2015年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年10月

| PAGE-SELECT |

珈琲畑を目指して外国人3人珍道中

朝起きて宿でくつろいでいたら、同じ部屋の女の子2人に「私達今からエルメラに行くけど一緒に行かない?」と声をかけられたので、付いて行くことにしました。

エルメラってどこでしょうか。何しに行くんでしょうか。
何も分かりませんが、外国人観光客2人が揃って行きたがるという事は良い所なのでしょう。


ちなみに、本日の相棒はチェコ人とラテン系カナダ人の即席旅仲間2人組です。彼女達も昨日知り合ったばかりそうです。アジア人の私を加えると毛色の違う3人が並び立ち、非常に目立ちます。



DSC01040.jpg

着きました。

ディリ市内だと思っていたら、予想外にバスに乗り1時間以上揺られてしまいました。

流石に不安になり、バス車内で「エルメラって近いの?何しに行くの?」と聞いてみたら、地図を見せてくれ「珈琲畑を見に行くのよ」と教えてくれました。ああ珈琲畑。その辺にあるじゃないですか。なんでわざわざ。

で、着いたのが写真の町です。村かな。
しかしそこには珈琲畑のコの字もありませんでした。これには相棒2人もご立腹。

チェコ人「珈琲畑なんてないわ!ここに来れば見られるって聞いたのに!」
カナダ人「珈琲畑はどこなの!?珈琲畑に連れてって!そしてライ麦畑で捕まえて!」
私「(帰りたい)」



DSC01039.jpg
うまく写らなかったけど木々の向こうに珈琲の木が

その後ドライバーさんに頼んでもう少し先まで連れて行ってもらいましたが、やっぱり珈琲畑はありません。珈琲の木はそこらへんに生えていますが、観光客が期待する様な景色は広がっておらず、ちょっと「何しに来たんだ私達は」感が漂って来ました。

チェコ人「珈琲畑なんてないじゃない!私は夕方までに帰らないといけないのに!」
カナダ人「ちょっと降ろしてくれない!?ほらお金払うわ!地獄の沙汰も金次第!」
私「(帰りたい)」

2人はディリのインドネシア大使館に行く用事があり、それが夕方には閉まるので急いでいるらしいのです。私達が乗ったミニバスと言う名のただのハイエースは乗客が集まらないと出発しないシステムでしたが、乗車直後から2人が「ほら早く行って!すぐ行って!」と騒いでいたのはこのためだったのです。


しかも不幸なことに、乗車時には「2ドル」と言っていたバス運賃が下車時に急に20ドルになりました。ついでに帰宅便も、最初5ドルと言われたものが交渉でようやく3ドルになり、下車時には10ドルになりました。
当然2ドルと3ドルしか払いませんでしたが、東ティモールでこんな風にふっかけられたのは初めてなので、ちょっとガイーンとなりました。東ティモール人を信じていたのに。

でも相棒2人の態度も良くなかったと思うんです。
郷に入りては郷に従えという感覚が全く無く、すぐに喧嘩腰になるから相手もムキになるのです。

彼女達は基本的には明るくフレンドリーなのですが、自分達の文化と違う事が起こるとすぐにそれを否定してしまいます。例えば、満席にならないと発車しないシステムもそう。確かに効率が悪いしイライラするシステムではありますが、ここではそれが普通なのです。そういう国に来ているのですから、そう目くじらをたてて怒っても仕方が無いではありませんか。


・・・って、彼女達に言う勇気はなかったんですけどね。だって怖いんですもの。




ついでなので書きますと、彼女達はこの後行ったインドネシア大使館でも「ビザ発行には3日かかります」と言われたし張り紙もしてあるのに、「時間が無いの!明日出して!」「いや明日は祝日ですから・・・」「なんて非協力的なの!?あり得ないわ!」と怒っていました。

これには流石に「そういう決まりなんだから無理だと思うよ・・・」と口を挟みましたが、聞き入れてもらえませんでした。傍目には大使館の職員3人 vs 私達3人の構図でしたが、あっちに加勢して4対2になったろかいと思いました。まあインドネシア人 vs 外国の女の子2人組の戦いに弱小日本人が参戦したところで、流れ弾に当たって命を落とすだけだと思いますが。




DSC01078.jpg
本日の晩ご飯/ナシゴレン

いやしかし、面白い一日でした。
上の様な書き方だと嫌な目にあったみたいですが、実のところはすごく面白かったです。

特に乗車運賃関連の両者一歩も引かない戦いは、目を見張るものがありました。
私も当事者なので呑気に観戦している場合ではないのですが。
いえ、私も一応援護はしたんですよ。彼女達の勢いが凄くて全く聞いてもらえませんでしたが。

観光地に行くよりこの人達といた方が面白いことが起こる気がしますが、東ティモール人(とついでにインドネシア人)との関係は悪化する一方なので、東ティモール滞在を良い印象で終わらせたかったら、あまり一緒に行動するのは控えたほうがいいのかもしれません。

明日も一緒に遊ぼうと誘われていますが、これに乗ろうか別行動をしようか真剣に考え中です。



あまり東ティモールと関係ない日記になってしまったので、
最後に珍道中の車窓から撮った写真を載せておきます。




DSC01058.jpg
復路はピックアップトラック型のバスに乗って帰還

DSC01059.jpg
道はあちこち工事中

DSC01061.jpg
乾期なので川がすっかり枯れて可哀想な姿に

DSC01067.jpg
海沿いの道



<情報コーナー>

○ エルメラの行き方

空港方向に行くミクロレット10番に乗り、終点のバスターミナル「タシトロ」で下車。そこでエルメラ行きのハイエースに乗り換え、所要1時間少々。運賃は片道2ドルが相場のはず。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| 東ティモール | 22:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |