2014年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年05月

| PAGE-SELECT |

弓場農場編おわり

農夫ライフも気付けば5ヶ月を越え、もうじき7ヶ月目に突入・・・なのですが、
7ヶ月目に突入すると同時に不法滞在者になってしまうので、弓場を去りました。
ブラジルの観光ビザは6ヶ月が限度なのです。

まあ不法滞在したとしても、1日8ドル少々の罰金で逃がしてもらえるユルユル国家ブラジルなのですが、
そんなことを言っていたら私は永遠にここを出ない気がしたので。



思えば、弓場農場では色々なことを学ばせてもらいました。
今まで書いてなかった部分をまとめます。


034_2014042622225048d.jpg

069_20140423212930948.jpg

学んだ事1:
カシューナッツはこうやってできるようです。

実の下にくっついている種の部分が、日本でも売られているカシューナッツなんだそうです。
なお、実の部分は甘くて果汁たっぷりですが、食べるとなんか歯がイガイガします。



017_20140423212928a04.jpg

学んだ事2:
ガラガラヘビのガラガラはこれです。

しっぽの先が鈴のようになっており、ガラガラというか、カシャカシャという音が鳴ります。
また、この部分の段数を数えると蛇の年齢が分かるそうです。5段だったら5歳、という風に。



191.jpg

学んだ事3:
お腹を空かせてやってきたところを逆に食われるガラガラヘビさん。

味および食感は、鶏胸肉とイワシを足して2で割った感じでした。
クセが無く非常に親しみやすい味ですが、食べる所がそう多くないのが難点です。



090_20140423212931f95.jpg

学んだ事4:
ココナッツの皮むきは面倒。

日本でもおなじみのココナッツのお菓子やジュースを取り出すまでに、
こんな苦労があったものかと感慨深かったです。

一番外側の殻を外すのなんて、
力と技と根性を全力でぶつけて、1〜3分かけてようやく1個・・・という重労働です。
慣れている人は15秒くらいでやっていましたが。
私も何度も練習させてもらってちょっとは上達しましたが、それでも15秒なんてのは到底無理でした。
本当に難しいです。

ココナッツの皮むき(しかも手動で)を生業にしている会社が日本にあるのなら、
履歴書にこれを書けば他就活生達から頭一個抜きん出ることが可能かもしれません。
一応、帰国後の希望職種のひとつに挙げておきたいと思います。

特技と言えば、私はこの旅で、野生で生きられる力をつけたかったです。
別に野生に帰る予定は無いのですが、
山菜に詳しかったり、生き物を狩って料理する能力があったら女子力どころの騒ぎじゃないなと。

そういえば旅に出る前、5年以上前になりますが、
ボーイスカウト的な仕事をしている友人と道を歩いていたら

「あ、この草は毒があるから食べないほうがいいよ!」
と道端に生えている雑草を指さされ、

「いや食わねえよ」
と思ったのですが、ちゃんと聞いておけば良かったですね。
今ならその知識ほしいです。


話が大きく逸れましたが、
そういった経験と素敵な人々との出会いを胸に、弓場を後にしたというお話でした。



214.jpg

荷物のほとんどはここで手放しました。



171.jpg
最後の整備

自転車はかなり悩みましたが、置いて行きました。
今でもちょっと恋しいです。



239.jpg
弓場のワンコ達

恋しいです。



359.jpg

356.jpg

半年もいるとさすがに、別れの際には切なかったりやるせなかったりしましたが、
20時間くらい飛行機に乗って8時間くらいバスに乗れば行ける所なので、
別に遠くないなと本気で思います。また行きたいです。

で、弓場の後はそのまま帰国しました。

一時帰国であって旅の終わりではないので、
今後の旅についてはまた別に書きたいと思います。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| 弓場農場 | 14:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

去年も南米だった気がする年越し


13123101.jpg


去年も南米でしたね。

しかも地図を見ると、去年からほとんど動いていないように見えます。



13123102.jpg


が、実際のところはそこそこ動いていましたので。
それでも通常の旅人の速度と比べればありえない鈍足ですが、
その辺りはだいたいチャリのせいですので、私に罪はありません。

移動距離はさておき、
弓場農場での年越しのお話です



063_201404040425321a6.jpg
アルマジロの死体

弓場農場の年末年始はイベント盛りだくさんで、
非現実な日常の連続がとても楽しかったです。

お仕事のスケジュールもだいぶ変則的なので、
平日に急にお休みができたり、逆に日曜にお仕事があったりしました。



152_201404040425300b9.jpg

12月下旬になると、
お正月用のお餅の準備ということで餅つき会が行われました。

弓場農場の分、ご近所に配る分、サンパウロ在住のお知り合い達に送る分
ということで、1回につき餅米250キロを計2回やると・・

え、250・・・2回? 500キロ?

最初に聞いたときはぶったまげましたが、
弓場キッチンの量りは時に常人には理解できない数字を叩き出すのです。

しかも一組の臼と杵で1日中(×2回)つき続けると言うのだから、正気の沙汰じゃありません。



070_2014040404252893a.jpg
餅米(のごく一部)


238.jpg
餅つき

餅つきは主に男性陣が中心となって行われるのですが、
弓場の人達は本物の農夫な上に子供の頃から毎年これをやっているため、
力も技術も本当に素晴らしく、格好良かったです。

男性に限らず、女の子も、おばあちゃんもこれをこなします。
シレッとした表情と姿勢で、ズドーン!とたくましい音を響かせる様は脱帽ものでした。

もちろん私もやらせてもらいましたが、
数回しかやっていないにもかかわらず、翌日は両腕に筋肉痛を食らいました。
あと腰痛が悪化しました。何がいけないのか、旅に出て以来ほぼずっと腰痛持ちです。



151_20140404050206715.jpg

ひたすらエンドレス餅つきなので、こんなお楽しみタイムも挟まれます。
つきたてのお餅は本当に美味しいです。
あと、炊きたて餅米に味噌を乗せただけのシンプルごはんも美味でした。



005_20140404042656bec.jpg
つき上がった餅(のごく一部)

つきあがった餅は女性陣の手によって平らにされ、
大部分は梱包され贈り物用に。
残りは切り餅に加工され、お正月のお楽しみ用に一旦保存されました。



また、正月に向けてはカマボコ用に魚をさばく作業も進められていました。
カマボコとは言っても日本で見るあれではなく、揚げた団子みたいな感じです。

正月用のカマボコ作りには、切り身で25キロ必要なんだそうです。
切り身で。
餅米500キロの後だとちょっと霞みますが、結構な量です。



026_20140404042655f80.jpg
チラピア

ここいらは海の魚は手に入りにくいので、
その辺の池や川で釣って来た淡水魚を使います。



124_201404040426552b8.jpg

しかし釣ったはしからこのように調理され夜食として頂かれ、
一向に溜まる気配が見られないので、



148_201404040426548d5.jpg

最終的にはこのように、投網により一網打尽にする作戦に切り替えられました。
一匹一匹を三枚におろしていく作業は終わりが見えず、それはもう・・それはもう・・・
最初のうちは手伝っていた私ですが、割と早い段階で脱落しました。



011_20140404043933404.jpg

大晦日は、紅白歌合戦の日です。

劇場にて、弓場住人達が男女に分かれて歌って踊る大合戦です。
そしてまさかの生演奏です。
ご親戚の中にピアニストやバンドマンがいらっしゃる様で。

完全プライベートイベントということで撮影禁止なので写真はないのですが、
楽器が並んでいる舞台風景くらいは撮っても良かったかもしれません。

もちろん弓場住人の方が優先だと思うのですが、
空きがあるということで、私も出場させてもらいました。

当日の応募締め切り15分前に出場が決まったので、
慌ててカラオケ曲リストをパラパラめくって、
「じゃあコレェ!」とダーツ形式で選ばれたのは松田聖子の赤いスイートピー。

本番までの数時間で歌詞を暗記し、小芝居の台本を書き、小道具を用意し、
アホみたいな赤いスイートピーっぽい衣装を着てプリプリやってみたものの、
日々の農作業のおかげで実に美しくたくましく健康的な肉体を誇る私は、

さきがけ
魁!!赤いスイートピー

って感じでした。



102_20140404042905448.jpg
年越しラーメン

弓場の年越しは蕎麦ではなくラーメンです。
蕎麦も採れますが、さすがに300人分つくるのは厳しいようです。

年越し30秒前から始まったカウントダウンは、
これまでの人生で一番手くらいワクワクしました。

去年はボリビアの安宿の一室で一人酒だったのに、えらい違いです。
いえ流石に年越しの瞬間は近所の公園を見に行きましたが、
町一つ規模の年越しより、弓場農場の方が賑やかなくらいでした。

皆で「ハッピーニューイヤー!」を叫んだ後は、
南米らしく次から次へとハグ(抱擁)の嵐でした。

そしてその後は深夜まで飲んだくれ、大騒ぎしました。
いつもより人数が多いので、本当に笑いの絶えない楽しい夜となりました。



106_20140404042904245.jpg
雑煮

あけましておめでとうございます。

元日はやはり雑煮です。

弓場の雑煮は、先述したお魚だんご入りと豚肉だんご入りの2種です。
どちらもとても美味しく、ほっこりしました。
ただこちらは夏なので、ものすごく暑いです。



113_20140404042904f46.jpg

1月2日はビンゴ大会。

子供の遊びと侮るなかれ、むしろ大人が本気です。
数時間かけて何度も勝負するので、
最終的には全員が景品を獲得できる楽しいイベントです。



125_201404040429032d8.jpg

3日か4日か忘れましたが、お土産でいただいたサーモンで大量の寿司を作ったりも。
普段は食べられない食材にお目にかかれるのも、お正月ならではです。

あと、これまたお土産でいただいた梅酒を飲んだり、
初めて見る謎のナッツのお酒に舌鼓を打ったり、
いつもはあんまり見ないビールがいつも冷蔵庫にストックしてあったり、
日本でもそうしょっちゅうは飲めない久保田や上善如水が何故かあったり。

朝から晩まで笑い合いながら、
年末年始の特別な時間を過ごさせてもらいました。

お正月気分から脱し、このふわふわした時間から現実に戻るのは、
ちょっと寂しい感じでした。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| 未分類 | 05:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |