2012年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年02月

| PAGE-SELECT |

ウユニツアー探し

IMG_3765.jpg
本日のお昼ごはん

私はウユニ塩湖を横断してそのままチリに抜けるツアーに申し込むつもりでおりますので、
ここウユニがボリビア最後の町になります。

なので、もっとボリビア料理を食べなくてはと思い昨日はピケ・マチョを頂いたのですが、それが思った以上に美味だったので「なんだボリビア料理美味しいじゃない!」と大興奮のうちに頼んだこの一皿はメキシコ料理です。
美味しそうだったのでつい。



P1057835.jpg
結局利用できなかった憎しみのウユニ駅

腹ごしらえも済んだのでツアー会社を探しに行きました。
ウユニは小さい町な割にツアー会社は溢れるほどあります。
そしてそれ以上に、観光客が溢れています。ツーリスト用の町なのです。


さて、今回の目的地ウユニ塩湖についてですが、ご存知無い方も多いかもしれませんので解説させて頂きます。

ウユニ塩湖とは多分世界最大の塩湖で、真っ白の塩の大地が地平線まで続いていて美しいし、
美味しいお塩が取れるしでとても良い所なんじゃないかな〜と思います。
・・実は私もあまり知らないのですが、非常に人気の場所なんだと言う事はよく知っております。
また、その美しい写真も何度も見た事があります。
南米で出会う旅人達が必ずと言っていい程話題に出すのがここですし、
「クリスマスはウユニで!」「年末年始はウユニで!」など考える人も多く、かなり特別な場所の様です。

あと、私も最近知ったことなのですが、日本人と西洋人ではウユニに求めるものが違う様です。
日本人達の流行は、塩湖に薄い水がはった状態の「鏡張り」。時期で言うと雨期です。
一方西洋人に人気なのは、乾いた塩の大地なんだそうです。時期は乾期です。

「鏡張り」では、お天気に恵まれると青い空と白い雲が水面に映り込む景色が見られます。
まるで異空間にいるかの様な、空に浮かんでいるかの様な体験をできるんだそうです。
これに憧れ、多くの日本人が雨期のウユニ塩湖を目指すんだそうです。

一方、西洋人に人気の乾期では、真っ白な大地が地平線まで続いているので
いわゆる「トリックアート」写真を撮る事ができます。
人が立つ位置を調整して巨人と小人の様な写真を撮ったりするあれです。

どちらも楽しそうですが、雨期に行けば両方見られるそうです。
水が張っている場所と乾いた場所の両方を訪れることができるので。



ウユニ塩湖を見にいくには、個人旅行者ならツアーに参加するのが一般的です。
が、日本人に関しては、人数を集めランクルを一台チャーターして行くのが流行りの様です。
そちらの方が安く上がりますし、行きたい所に行けますし、
日本人なんかいくらでも集まるので気軽で楽チンとのことです。

・・・という感じの情報がいつも遅い私は、一人でツアー会社に頼みました。

そして、申し込んだ後宿に帰ったら

「一人で行くんですか!?」
「え、ツアーだと鏡張りの所行って貰えませんよ!?」
「星空は見なくていいんですか!?朝焼けは!?夕焼けは!?」


などとボッコボコにされてしまいました。

いいのです。
私は人見知りなので集団で行くより一人の方が・・・・え、鏡張りが見られない?

・・・ちょっと衝撃を受けましたが、いいのです。鏡張りなんてただの塩と水です。いいのです。

そもそも、二泊三日チャーターでチリに行く日本人集団はさすがにいません。
なのでこれは仕方の無いことなのです。

「え、僕も同じツアー参加しますけど、その前にチャーターで鏡張りとか星空とかちゃんと見て来ましたよ!
それ全部済ませてからチリ抜けするのが普通ですよ!?いいんですか見なくて!?」


い、いいのです。

「あ、いや、でももしかしたら鏡張りにも寄ってもらえるかもしれないので・・・」

お気遣いありがとうございます。
ではそれに期待することにしますので、もうそっとしておいて下さい。



さて、気を取り直して。

ツアーに参加する場合、一番人気があるのは日帰りツアーで塩湖のみを見て帰るものです。
が、私が参加する2泊3日のものは、塩湖の向こうにある乾いた大地や湖や火山まで見せて貰えます。
また、火山近くにある天然の温泉に入る事もできるんだそうです。
そして、各人の希望によりチリ国境付近まで行ってからウユニに戻るか、
別のバスに乗り換えてチリに抜けるかを選ぶことが出来ます。
チリ国境から、行き先のサン・ペドロ・アタカマという町までは1時間少々なんだとか。

が、これが現在、ちょっとした問題を抱えている様です。

個人的な趣味により今日もツアー会社10軒程を回って遊んでいたのですが、
どこで聞いても「温泉へは行けない」「その国境は通れない」「来た道を戻って別の国境を渡るんだ」「国境からアタカマは6時間くらい」「ピケ・マチョが好きです」「でもケバブの方がもーっと好きです」とか言われてしまうのです。

理由については、「時期じゃない」んだそうです。

何の時期?と疑問に思いましたが、私のスペイン語能力ではそこまでの情報を得る事が出来ません。
なので宿の日本人達に尋ねてみたところ、「国境付近でデモが起きていて通れないらしい」とのことでした。

デモの時期って何のこっちゃと思いましたが、
通れないものは仕方が無いので、明日からこのよく分からないルートの2泊3日ツアーに参加して来ます。




IMG_3766.jpg
本日の晩ご飯

伝統料理と書かれたページから選んだので多分ボリビア料理です。


<情報コーナー>

○ 2泊3日ウユニ塩湖横断チリ抜けツアー

本来は800ボリ前後で参加できるはずだが、上記の通り現在は高くなっている。
10軒程聞いたが、どこもアタカマ行きのバス代金込みで1050ボリ程度。
南の国境付近にある温泉やラグーナ・ベルデには行けず、来た道を引き返して別の国境を渡ることになる。
行き先はチリのサン・ペドロ・アタカマが一般的だが、より近いカラマという町で下りる事もできる。

私はBlue Line Tourというところで頼んだ。アタカマ行きバス代込みで1,050ボリ。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| ボリビア | 22:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |