2013年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年06月

| PAGE-SELECT |

アルゼンチンのMacパソコンのお値段がべらぼう

IMG_5763.jpg

IMG_5765.jpg
本日のお昼ご飯

昨日再びぶっ壊れたカメラを直しに、カメラ屋さんへ行きました。
その前にお昼ご飯です。

ドルを大量に持っている今、それを闇レート両替すると思うと全てが安く見える・・!
という、ブエノスに大量にいるドル箱旅人の一員になった私は外食も何のそのです。

デザート&飲み物付きのランチセットが35ペソ。
正規レート計算で640円。
闇レートだと400円でございます。



IMG_5769.jpg
途中にあった公園

カメラは前回と同じくシャッターボタンが外れただけですが、
今回は外れたボタンを紛失していないので修理はすぐできるそうです。
もちろん、今回は無料です。

一時間半後に取りに来てねとのことだったので、その間にアップルストアへ。


今回アップルストアに来た目的は、
壊れパソコンの修理見積書を作ってもらう事と、
新品で買った場合の値段を聞く事です。

パソコン修理には一ヶ月かかると分かっているので、ここで修理に出す気はありませんが、
保険屋さんに修理代を請求するにあたり見積書だけは取得しておきたかったのです。

前回ここを尋ねた時には、修理代は6,900ペソ(13万くらい)と言われました。
が、私はこれを疑っております。
液晶の交換だけでこの値段は高すぎるし、きっと聞き間違いだと思ったのです。
説明はスペイン語で、よく理解できなかったので。

前回聞き取れた範囲では、お姉さんは「ここでは修理できない」とか、
「在庫が無いの」とかそういうようなことを言っていました。
それらをひとつひとつ思い出し、整頓し直すと、

「修理代は6,900ペソ(13万くらい)です。」

ではなく、
「修理できないから、新品で買うことになります。新品価格は6,900ペソです。」
と言う様なことを言われたのでは?
という気がしてきたのです。

日本で買うと8万9千円のパソコンがアルゼンチンでは13万円!
というのならば、まだ、100歩譲れば、理解できないでもないです。
修理代が13万円と言われるよりはよほど。

というわけで、今回は英語のできる店員さんを捕まえ、
お姉さんのお話を同時通訳してもらうことにしました。


結果、

「修理代は6,900ペソ(13万円)です(^^)」
「新品で買うと13,999ペソ(26万8千円)です(^^)」


ということが分かりました。


この国どうなってんの。



IMG_5771.jpg
カメラ直りました

パソコンの事はもう忘れる事にして、本日の晩ご飯は麻婆豆腐です。


IMG_5772.jpg
本日の晩ご飯/麻婆豆腐

ライダーさんが中華食材店で素敵食材を沢山買って来てくれたのです。

大きな街だと、中華食材や日本食材が手に入るのが嬉しいです。
やはり、ときどきアジア味が恋しくなります。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| アルゼンチン | 23:22 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |