| PAGE-SELECT |

世界遺産コロニア・デル・サクラメント

世界遺産とか実は興味なくてそろそろブエノスに帰りたくなっているんでしょう。
その通りです。
このエセ旅人!もう離婚よ!



P5250866.jpg

コロニアは並木道の美しい町でした。



P5250862.jpg

P5250889.jpg

こんな古き良きお洒落カーがそこらじゅうに停まっています。
しかも、どうやら現役です。



P5250871.jpg

自転車も妙にお洒落。



P5250942.jpg

壁のらくがきもお洒落。



P5250944.jpg

でも拡大するとホラー。



P5260962.jpg

P5260970.jpg
本日のお昼ご飯

今日もハンブルゲサです。安くて美味しいウルグアイのハンブルゲサ。
これは400円くらいするので全然安くないですが、美味しいのは本当です。



P5260959.jpg
チャリンコバイク

これ欲しいですサンタさん。

チャリンコなのですが、小さなエンジンが付いておりバイクの様に走らせることもできるスグレモノです。
つまり、こぎたいときだけこぎ、鬼坂とかが現れたときはエンジンをかければいいわけです。
これさえあればケウラット峠もガリバルディ峠も上野山荘とスーパーの往復も楽々です。

今はチャリンコがあるので浮気は出来ませんが、
日本に帰ったら是非コレを買いたいと割と本気で思っています。
日本に売っているのかどうかは知りませんが。



P5250894.jpg

P5250900.jpg

P5250921.jpg

博物館とかもあるのですが残金が数百円しかないので入れず、
暇を持て余して町中の野犬をなで回しながら歩きました。


で、たったの数時間を必死の思いで潰し、フェリーに乗って、
大金と共に無事ブエノス・アイレスに帰って来ましたとさ。

特に感慨もなくウルグアイ編おわり。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| ウルグアイ | 22:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

コロニアに移動

本日はコロニア・デル・サクラメントに移動します。
で、そこで1泊して、明日ブエノスに帰ります。



P5250852.jpg
なんか公園

トドメにドルをいくらか下ろし、ここでの目的は終了です。
今3人合わせるとちょっとシャレにならない金額を持っています。
あとはこれを無事ブエノスまで持ち帰り、闇両替親父の頬をパーンするだけです。




P5250850.jpg

IMG_5726.jpg
本日のお昼ご飯

本日のお昼ご飯もハンブルゲサです。


よく分かりませんが、ギガンテとかいう
何だかギガンテな印象のハンブルゲサがあったので頼んでみました。

写真では全く伝わらないかと思いますが、色々入っていて分厚くて美味しかったです。
ボリューミーな分お値段もギガンテでしたが。



P5250854.jpg

で、そのままターミナルに行き、コロニアに移動しました。



P5250858.jpg
本日の宿

翌朝撮った写真ですが、本日の宿です。



IMG_5731.jpg
本日の晩ご飯

今日も節約お夕飯です。
昨日3人で800グラム作って足りなかったので、今日は1キロになりました。
走ってないのに食べる量は変わらないので、身に蓄積される一方です。


<情報コーナー>

○ コロニア・デル・サクラメントの宿

Hostel Colonial
住所:Av. General Flores 440, Colonia del Sacramento

ターミナルから徒歩3分くらい。旧市街にも近い。
ドミ一泊300ペソ、キッチン、Wifi、朝食付き。
中庭が広くて良い感じ。キッチンは道具少なめ。自転車無料レンタルをやってる。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| ウルグアイ | 22:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

モンテビデオ観光と、シティバンクから恐怖の電話

朝食を食べて腹ごしらえをし、昼過ぎまでまったりした後まずは銀行へ。
今日ももりもりドルを下ろし、昨日の分と合わせると結構な金額になりました。
道端で襲撃されないかとヒヤヒヤです。

パソコン購入費その他もろもろだけならこんなに要らないのですが、
どこの国に行くにしてもドルを持っていて困る事は無いので、ちょっと多めに下ろしました。



P5240834.jpg

大金持ちになってウヘヘの後は、モンテビデオ観光へ。
さすが主都なだけあって大きなビルが沢山あり、しかしよく掃除されていて、なかなか好印象な町でした。



P5240843.jpg

歩行者天国蚤の市みたいなところを歩きました。
手作りの品が沢山売られており、観光客慣れした売り人達が
スペイン語やら英語やら、ときに日本語やらで話しかけてきます。



P5240842.jpg
メルカド

本日のお昼ご飯はパリージャ!肉祭り!

と思っていたのですが、高くて手が出せませんでした。

ウルグアイでのお小遣いは宿代交通費含め2,000ウルグアイペソ(1万円くらい)。
4日間で1万円ってこれかなり豪遊できるんじゃないの?とか言っていたのに、
2日目にして早くも財布が軽くなっているのです。

移動費と宿代が思ったより高かったのと、昨日バイキングなんて行ってしまったからです。
自力移動と野宿と自炊に慣れたチャリダーライダー3人集は、
旅費計算もマトモにできない駄目な子達なのでした。



IMG_5718.jpg
本日のお昼ご飯

パリージャが食べられなかった為に腹が減って悲しい気持ちになっていたら、
移動販売ハンバーガー屋さんを発見しました。

ハンバーガーはスペイン語でハンブルゲサと言います。
ハンブルゲサ1個45ウルグアイペソ(210円くらい)でした。
ああ手が届く値段・・・ありがてえありがてえ



IMG_5722.jpg
本日の晩ご飯

遠足2日目にして金欠という悲しい状況ですので、宿でパスタを茹でて節約夕飯です。
でも箱ワインは買います。アルゼンチンよりだいぶ高いので悩みましたが。
そして暴飲暴食しながらお隣の国の違法動画サイトであまちゃんを見ました。
ブエノスにいるときとやってることは変わっていません。



深夜まで飲んだ後、宿のWifiを借りてメールチェックをしていたら
シティバンクからメールが来ていました。

「お電話しましたが繋がらず(省略)早急に確認したい事がございますので、折り返しお電話ください」

だそうです。

何なに今度は何怖あああああああああああ

と思いながら電話しました。

何度か書きましたが、
私は今クレジットカードが全て不正使用の為に使えなくなっており、
旅の資金を得る手段はシティバンクカードしか無いのです。

このカードまで何かしらの理由で使えなくなったら、完全終了です。

なんだろうまた不正使用かな・・・怖い・・・どうしよう・・・

とドキドキしながらも、実は、心当たりがあります。
とりあえず電話です。


「お電話頂いた様なのですが。」
「(確認中)・・はい、低橋様ですね。実は、低橋様のカードに不正使用の疑いがかかっております。」
「そうですか。」
「昨日と今日、ウルグアイで大量の現金引き出しが行われておりまして・・」

「はい。ものすごく身に覚えがあります。」


昨日今日のドル引き出し祭りの詳細を口頭で説明する私。

「・・全件確認致しました。すべて低橋様ご自身で行われた引き出しということですね。」
「はい、全て私の犯行です。むしゃくしゃしてやりました。すみませんでした。」



かくして不正使用の疑いは晴れ、一安心・・・とはいかず、この後が大変でした。

不正使用の疑いがかかった時点で安全確保のためカードは使用停止状態にされるそうで、
私のカードは今、使えなくなっているそうなのです。
ですので、疑いが晴れた今、再び使える状態にしてもらう必要があります。

が、これがなかなか大変な作業で、
厳重な本人確認をし、ロック解除作業を行わなければいけないようなのです。

私に色々な質問をし、パソコンに打ち込んでいるらしきオペレーターのお姉さん。
詳しい事は知りませんが、どうやら、何件もの質問と答えを照らし合わせ、
十分な本人確認ができないとロックが外れないようなのです。

名前や生年月日や住所などの質問はもちろん、
カード発行時に申請した特別な何かの番号(覚えてない)や、
ドル引き出し祭り以前の使用履歴の確認(覚えてない)や、
現在私の口座に入っている残金がいくらなのか(覚えてない)など。

ほぼ何も覚えていない私のカードのロックを外すのは、
ものすごく大変な作業でした。(お姉さんが。)



結局、電話を始めてから約1時間、質問地獄を始めてから40分くらいを費やし、
なんとか、セキュリティロックを外してもらうことに成功しました。

「あ、やりました!外れました!」
「そうですか!ありがとうございます!」
「いえ!良かったです!ありがとうございます!」
「ありがとうございます!」

電話の向こうのお姉さんと、心の中で固い握手を交わした瞬間でした。


皆さんも大金引き出し祭りをする際はご注意を。
やる前にカード会社に電話をしておいてください。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| ウルグアイ | 22:01 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

ドルを下ろしにウルグアイまで


大きな地図で見る

今日から4日間、ウルグアイに遠足に行きます。
目的はただ一つ、ドルを下ろす事です。
「ちょっとウルグアイでも見てやるかい」という気持ちもあります。
一応、世界遺産の町と主都を見ます。



P5230825.jpg
フェリー

ブエノス・アイレスから一番行きやすくて人気のあるウルグアイの町は、
コロニア・デル・サクラメントという世界遺産の町です。
ここにはフェリーで1時間で行けます。

先ほど「目的はドルを下ろす事」と書きましたが、
コロニアに行く観光客やアルゼンチン人の多くが同じ目的を持っています。

数日前の日記にも書きましたが、アルゼンチンは現在経済崩壊を起こしかけており、
アルゼンチン人達は自国通貨ペソよりも外貨ドルを欲しがります。
アルゼンチン国内でも一応ドルを下ろせるATMはあるのですが、
こうした状況から、銀行もATMも常にドル不足でなかなかこれを入手することができません。
なので皆、手軽に行ける隣国ウルグアイでドルを手に入れようとするのです。

なお、南米のうち私が行った国の中では、
ウルグアイの他にエクアドル、ペルー、ボリビアでも手軽にドルを下ろす事が出来ます。
多分他にもありますがよく知りません。



P5230824.jpg
フェリーの窓から

雨が降っており、景色も別に良くなかったのでぐっすり寝ました。
ら、あっという間にコロニアに着きました。

入国審査は何故かフェリー出港前のブエノスで行われ、
そこで既にハンコを貰っていたのですが、
コロニアのターミナルで入国カードの回収がありました。
順番が滅茶苦茶ですが、まあ楽に入れるにこしたことはありません。

で、無事コロニアに着きましたが、予定を変更してこのままモンテビデオに行く事に。
お天気が悪かったので、世界遺産の町コロニアを今日見るのは勿体無いかなと思った為です。

モンテビデオはウルグアイの主都です。
コロニアからバスで3時間で行けます。

特に何があるわけでもなく、モンテビデオへ行く目的もまたドルを下ろすことです。
皆が皆コロニアにドルを求めに行くので、ここのATMもまた空になりがちだそうなのです。
皆朝一のフェリーでコロニアに渡り、走って銀行に行き、ドル争奪戦をするんだとか。
が、さらに3時間行った場所、そして主都ともなれば、そんな戦いに身を投じる必要も無いそうで。

時間はあるし、確実にドルを下ろしたいし、せっかくなので主都も見たいし、
というわけでモンテビデオにも足を伸ばすことにしたわけです。



着いた時にはすでに暗かったので写真は撮りませんでしたが、
夕方18:00に主都モンテビデオに到着しました。

さっそく目星を付けていた宿にチェックインし、フラフラと町へ。
腹も減りましたし、銀行に行ってドルを下ろしたいです。

別に明日にすればいいじゃないの〜と私も思いますが、
私が持っているシティバンクカードは1日10万円までしか下ろせないのです。
PC購入費やその他諸々の為にちょっと多めにドルが欲しい私は
何度も通わないといけないので、とりあえず早めにやっておこうと思いまして。
1日の区切りが日本時間なのか現地時間なのか何なのかも分かりませんし。
(※ 後日知った事ですが、どうやら日本時間です。)

で、無事いくらかのドルを入手してお金持ち気分になったので、そのままお夕飯へ。



IMG_5711.jpg
本日の晩ご飯/とりあえずサラダと牛タンマリネとビール

バイキングでございます。
宿の近くにあり、実にうまそうだったのです。
外食なんて久しぶりです。


IMG_5713.jpg
サラダ2と鶏肉の何か


IMG_5715.jpg
目についたもの盛り合わせ


IMG_5714.jpg
中華っぽいものとよくわからないもの盛り合わせ


IMG_5716.jpg
デザート

興奮しすぎて写真を忘れた様ですが、パリージャもいっぱい食べました。
パリージャとは、網焼き肉祭りのことです。
目の前で焼かれる肉達を指さすと、お皿に山盛り乗せてくれるのです。

至福の時間でした。


<情報コーナー>

○ ブエノスアイレスからコロニア・デル・サクラメント

フェリー往復393アルゼンチンペソ(片道購入ももちろん可能)、片道約1時間。
会社はいくつかあるが、これは3社聞いたうち一番安かったところで、Colonia Expressという会社。
時期や出発時間によっても値段は様々。
上の会社は、朝から夕方まで1日3便出している様だった。

○ コロニア・デル・サクラメントからモンテビデオ

フェリーターミナルとバスターミナルは近く、徒歩3分ほど。
モンテビデオ行きバス片道254ウルグアイペソ、約3時間。
1時間に1本くらい出ている。

○ モンテビデオバスターミナルからセントロ

市バス21、64,187のどれかに乗り、プラサ・インデペンデンシアあたりで降りる。

○ モンテビデオの宿

Hosteling International
住所:Canelones935, Montebideo

ドミ1泊250ペソ。Wifi、キッチン、朝食付き。
広くて綺麗で良かった。キッチンはちょっと狭めで、調理器具少なめ。スタッフの人が親切。

○ ウルグアイでのドル入手

コロニアで下ろす場合は朝一で行く必要あり。モンテビデオなら銀行が山ほどあるので、いつでも問題なし。
ウルグアイのATMは一回300ドルまでしか下ろせず、そのたびに手数料が6ドルかかる。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| ウルグアイ | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |