2012年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年07月

| PAGE-SELECT |

モスクワ4日目/モスクワ地下鉄駅めぐり&サンクトペテルブルクへ

今日は地下鉄めぐりをして遊びました。

モスクワの地下鉄はとても美しいと評判で、宮殿のように煌びやかな駅が沢山あります。
また、一回26ルーブル(65円くらい)の一律料金なので使いやすいです。改札を出さえしなければ、路線をまたいでどこまででも行けます。



098.jpg
地下へのエスカレーター

モスクワの地下鉄はものすごく深いところにあります。
核シェルターとしても使えるようにとかなんとか。

しかもスピードが結構速いので、モスクワ到着直後に大荷物を抱えて乗った私はバランスを崩しかけました。すんでのところで踏みとどまりましたが、あやうく奈落の底まで転がり落ちるところでした。私の腹筋と大腿筋グッジョブです。

モスクワの地下鉄は、かなり使いやすいと思います。構内は薄暗くて深くて迷路のように入り組んでるので不気味ですが、案内表示は分かりやすく出ているので迷うことはありません。ロシア語表記のみなので、「BbXOД ヴイハト/出口」というロシア語だけは知っておいた方がいいです。さもなくば一生出られないのではという恐怖を味わいます。ほんと怖かったです。

列車のスピードは結構速く、すごく揺れます。あと路線にもよるんですが多くの電車は入り口のドアがギリチョーン!とすごい勢いで閉まるのでよく死人が出ないなと感心します。いや、出ているのかもしれませんが。

地下鉄構内は撮影禁止と言われていますが、私は撮りたいだけ撮ってきましたが捕まっていません。いやバレてないだけだろうと思い、試しに警官の真横でおもむろにカメラを取り出し撮影に勤しんでみましたが不問でした。なので、おそらく撮影しても大丈夫ないのではないでしょうか。他にも撮っている人はいましたし、地下鉄めぐりツアーなんてのもあるくらいですし。

ただフラッシュは駄目らしいのと、特に装飾されていない普通の駅で撮影していると目立つので、一応まわりの様子を見てから行動した方が良さそうです。




以下、私がまわったうち一部の駅の写真です。
駅名と写真を照合しながら回ってはいたのですが、途中で分からなくなったので間違ってるかもしれません。あしからずっとな。


100.jpg
5号線コムソモーリスカヤ駅

私が見た中では一番豪華絢爛な駅でした。この横を地下鉄がビュンビュン走っていきます。
馬車でも走ってたほうがよほど似合います。


101.jpg
5号線キエフスカヤ駅


102.jpg
3号線スラヴィヤーンスキー・プリヴァール駅

世界の美しい地下鉄駅ランキングの8位に入っているそうです。
映画のファンタスティックプラネットを彷彿とさせる異空間で、どことなく空気もひんやりしています。降りた瞬間「おお・・」とつぶやいてしまうこと請け合いです。私はここが一番好きです。


103.jpg
3号線アルバーツカヤ駅


104.jpg
3号線ブローシャチ・レヴォリューツィ駅


3時間くらい遊び倒しましたが、まだまだ全然まわりきれませんでした。
時間の無い方は、5号線(環状線)をぐるっと回るだけでもかなり満足できると思います。




地下鉄巡りの合間にサンクトペテルブルク行き寝台車のチケットをもらいに行きました。

サンクト行き列車はレニングラード駅という所から出ます。これはシベリア鉄道が到着したヤロスラヴリ駅のすぐ隣にあります。該当のチケット売り場はどれなのかと迷いましたが、例の善良な外国の少女を偽ったメモを人に見せながらなんとか辿り着きました。正面入り口から見て一番奥にありました。ウラジオストク駅の券売所といい、何故一番重要なものを一番分かり辛いところに作るのでしょう。



今回は券売機を使って発券してみました。

窓口に並んでいるときにふと横をみたら謎の機械があり、そこに表示されている「14ケタの数字」という文字だけ読むことができたので、「そういえば予約番号が14ケタくらいじゃなかったか」と思い試してみたのです。
結局ロシア語表記のみで分からなかったので、近くにいたお洒落なご婦人に助けて頂いて無事チケットを手にすることができました。

この券売機、予約番号を入れ、発券ボタンを選び、パスポート番号を入れ、OKボタンを押すという簡単な操作で発券できるので、英語表記さえあれば外国人旅行者には大変ありがたい存在になれると思うのですが、何故頑なにロシア語表記のみなのでしょうか。こっちだって拙いロシア語で窓口の人を困らせるより自力でなんとかしたいのに。

そういえば、地球の歩き方によると地下鉄チケットの券売機も
「あるにはあるがたいてい壊れている」んだそうで。

直しなさいよ。




そんなこんなで、夜はまた深夜特急に乗ってサンクトペテルブルクに向かいました。
今回乗った謎の寝台車A64は、乗ってみれば普通の寝台車でした。シベリア鉄道よりやや奇麗だった気がします。1泊しかしないので汚れなかったというのもあると思いますが、デザインもなんか小奇麗な気がしたのです。写真は撮れませんでした。はやくも多くの方が乗り込んでいたので。

予約時は「寝具なし」と書かれていたのに、実際はあったのは助かりました。
おかげさまで朝までぐっすり眠らせて頂きました。




105.jpg
本日のお昼ご飯

昨日なんとか寺院だか教会だかで願ったかいあって、ケバブにありつくことができました。
私が思っていた野菜たっぷりケバブではありませんでしたが、とても美味しかったです。



106.jpg
本日の晩ご飯

グム百貨店内のファミレスで頂きました。ボルシチ、タマネギ入りのピロシキ、キノコのサラダ、ジュースで500円くらい。全部美味しかったですが、ボルシチはシベリア鉄道の食堂車の方がだんぜん美味しかったです。まあお値段も3倍くらい違うので仕方ないです。
私帰国したらロシア料理の本買おうと思います。食べるものが全部美味しいんです。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| ロシア | 23:06 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |