2012年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年12月

| PAGE-SELECT |

ナスカに移動、の途中で少しだけ地上絵を見る

IMG_2895.jpg
本日の朝ご飯

ペルーの安宿の朝ご飯はだいたいこんな感じです。
このたまごがバナナに化けたりチーズに化けたりします。




大きな地図で見る

本日はナスカに移動します。
イカからナスカは2時間半と、大変近いです。なのでお昼頃からのんびり移動しました。
ちゃんとしたバスも出ていますが、今回は距離が短いので地元民が利用する中距離バスで行ってみました。



PB144719.jpg
ミラドール

ナスカ行きの道の途中にミラドール(展望台)があります。上の地図で言うところの(B)がそうです。
私はここでバスを途中下車しました。

この展望台に登ると、




PB144707.jpg

ナスカの地上絵を間近で見られるのです。

ここから見られる地上絵は「手」と「木」です。
写真に写っているのは「木」の方。
奥が幹で、手前が葉っぱの部分です。



PB144713.jpg

意外なことに、地上絵は近くで見るとただの線です。
大きな絵なので線は太いのですが、構造としては土の上に棒で引いた様な本当に単純なものなのです。

こんなものが何故何千年も消えずに残っているかと言うと、
ここは乾燥地帯で雨がほとんど降らないからなんだそうです。

また、この土は石灰質なため、僅かな雨水と風を受けて頑丈に固まっているそうです。

ただ、最近は気候の変化で雨が増え、地上絵の存続が危ういという話があります。
また、非常に残念なことに幹線道路の建設により傷つけられてもいます。




PB144724.jpg
ナスカのメイン広場にて

ナスカに到着しました。
ナスカの街中には至る所に地上絵の装飾が施されており、嬉しくなります。

また、地上絵にちなんだお土産物もたくさん売っています。
買いそびれましたが、小石に地上絵の形を掘ったキーホルダーが可愛いです。
これはミラードル前のお土産物屋の方が種類が豊富です。誰か買って来て下さい。コンドルのやつがいいです。



IMG_2951.jpg

IMG_2952.jpg
本日の晩ご飯

広場の近くのレストランで頂きました。
スープと鶏肉のセットです。

ペルーのスープはいつも大盛りで、
じゃがいもやパスタや謎ヌードルが入っていることが多いのでこれだけでかなりお腹がふくれます。
小食の方はセットではなく単品で頼むのが良いです。スープだけでも満腹になれると思います。


この後ツアー会社を回って、ナスカの地上絵を見る為のセスナの予約をして来ました。
明日は上空から地上絵を見ます。


<情報コーナー>

○ イカからナスカ

普通のバス会社も出しているが、ミラドールに寄るならローカルバスが安くて途中下車しやすい。
普通のバスなら確かナスカまで20ソル前後だったと思う。

(1)イカからミラドール(展望台)
イカ中心部にある「Soyuz」ターミナルからナスカ行きのローカルバスに乗り途中下車。
約2時間、10ソル。途中下車せずナスカに直接行くなら11ソル。
乗車時と、途中のパルパという町を過ぎたあたりでミラドールで降りる事を集金係に伝えた方が良い。

(2)ミラドールは2ソル。お土産物屋2、3軒とトイレがある。展望台の下で荷物を預かってくれる。

(3)ミラドールからナスカ
幹線道路を通るローカルバスを捕まえる。
私のときは、ミラドールの集金係の人が捕まえてくれた。
約20分、2ソル。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| ペルー | 22:29 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |