2012年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年10月

| PAGE-SELECT |

ルーマニアといえばドラキュラ伝説

遅くなりましたがドラキュラ伯爵の元へ挨拶に行こうと思います。

ドラキュラ城、もといブラン城は、
ブラショフからバスで4、50分の所にあります。

ドラキュラ城と言っても実際にドラキュラが住んでいたわけではもちろんなく、
小説のドラキュラのモデルになったヴラド伯爵だか公爵だかの元居城です。

ヴラド公も人の生き血を吸っていたという事実は別になく、
昼間も普通に活動し、元気いっぱい戦場に駈けて行って
敵兵を串刺しにして帰って来るというちょっと残忍なだけの普通の人です。

あとさっき「ヴラド公の居城」と書きましたが実際ここに住んでいたのは
彼のおじいさんであり、ヴラド公が住んでいた事実はないそうです。


ここまでくるとそれはもはやドラキュラ城ではないのではという気がしてきますが、
わざわざブラショフまで来てこれを見ない訳にもいかないので行って来ます。




P9019954.jpg

来ました。ブラン城です。
反対側のもう少し離れた所から見るともっと怪しげで格好良い姿をしているそうです。




P9010071.jpg

城の下にはお土産物屋さんが軒を連ねていました。
ドラキュラ城だというのにミステリアスさのかけらもありません。



P9019956.jpg

ドラキュラ城だけど十字架。

でも大丈夫です。ドラキュラ伯爵もといウラド公は人なので十字架もニンニクも怖くありません。
でも胸に杭を打たれたら死にます。ドラキュラじゃなくても普通死にます。



P9019960.jpg

P9010030.jpg

P9019967.jpg

お城の中は構造が複雑な為か怪しげな雰囲気がありました。
が、土曜だったので人が多すぎてその怪しさは活かされていませんでした。



P9019970.jpg

秘密の階段。

最近見つかったんだとか。こういうのはいいですね。ワクワクします。



P9019994.jpg

ドラキュラ伯爵はこの机で交換日記をしたためたんでしょうか。



P9010010.jpg

ドラキュラ伯爵はここでは寝ません。
光がさんさんと入って来るのでこんなところで寝たら日の出と共にご臨終です。



P9010002.jpg

一応申し訳程度にドラキュラに関する解説が置いてあります。



P9010004.jpg

これがヴラド公です。なかなかの吸血鬼顔ではないですか。

吸血鬼と言えば映画のインタビュー・ウィズ・ヴァンパイアが好きです。
トムクルーズは吸血鬼役をやるために生まれて来たんじゃなかろうかと思いました。



おわり。


芋洗いのごとく混んでいた事と、行く前にwikipedia先生にテンションを下げられた為に
つまらなさそうな感想を書いてしまいましたが、実際はかなり雰囲気のあるお城でした。
人の少ない平日に行けばかなり楽しめると思います。調度品も良いです。




P9010084.jpg

帰りのバスに乗り、ラシュノフという所で途中下車しました。
宿の人が「ここの城塞が格好良いよ。近くに洞窟もあるよ」と教えてくれ、
特に洞窟が聞き捨てならなかったので来ました。



P9010082.jpg

バスの車窓から見たらものすごく目立っていたので簡単にたどり着けるかと思ったら、
山の裏側からぐる〜っとまわって登らないといけないので結構大変でした。

バスを降りるときに知り合ったスペイン人女性と一緒に
「もうやめない?やめない?」と5分に一回泣き言を言いながら頑張りました。



P9010124.jpg

P9010116.jpg

城塞の中は村みたいになっており、崩れた石の建物とお土産物屋さんのミスマッチが面白かったです。
でも退廃的な雰囲気と青い空とお花は合っていて、すごく好きな感じの場所でした。



この後洞窟に行くつもりだったのですが、帰りのバスは午後4時が最終だと言われてしまい
この時点で午後3時半だったので断念しました。
ラシュノフとブラショフはすごく近いですし、多分もっと遅くにもあると思うのですが
本当にこれが最終だった場合めんどうな事になるので仕方ありません。


帰りのバスを待っていたら昨日のウォーキングツアーで一緒になったトルコ人夫妻と再会しました。
そしてトルコ旅行の話で盛り上がっていたら帰りのバスが横を通り過ぎて行き、
4人で必死で追いかける羽目になりました。何故か10分早く来たので油断していたのです。

ゼエゼエ言いながらも無事乗る事が出来、5分程して息が落ち着いて来た頃
旅行者らしき別の男性が叫びながら追いかけて来てギリギリ乗車して来たので、
4人で仏の様な笑みで迎えました。
「わかりますよその辛さ。良かったですね乗れて・・」の笑みです。

さらに5分程して、また別の男性が追いかけて来てギリギリ乗っていました。
さっきと同じ笑みで迎えたら「えっ何?」って顔をしていました。
大丈夫、きっとあなたも5分後この笑みになります。

最終バスに乗ると世界が一つになるという事がわかりました。


<情報コーナー>

ブラン城の行き方:

○ ブラショフから

アウトガラ・ドイ(バスターミナル)から30〜1時間に1本くらいの間隔でブラン行きのバスが出てる。
ターミナルは町の中心からは12番のバスで15分くらい。ターミナルからブラン城は40分強。

○ ブカレストから

ブラン城とシナイアのペレシュ城を周る1日バスツアーがある。私が見たのは45ユーロだった。
自力で行く事も可能だが両方回ろうとするとかなり計画的に動かないと時間的にきつい。
片方ずつなら十分可能。
料金は自力で行った方がやや安い。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| ルーマニア | 22:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |