していませんでした。先生ときどき冷たいですよね。ザミンウード国境の方は「大事なことなので200回言いました」状態になっているのに。

で、らちが明かないので現地で確認しようと、モンゴルの首都・ウランバートルのツーリストインフォメーション・・のうち最も専門的な事が聞けそうなこちら(上の写真)を尋ねてみたのですが、「そこは通れない」と険しい顔で一蹴され、代わりにザミンウード国境について詳しく教えて貰えました。わあいありがとうございます。でもこないだ通ったので大丈夫です。よく知ってます。





20170727225836042.jpg
ウランバートルの地図もくれた

歩き方先生は一体どこでそんな話を聞いてきたんでしょうか。

私はただでさえ同じ道を帰るのが嫌で億劫になっていた所に、こんな情報を得たのですっかり乗り気になっていたのに、急に道が塞がれた気持ちです。正直しょんぼりです。何なら今日から低橋ションボリーヌと呼んで頂いても構いません。ジョリバシーナも治って来たことですし。


あとは実際国境まで行ってみて確認するという手が残っていますが、流石にそれは面倒臭いというか何故外国人がこんなところに!逮捕!されそうで怖いと言うか。相手は中国さんだし。そして駄目だったらまた何日もかけてウランバートルに戻らないといけないので、滞在日数期限の問題が出てきます。

どうしたもんかな、というのが現状です。ここを通ってハルビンに行くつもりだったんですけど、通れないとなるとザミンウード国境まで南下してまた改めて北上・・面倒臭い・・・



というわけで前説が長くなりましたが、もしこの国境について何か知っている方がいたら是非教えてください、というお話がしたかったのでした。

ハルビンに行くかどうかはこの国境にかかっております。そして駄目だった場合もまたザミンウード国境を通って帰るだけだしハルビンは無かったことになるだけなので、ご心配には及びません。ただちょっとやさぐれて日記の文体が乱暴になる可能性があるだけです。





20170726111105e11.jpg
ウランバートル・ドラゴンバスターミナル

さてさて、そんなこんなで意外と休まらなかったウランバートルに別れを告げ、次なる目的地へ参ります。

次なる目的地はモンゴル北部にある、フブスグル湖畔の町、ハトガルです。このフブスグル湖とその周辺の景観がすごく綺麗で、モンゴルのスイスとか呼ばれているらしいです。

ゴビで心身ともに乾ききってしまったので、湖畔の町で再びこれに潤いを与えます。





20170726113915f9d.jpg

場所はこちらです。ウランバートルからの直行バスは無く、近隣の町まで18~22時間。そこからさらにミニバスで2時間程度とのことです。カナダ人おばあちゃんに見せてもらったロンプラ調べ。





201707261111058bc.jpg

201707261111050d5.jpg
本日のバス

18~22時間の長丁場、そして夜行なので寝台バスだとばかり思っていたのですが、普通の4列シートでした。これは失敗。横になって寝る気満々で、薄手のパーカーとジャージで来てしまいました。滅茶苦茶寒いです。




2017072722541492c.jpg
バスチケット

あと、バスターミナルは立派ですがバスの発着場が立派ではなく、裏道まではみ出しているので目的のバスを見つけるのに苦労しました。ホーム番号とかがなく、チケットに書いてあるバスの車種とナンバープレートを頼りに探すシステムです。斬新。でもまあ、乗り間違えは起きにくいかと思います。


というわけで、出発します。目が覚めたらそこはスイスのはずです。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。


<情報コーナー>

○ ドラゴンバスターミナル 

Peace Avenue通りを西方向に行くバスまたはトロリーバスのうち、2、23、Y1、Y3、T2などに乗り20~30分。5キロちょい。

○ ウランバートルからムルン

8:00、15:00、18:00発の一日三本。所要18~22時間のはずだったが13時間で着いた。切符の購入にはパスポートが必要。私は当日買えたが、売り切れることもあるそうなので早めの購入が望ましい。32,600Tg。

○ ムルンからハトガル

ムルンのザハ前からミニバスが出ている。満員になり次第出発。15,000Tg。

| モンゴル | 22:35 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |