2012年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年12月

| PAGE-SELECT |

コンドルに一番近い村へ移動

ツーリストインフォメーションといくつかのツアー会社に聞いたところ、
コルカ渓谷へは1泊2日のツアーで行くのが一般的の様です。
料金も、宿代込みで60ソル(1800円)くらいからあり、悪くなさそうです。

もちろん自分で行く方法もあります。
ツアーだと時間制限があり、コンドルを見られない可能性もあるので私は自分で行くことにしました。
今は雨期でコンドル出没率が下がるそうなので。
私はコンドルを見るまで絶対帰らんぞ!という覚悟です。


自分で行く場合のコルカ渓谷への最寄りの町はチバイかカバナコンデです。
カバナコンデよりチバイの方がアレキパに近く、町の規模もやや大きく、ついでに温泉があることから
ツアーではチバイに泊まることが多いようです。

しかしクルス・デル・コンドル(コンドルを見る展望台)へのアクセスが
カバナコンデからの方が容易なので、私はカバナコンデを拠点にすることにしました。
展望台までチバイからは2時間、カバナコンデからは30分なので。




大きな地図で見る
(A)アレキパ(B)チバイ(C)クルス・デル・コンドル(D)カバナコンデ


PB174939.jpg
本日のバス

アレキパからカバナコンデへ行くには4〜6時間かかります。
乗ったバスは結構立派でしたが、庶民の足バスで相変わらず生肉の匂いがしていました。
あとこういうバスに乗ると、ときどき隣りの人の足下の袋がガサガサ動いたりキュイキュイ言っていたりします。さあ何が入っているのでしょうか・・・まあ、どう考えてもハムちゃん(クイ)ですが。



PB174938.jpg

チバイです。こうして見ると大きな町ですが、聞く所によると割と小規模でのどかな町の様です。



PB174949.jpg

チバイを過ぎたすぐくらいにあった小さな村です。
だんだん日が暮れて来ました。



PB174951.jpg

バスの中で暇だったので沢山写真をとりましたがほぼ全てブレており、
後半は完全に日が暮れたので何も撮れませんでした。

が、実はチバイからカバナコンデへの道はかなりの絶景地帯です。
バスはコルカ渓谷の左脇をずっと走るので、日中に移動できる方は是非右側の席を確保して下さい。



IMG_3015.jpg
本日の晩ご飯

夜7時半頃、カバナコンデに到着しました。

バスで知り合ったフランス人2人組と一緒に宿を探し、なかなか良い条件の所に入れました。
フランス人はスペイン語がペラペラだったのでとてもラクチンでした。

本当はWi-fiが使える宿に入りたかったのですが、どうやらカバナコンデの宿にそういうのは無い様です。



本日の晩ご飯はリョモ・サルタードです。
先日も書きましたが、お肉とトマトとタマネギの炒め物です。

すごく口にあい、どことなく中華や和風の香りがするのでなんじゃらほいと思っていたら、
醤油を味付けに使っているお店もあるそうです。
日本のそれとは少し味が違いますが、たしかに醤油らしきソースがよく売られています。



明日はついにコンドルに会いに行きます。



<情報コーナー>

○ アレキパのバスターミナル

大きなターミナルが2つ並んでる。
(1)Terrapuerto Internacional がどうやら長距離バス中心で、
(2)Terminal Terreste が近〜中距離。多分。カバナコンデ行きのバスはこちらから出た。

○ カバナコンデの行き方

アレキパからダイレクトバスがある。チバイでの15〜30分休憩を入れて所要5〜6時間。
時間は、深夜2:00/朝6:00/14:00/15:30/16:30等がある。
ただし、時間はよく変更されるそうなので事前にツーリストインフォメーションで確認のこと。
運賃17ソル。土日は値上がりするとの噂あり。
日があるうちに移動できるなら是非右側の席を。コルカ渓谷などの絶景を拝める。

チバイで乗り換える方法だとバスの本数はかなり増える。
アレキパからチバイまで所要2時間半程度、チバイからカバナコンデまでも2時間半程度。
チバイのバスターミナルは小さいがバス会社の数は多い。

○ カバナコンデの宿

最終日にまとめます。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| ペルー | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |