2015年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年10月

| PAGE-SELECT |

マレーシア・ボルネオ島へ


20150926.jpg

午後の便でマレーシア、ボルネオ島のコタキナバルに飛びました。

マレーシアはオーストラリアの前に少しだけ寄りましたが、
そのときはマレー半島だけだったので今回ばボルネオ島です。

マレー半島が町歩きと買い物を楽しむ場所なら、ボルネオ島は自然を楽しむ場所です。
・・・というのは、私の勝手なイメージです。

が、実際ボルネオ島には国立公園がわんさかあり、トレッキングやら何やらの自然派観光名所がかなり充実しています。それなのに前回ここへ来なかったのは、オーストラリアに入国したい時期が決まっており、ボルネオ島に割ける時間が足りなかったからです。時間がたっぷりあるオーストラリア終了後に、お楽しみを取っておいたわけです。

また、ここボルネオ島にはタートルアイランドと呼ばれる島があり、そこではウミガメの産卵が見られます。しかしこれは非常に人気の高いツアーであり、数ヶ月から半年くらい前に予約しないといけません。また、産卵見学のベストシーズンというのもあります。前回はそれらの事実を知らず、予約が間に合いませんでした。なので、「よ〜し次回は絶対半年前に予約して見に行くぞお!」と固く決意したのですが、その事を今の今まですっかり忘れており今回も予約していません。私はそういうやつです。




亀はさておき、ボルネオ島です。

バリ島デンパサールからおよそ3時間のフライトで、無事コタキナバルに到着しました。
そして1時間に1本しかないエアポートシャトルバスに5分遅れで奇跡的に乗車し、コタキナバル市内へ。あらかじめ予約しておいたドミトリーに無事チェックインし、ほっと一息ついたころにはもう日が暮れていました。

今気付いたのですが、宿の写真を取り忘れました。4泊もしたのに。宿の写真を取り忘れるなど、3年前に旅を始めて以来初めてのことです。何らかの事情で撮れなかったことはありましたが、忘れるなど。忘れるなど・・・!と私は今大変なショックを受けております。



まいっか。



DSC01162.jpg

DSC01163.jpg
本日の晩ご飯/ラクサ

腹が減ったので晩ご飯を食べに出ました。宿の周りはお手頃価格の飲食店が溢れており、選び放題です。バスを降りてから宿に向かう約5分の間に、何度誘惑に負けて入店しそうになった事か。別にしてもいいんですけど。

マレーシアと言えばラクサですので、久しぶりのマレーシア料理はやはりこれにしました。
私の中の全世界好きな料理ランキング7位くらいに入る品です。

1位は不動のケバブで、2位は長きに渡りビーフシチュー(特にコメダの)でしたが、来月ここにタイのマッサマンカレーが躍り出てその地位を奪う予定です。1位は奪われない予定です。




DSC01164.jpg
本日の晩ご飯2

食後のデザートにケンタッキーをば。
出金したてでマレーシアのお金が沢山あるので、ちょっと調子に乗りました。


今日は移動日で特に何もしていないので、これで終了です。
明日は日曜マーケットというのがあるので、それを見に行きます。
あと愉快なお顔の猿を見に行きます。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。


<情報コーナー>

○ コタキナバル空港から市内

エアポートバスが約1時間に1本走っており、運賃5RM。大型ショッピングモール「センターポイント」前と市内中心部にある終点の計2箇所止まり、所要時間15〜30分(道の混み具合による)。ネットで調べると時刻表も出てくる。コタキナバルはそう大きくない町で宿もだいたい中心部に集まっているので、エアポートバスの停留所からアクセスしやすい。

○ コタキナバルの宿

「Sensi Backpackers Hostel」

ドミ1泊30RM。エアポートバスの終点から徒歩5分、日曜市目の前と好立地。付近にはコンビニや飲食店も多数。ホットシャワーが良い感じ。簡単な朝食(トースト)あり。Wifiあり、空いている時は快適だが何人かで使うとすぐ遅くなってしまう。キッチンは無いが、冷蔵庫と給湯器と電子レンジは使える。珈琲紅茶飲み放題。全室エアコン完備だがラウンジには何故かなく暑い。宿の人達は一見クールだが実はすごく優しくて親切。部屋、ラウンジ、水回り全てにおいて常に掃除が行き届いていて清潔なのだが、何故かベッドにはダニがいた。ベッドを変えてもらった人は事無きを得たが、私は面倒くさがったせいで4日間に渡りダニの餌食に。

| マレーシア2 | 20:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |