| PAGE-SELECT | NEXT

弓場農場到着


P8170255_2013091611563187b.jpg

今日はあと60キロほど走れば弓場農場に着きます。

ラスト60キロをしっかり走りきるために、
いつもより念入りに乗車前のチェックをし、
いつもより丁寧に荷物を積みました。

そして全部積み終わった後でブルーシートを入れ忘れたことに気づき、
やり直したら完全にやる気をなくしたので結局いつもどおりの適当な積み方になりました。



P8170256.jpg

ちょっと走ったらすぐにアンドラジーナに着きました。

昨日見た標識ではここまで10キロのはずでしたが、
今日見かけた標識では「残り7キロ」になっており、
実際走った距離は13キロでした。

南米の道路標識は大らかです。
10キロ未満の間違いなど間違いのうちに入りません。



P8180257.jpg

これまで走ってきた道から外れ、国道300号線に入りました。
ここをあと35キロほど走ると、弓場農場への分岐にぶつかります。
調子に乗って600キロほど走ると、サンパウロに辿り着きます。

昨日までの道は路肩が凸凹で走りづらかったのですが、
300号線は非常に綺麗に整備されており、急に走りやすくなりました。

綺麗な料金所もありました。
今日はもうこのまま弓場に着くので用はありませんが、
宿泊するにはもってこいな感じです。

などと考えながらそのまま通過したら警報が鳴り、ビビリました。

慌てて係員の方を振り向いたら、
係員のおばちゃん全員が爆笑の渦に包まれていました。

なんだかよく分からないけど楽しそうで何よりなので、そのまま立ち去りました。



023_20130916121216051.jpg
ポテチとジュース

ここでお昼休憩。

無性にポテチが食べたくなったため、
先ほど通り過ぎた町、アンドラジーナで買っておきました。

道の脇の木陰でポリポリやっていると、
目の前にある柵から牛が一頭脱走しました。

牛と目が合いましたが、私には何ともしようがないのでそのまま見送りました。

そして5分ほどすると、今度は坂道の上の方からおじさんが走ってきました。

「バカ!?」
「誰が馬鹿だコラ」


と一瞬喧嘩を買いかけましたが、
よく考えたら「バカ」はスペイン語で「牛」のことです。
ポルトガル語でも多分そうです。

なので「むこうに行きましたよ」と教えてあげると、
おじさんは「オブリガード(ありがとう)!」と叫んで坂を駆け下りていきました。

忙しい国だなと思いました。



P8180258_20130916120850e8d.jpg

300号線からアリアンサ地区への分岐を曲がり、



P8180260.jpg

さっきまでより細くなったのどかな道を4.5キロ走り、


P8180261.jpg

弓場農場に到着しました。

チャリ旅4、ついにゴールです。

5でしたっけ。

忘れましたが、まあ何でもいいです。



P8180263.jpg

弓場農場のメイン広場へは、
こんな砂の道を300メートルほど進まなければいけません。

チャリでここを走ると砂に足を取られてあっという間に転倒するので、
ここはチャリを降りて押して歩きました。

チャリを駆り颯爽と登場するとそれはもう格好良いと思うのですが、
実際のところはゼエゼエ言いながらチャリを押す旅人一人、行き倒れ寸前の到着です。




P8180262.jpg

と思ったら弓場農場はここではありませんでした。
しばらく進んだのですが人の気配がなく、引き返してきました。

砂に埋まりながら必死にチャリを押して歩いた軌跡が残されております。

弓場農場は一体どこにあるんでしょうか。
看板を見る限りこのあたりのはずなのですが、
1本前の道に入ってしまったのでしょうか。



P8180264.jpg

と思ったらやっぱりここで合ってました。

来た道を戻りきったところで地元の少年達が通りかかったので、

「弓場農場ってどこ?」
と聞いたら

「ここだよ」
と、彼らは私が戻ってきた道を指差していました。

砂に足を取られながらの300メートル、再びです。
私は何故さっき「弓場はここではない」と判断してしまったのでしょうか。
そんなだから道を間違えたり道に迷ったり人生に迷ったりするのです。
いい加減にしてほしいですこのおバカ(牛)!



024.jpg
今日からの寝床

弓場農場に着きました。

メイン広場に着く30メートルほど手前で豪快に転倒し、
砂を吐きながらこの世の全てを呪っていたら通りすがりのブラジル人に助けられ、
代わりにチャリを押してもらえました。

チャリ旅4(または5)、謎のブラジル人と共に感動のゴールです。



メインの食堂にいた弓場の女性達は笑顔で私を迎え入れてくれ、
美味しいおにぎりを食べさせてくれました。

人の気配が全く無かったのは、
今日はアリアンサ地区の野球大会が催されており、
住民のほとんどが出かけているからでした。




今日からしばらくこの弓場農場に滞在します。
今回はちょっと長め、だいたい1ヶ月くらいの予定です。

と、この記事を書いている時点ですでに1ヶ月が過ぎておりますが、
もうしばらくは出る予定はありません。

農作業のお手伝いに追われる忙しい日々を送っておりますが、
そんな日々の日記を少しずつ更新して参りたいと思います。


<情報コーナー>

○ アンドラジーナ手前のガソスタ~弓場農場/60キロ

13アンドラジーナ入り口。入り口はここから17キロ地点までの間にいくつもある。17キロで300号合流、右折。町に寄り道して戻ったところでメーターは22キロ。48ガソスタ、54アリアンサ入り口左折。59弓場農場入り口、砂の道300mほど進んでメイン広場と食堂。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| チャリンコ旅 | 22:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

私のテントに何をする


013_20130907104450143.jpg
本日の朝ごはん2

ぐっすり寝たおかげで、昨日までの疲れが吹っ飛びました。
流石はベッドさんです。

爽やかに目覚めた後は、昨日の夕飯の残りで朝ごはんを済ませましたが、
食べた後でこの宿は朝食付きだということを知りました。

もちろんこちらも食べます。




P8160236.jpg

P8160237.jpg

町を出て国道沿いに復帰しました。

9日間走り続けたかいあって、もうゴール間近まで来ております。
標識にあるアンドラジーナという町は弓場農場から約40キロなので、
もうあと160キロ程度でゴールということです。
明日の午後には到着できそうです。



P8160238.jpg

5キロほど走ったところでブレーキがキーキーやかましいことに気づき、
ブレーキゴムを見てみたら中身がベロンチョしていたので交換しました。

走り始めた当初はアウストラル街道(1,200キロくらい)しか走らないつもりだったので、
代えのパーツなど何も持っていませんでしたが、
うっかり6,000キロほど走ってきてしまったので色んなところがガタガタです。

最後は売るつもりだった安物の自転車ですが、
半年も付き合っているので流石に愛着が沸いてしまっています。
扱いは雑ですが。




P8160244.jpg

今日も相変わらず登ったり下ったりの繰り返しです。

気温も高いので体力は削られる一方で、
今日はもう短めで終わらせようかな・・・と考え始めたタイミングで
ココナッツジュースの屋台を発見したので寄ってみました。



015_20130907104448915.jpg

こちらです。

ココナッツの実に専用の機械で穴を空け、
そこにストローを刺して中に入っている天然のジュースを飲みます。

私は今回初めて飲みましたが、適度な甘みとまろやかな酸味が効いた不思議な味でした。
ココナッツはまるごと冷蔵庫で冷やされていたため、ひんやり冷たくてとても美味しかったです。




017_201309071046127da.jpg

ジュースを飲み干した後は実を真っ二つに割ってもらい、
種の中身をくり抜いて食べました。
こちらはほんのりココナッツミルクの味。
あまり甘みは無いので、蜂蜜か何かつけて食べたい感じでした。


そしてびっくりしたのが、この後の体力の回復っぷりです。
先ほどまでグダグダゼエゼエ走っていたのに、
急に時速20キロ超えで坂道を登りだす自分にドン引きしました。

後から聞いた話なのですが、ココナッツジュースは実は栄養満点なんだそうです。
「点滴するのと同じくらいの栄養があるのよ」とのこと。

皆さん、時代はココナッツです。
お見舞いにはメロンではなくココナッツを持ち込むのが良いと思います。



P8170252.jpg
本日の寝床

ココナッツパワーで疾走し、本日も無事ガソスタに辿り着くことが出来ました。

目星を付けていた町への分岐に無かったため久々に沢山走らされましたが、
「5,6キロ先にあるよ」と聞いたのに実際は追加15キロ走らされましたが、
最後まで容赦なくアップダウンに責められ続けましたが、
一応暗くなる前に着けたので良かったです。


テントを張っていたら、暇を持て余した店員さんがフラフラと近づいてきました。
割といつものことです。
会話の内容もだいたいいつも同じです。

が、

「どこへ行くんだ?」
「アンドラジーナです」

と答えたのは間違いでした。

アンドラジーナは、弓場農場の40キロほど手前にある町です。
ブラジル人の皆さんは弓場農場はご存じないだろうと思い昨日までこう答えてきたのですが、
10日間せっせと走って来たかいあって、今日到着したこのガソスタはアンドラジーナの10キロ手前なのです。

「どこへ行くんだ?」
「アンドラジーナです」
「今日行けよ」

って話です。



P8170252.jpg
本日の寝床(第一案)

今日は寝床確定に時間がかかりました。

どこにテントを張ればいいか店員さんに聞いたらお勧めされたのがこの場所、レストランの裏なのですが、
テント設営後にレストランの店主さんにNGを出されてしまったのです。
店主さんの許可無くこの場所をお勧めして来たガソスタ店員さんの自由っぷりに驚愕しました。


仕方が無いので奥にある建物(女子トイレ)の裏に引っ越したのですが、
そこは地面が斜めになっており、寝心地がいまいちでした。

泣く泣く、二度目の引越しです。
もう日は暮れていて真っ暗なので、非常に面倒な作業です。



P8170254.jpg
本日の寝床(最終案/翌朝撮影)

結局、最初のレストランから50メートル以上離れたところにある
男子トイレの裏に寝床を構えることと相成りました。

本当はもっと奥にある別の建物の裏にしようとしたのですが、
その建物は誰かが使っている気配がありテントを張りづらく、

仕方が無いので男子トイレの裏の林の中に張ろうとしたら
車が入ってきてテントごと轢かれかけ、

苦肉の策として、
男子トイレの壁にできるだけ接近してテントを張りました。

あ~やれやれ・・・とテントの中に入りため息をついたときには、
時刻は20:00を回っていました。


そしてその直後、疲れた心身にトドメを刺す出来事が。


テント内でぐったりしていたら、何やら人の足音が近づいて来ました。

ビビる私。

どんどん近づく足音。

テント前で止まる足音。

息を潜める私。


響く水温。

私のテントに立ちションしている誰か。

のおおおおおおおおおおおおおお 

何すんじゃい
許すまじブラジル人
いやブラジル人か知らんけど
とにかく許すまじ
いやほんと止めて下さいそういうの




怒りと悲しみを通り越して虚しい気持ちになりながらテントを洗っていると、
また新たな訪問者が現れました。

なんじゃいまた立ちションかトイレに行けコノヤロー

と思いながら顔を上げると、
先ほどのレストランの店主さんと店員さんが立っていました。

何を言っているのかはよく分かりませんでしたが、
何故か、夕飯をご馳走してくれました。

美味しいステーキとフライドチキンとごはんと、豆のスープでした。

心と体が温まって、
ブラジルの人って本当に優しいなと思いました。

でも立ちション野郎は許すまじと思いました。


<情報コーナー>

○ プレジデンテ・ヴェンセスラウ~ノヴァ・インデペンデンシア近くのガソスタ/112キロ

3キロ走って国道に復帰。51分岐。52、65ガソスタ。66トゥピー・パウリスタ入り口。97ノヴァ・インデペンデンシアへの
分岐。112ガソスタ。路肩は広いが、穴が開いていたりボコボコで走りづらい。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| チャリンコ旅 | 22:47 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

ホテル泊万歳


P8150210_20130901224748a83.jpg

町を出て国道沿いに復帰しました。
本日の目標は78キロ先の町です。

それを過ぎると50キロ近く町は無いですし、
ここまで順調に来られているので急ぐ必要もありません。



P8160212_20130901224747c03.jpg

今日の道はほぼ何も無かったです。

これまでは長くても2.30キロに一回は町なり集落なりガソスタなりあったのですが、
今日は途中で一度町への分岐がある以外はずーっと何もありませんでした。
ガソスタが一軒ありましたが、潰れてるっぽかったですし。

とは言っても民家や農家っぽいものはあるので、アルゼンチンのような絶望感はありませんが。

アンデス越えをしているチャリダーさんなんかは、もっと何もなくてキツイ旅をしているんでしょうね。
アジア横断とかアメリカ横断とかも、場所によっては本当に何も無さそう。

でもキツければキツイほど、それを越えた後の感動もひとしおなのでしょう。
今はそれが少しだけわかる分、憧れる気持ちがあります。




P8160219_2013090122474777c.jpg
昼寝

ガソスタ休憩が出来ないのでその辺の道端に腰を降ろしてお昼休憩です。
木陰もないのでチャリの影に収まって。

今日は途中でパンでも買おうと思っていたのに、
町が無いのでクッキーをサクサクやるくらいしかできません。
わびしいです。腹に溜まりません。


朝早く出たのに目標まで80キロも無いので、今日はすごく余裕があります。
なのでそのまま昼寝しました。

車が応援のクラクションを鳴らしてくれる度にビクッと起きるので、スッキリはしませんでしたが。



P8160220.jpg
プレジデンテ・ヴェンセスラウ

目標の町に着きました。

国道沿いにガソスタがあると助かるのですが、無くてもまあ町の入り口あたりにあれば行きやすいです。
まだ時間も早いので、スーパーで買い物したりなんかして町泊をエンジョイしたいと思います。

・・・思っていました。



狙っていた国道沿いにも、町の入り口あたりにもガソスタが無かったのです。

なので仕方なく町の中まで入りましたが、一軒見つけたのは町の中すぎて人で溢れ、
もう一軒見つけたのはちょっと治安が気になる雰囲気の場所にありました。

どちらもキャンプに向かなかったので、
今度は私が走ってきた道と交差している別の高速道路沿いを探してみました。

が、こちらにも結局、ガソスタはありませんでした。

町に到着したのは16:00ごろだったのに、気づけば時刻は18:00を回っています。
スーパー日暮れタイムの始まりです。

沈み行く夕日。
茜色に染まる空。
藍色に染まる私の顔面。


町の近くでの野営は防犯上断固避けたいし、かといって今から長距離を走る時間はありません。

しかしそんな八方塞がりな状況に頭を抱えていたら、
通りすがりの町人が助け舟を出してくれました。

「安いホテルがあるわよ」と。

ホテル泊は選択肢にありませんでしたが、聞けばそこは20へアイス(800円くらい)だと言います。
無料のガソスタ泊には到底かないませんが、ブラジルの宿にしては格安です。

ここ一週間でまだ1000円くらいしか使っていないし、
たまには贅沢も良いんじゃないかしらと思えたので、今宵はホテル泊としけこむことにしました。



009_20130901224747c4d.jpg

こちらがそのホテルです。

が、



010_2013090122474628c.jpg

お隣にガソスタがあるではありませんか。

何ということでしょう。

ガソスタ一択です。


いつものように「ここで寝ていいですか?」と聞くと、
ガソスタのおじさんは快くOKをくれました。

が、しばらく経ったら心配になってきたようで、
「やっぱりホテルに泊まった方がいいと思う」と言いに来ました。

ポルトガル語なので要所要所しか理解出来きませんでしたが、
「ここは町中だから強盗が出るかもしれないし、やっぱり危ないよ。
隣のホテルに聞いて来たけど、20へアイスだって。そこに泊まった方がいいよ。」
みたいな事を言っています。


P8160226.jpg
本日の寝床

というわけで、やっぱりホテル泊になりました。

チャリ旅の途中では滅多にホテル泊はしないので、なんだか嬉しいです。
屋根も壁もあるし、灯りがあるし、ベッドがあるし、電源もあります。
やはり、お金を払えば払っただけの快適さを得られるんだなと再認識しました。



P8160234.jpg

贅沢ついでに外食でも行ったろかなと思ったのですが、
付近に安食堂は見当たらず、夜歩きも宜しくないのでいつものように自炊しました。

「ホテルの部屋で火なんて使っていいの?」と思われるかもしれませんが、
そんなん駄目に決まってるでしょうが。


<情報コーナー>

○ テオドーロ・サンパイオ~プレジデンテ・ヴェンセスラウ入り口あたり/80キロ

49ガソスタ(営業してなさそうだった)、ポリシア。50左折多分3キロくらいでマラバ・パウリスタ。私は寄らずに直進。80プレジデンテ・ヴェンセスラウ入り口1。83入り口2。私が泊まったホテルは入り口1から3,4キロくらいだったと思う。

○ プレジデンテ・ヴェンセスラウのホテル

007.png

ホテル名忘れたけど、場所はここ。
2,3人に「安いホテルある?」と聞いたら皆ここを教えてくれたので、結構有名なのかも。
シングル1泊20へアイス。トイレ・バス共同。朝食込み。wifiありだが私はアクセスできなかった。
30へアイスの部屋もあるようなので、そちらはトイレバス付きなのかも。

入り口1を左折(267号線に入る)、最初の高架を右折して登ると大通りのチラデンテス通りに出るので、それを突き当たり(ジョアン・ペソーア通り)まで進む。左折して3ブロック目を右折。で、5ブロックくらい先の左手側(右手にガソスタ)だったと思うけどちょっとうろ覚え。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| チャリンコ旅 | 04:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

やたら日本語で話しかけられる走行8日目

いつも通りの時間に起床して朝ごはんを済ませると、
昨日は見かけなかった女性店員さんがテントを訪ねて来ました。

店員さん「ご飯食べる?」
「食べます」

朝ご飯を済ませた後だという点は、大した問題ではありません。



001_20130829074531282.jpg
本日の朝ごはん2

店員さん用だと思われるサンドイッチと珈琲をご馳走になりました。
とても美味しかったです。

人に貰った食べ物は世界で二番目に美味しいです。
一番はそりゃお母さんのご飯ですけども!
って言っておけば実家帰ったときにご馳走を食べさせて貰えるかもしれな



二回目の朝ごはんとおかわりを平らげ、
出発の準備をしていたら先ほどの女性店員さんが再来しました。

「写真撮りましょうよ!」
「え、はい」


P8140182.jpg

私のカメラを使い、店員さんと記念撮影。

「撮れた?オッケー!じゃあね!」

「写真送ってね」とかそういう会話はありませんでした。
彼女は何がしたかったんでしょうか。


自由すぎる女性店員さんに首を傾げながら荷造りの続きをしていると、
今度は店員さんではなさそうな見知らぬおじさんが現れました。

「こんにちは。(日本語)」

「こんにち・・・

日本語!?

その方は、この町にお住まいだという日本人男性でした。
いわゆる日系移住者さんです。

随分長いこと日本には帰っていないそうで、
また、ここは日系コミュニティではないため普段日本語は使わないそうで、
おじさんの日本語は少し片言気味でした。

それでも、ブラジルの田舎町で突如聞こえた日本語には本当に驚きました。



おじさんと話しこんでいたら、店員さんやお客さん達がゾロゾロ集まって来ました。

おじさんの通訳によると、
「こんな観光地でも何でもない町に何をしに来たのか」「これから何処へ行くんだ」など、
皆さん聞きたいことが色々あったんだそうです。

本当は昨日ここに到着してから沢山質問されていたのですが、
ポルトガル語を全く解さない私はほとんど答えることができなかったので。

おじさんに通訳してもらいながら全ての質問に答えると、

「へえ~素敵な旅だね」
「君は強い人だね」
「へえ自転車で・・気が狂っとる」

などと褒めてもらえました。



P8140185.jpg

今日の行き先について話すと、
店員さんの一人が地図を描いてくれました。

「分岐が少し分かりづらいので注意してね。途中までは真っ直ぐだけど、分岐で右折するんだよ」
とのことです。

私は重度の方向音痴なので、うっかり間違えそうです。
気を付けて行かなくては。


そんなこんなで支度が終わったので、少し遅めの10:00に出発しました。



P8150188.jpg
軌道修正中

道を間違えました。

店員さんの言う通り、分かりづらい分岐・・・ではなかったです多分。

看板か何か出ていたはずなのですが、分岐に牛がいたんです。
そっちが気になって右折どころではなかったのです。
仕方の無いことです。



1308141.jpg
正しい道に復帰

幸い、間違えて進んだのはほんの5キロほどだったようで、
来た道を戻らなくても迂回して正しい道に復帰することができました。

いやあ焦りました。
分岐に牛を仕掛けるなんて、酷い罠です。



P8150191.jpg

昨日から大きな高速道路を逸れ、
ちょっと田舎道っぽい所を走っているので景色が良いです。
途中で現れる村々も小さくてのどかで良い感じ。
そんな道ではやはり外国人チャリダーの私は目立つようで、よく手を振って貰えます。

途中でトイレ休憩のために小さな集落のガソスタに寄ったら、
トイレから出た途端に10人くらいのブラジル人に取り囲まれてビビりました。 

しかし私の覚悟に反して彼らはとても懐っこくて陽気で、
素敵な笑顔で話しかけてきてくれました。

でも私はポルトガル語はさっぱり分からないので、
英語かせめてスペイン語を話す方はいらっしゃいませんか・・とオタオタしていたら、
ブラジル人修理工みたいな人の口から

「ニホンジン?(日本語)」
「はいそうで・・・

日本語!?

以前少し日本語を勉強したことがあるそうです。

びっくりしました。



P8150189.jpg

P8140187.jpg




P8150203.jpg

その後また数十キロ走りましたが、後半は向かい風とエネルギー切れで
全然スピードが出なかったため、もうこの辺で止めることにしました。



P8150203.jpg
分岐

進むべき方向は右ですが、直進して町へ入ります。

この先数十キロ町も大きな分岐もなくガソスタの気配皆無なので、
今日は無理せずこの町で泊まることにしたのです。
寄り道嫌いのわたくしですが、暗闇で行き倒れるくらいなら多少の寄り道は我慢します。



P8150208.jpg
本日の寝床

町で泊まるとは言っても、まあいつも通りのガソスタ泊です。

国道沿いには無かったので町中のガソスタなのが残念ですが。
町中のガソスタはキャンプスペースが無かったり人の出入りが多かったりで、居心地が宜しくないのです。
私は国道沿いにポツンとあるガソスタや、小さな集落のガソスタが好きです。


テント設営の後は、外はまだまだ明るいのでスーパーに行ってみることに。



P8150209.jpg
嗜好品

今日食べると思うと重さや保存の心配をする必要がないため、
テンションが上がって嗜好品を沢山買ってしまいました。

牛乳とかハムとか味が付いてるパンとか、
あると嬉しいけど無くても走れるものは全部嗜好品です。

嗜好品シリーズのうち、右上のパンが異常に美味しかったです。
ただ完食後に思ったのは、これ多分焼いて食べるものだったなということです。
生にんにくとニラが胃にガツンと来ました。


間食(夕飯はまた別)も済ませたのでシャワーを借りようと思い支度をしていたら、
中国人ぽい店員さんが片言の日本語で話しかけてきました。
今日はやたらと日本語を聞く日です。

で、何のご用事かと聞いてみると、

「社長が呼んでるよ」

だそうです何ですかごめんなさい私何もしてません



社長・・・おそらくガソスタのオーナーさんだと思うのですが、
その人はガソスタ泊をする私を心配し、話をするために呼んだんだそうです。

実際に会って話してみた社長はとても良い人で、
「一晩なら泊まっていいけど、悪い人もいるから気をつけてね」
と言ってくれました。

また、
「うちは24時間警備員が張ってるから大丈夫だと思うけど」
とも教えてくれました。

心強いです。

さらに、
社長とのお話が終わった後、シャワーを借りるためレジにお金を払いに行ったら、
社長の一声で無料になりました。

社長・・・!


あんまり優しくされると私が耐えられる優しさの許容量を越えて頭がパーン!するので、
ちょっと、そろそろ、私に冷たくしてくれるブラジル人を募集中です。


<情報コーナー>

○ パラナシティ~テオドーロ・サンパイオ/79キロ

22イナジャー、28あたりで正しい道に復帰(多分19あたりで間違えた)。30分岐、左折。31小さい集落、商店あり。43町、ガソスタあり。56ジャルディン・オリンダ。57小さい橋渡ってからダート、60アスファルトに復帰。78テオドーロ・サンパイオ入口。町に入り、79ガソスタ、シャワーあり、併設のレストランにWiFiありだがアスセスできなかった。さらに1キロくらい先にスーパーあり。
道は一部(3キロのダート)を除いて全てアスファルト。路肩は広いが、穴が開いていたり雑草が茂っていたり、非常に走り辛い場所が多かった。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| チャリンコ旅 | 23:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

疲れを通り越すと割とスピード出てくるよ走行7日目


P8130170.jpg
ガソスタ犬

出発します。

朝からダルさ最高潮です。
暑さがいけません。
冬はどこへ行ってしまったんでしょうか。



P8140172.jpg
分岐

今日も今日は特筆すべき出来事もなく黙々と走り続けました。

だいたい60キロほど来た所に町があったので、いつも今日はサボりたい私は
もうここで泊まっちゃおうかしらと思ったのですが、町の手前に分岐がありました。
町は直進、私の行き先は右折なので、町に入るには少し寄り道しなければいけないということです。

面倒くさいので寄らずに先へ進みました。
寄り道と言っても1,2キロなのですが、
私は1,2キロの寄り道は20キロの進行に匹敵するくらい寄り道嫌いだということがたった今判明したのです。




P8140174.jpg
あの辺に多分神様が

いつものように迫りくる日暮れに焦りつつ、




P8140180.jpg
本日の寝床

割とあっさり100キロ近く走り、ガソスタを発見しました。
明るいうちに寝床を確保できたのは久しぶりです。

今日も「雨が来るから」と言って屋根の下を貸して貰えました。
ブラジルのガソスタ店員さんは優しいです。

てか、雨が来るんですか。
困ります。やめてください。



シャワーを借りた後は、小さなガソスタなのに予想外に飛んでいたWiFiを捉えようとしたのですが、
今日もアクセスできませんでした。WiFi戦争、今のところ全敗です。

仕方が無いのでもうとっとと寝ようと思いテントにもぐりこんだら、外から声をかけられました。
テントから這い出ると、店員さんが何かを言っています。
ポルトガル語はさっぱりなのでジェスチャーを読み取るしかできませんが、
どうやら、「もう一人ここに泊まりたい旅人がいるんだがいいか」という質問らしいです。

私もここを借りている身なのに、わざわざ聞いてくれるなんてまあご親切に・・・
と思い「okです」と答えたのですが、
その旅人さんもテントを張るのかと思っていたら、地面に直接寝袋を敷いて寝始めました。

夜中にトイレに立った際、踏みました。
ほんとすいませんでした。


<情報コーナー>

○ マリンガ25キロ手前の分岐のガソスタ~パラナシティ/97キロ

18ガソスタ、このへんからマリンガ都市圏。36町、ガソスタ。36あたりからマンダグアス圏内、40マンダグアス、ガソスタ。50料金所とインフォセンター。57ガソスタ、プレジデンテ・カステーロ・ブランコ。64分岐、直進でノーヴァ・エスペランサ、進行方向は右折。76ガソスタ。78町、国道沿いには特に何もなし。80ガソスタ。92クルゼイロ・ド・スー、国道沿い何も無し。97パラナシティ、入ってすぐ右側にガソスタあり、シャワーあり、WiFiありだがアクセスできず、カフェスペースあり、外の席に電源あり。
道は緩いアップダウンを繰り返す。路肩は広いが、一部舗装されていない場所あり。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| チャリンコ旅 | 22:48 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

ちょっと疲れてきた走行6日目


P8130150.jpg

今日も良いお天気です。

今日はまず20キロほど先にある町で買い物をしたいと思います。
火を通さずに食べられる食糧が尽きたために
朝ごはんと昼ごはん用に軽く食べられるものがなく、
何も食べずに出てきたので朝っぱらから倒れそうなのです。



004_2013082522504593c.jpg
本日のお昼ご飯

無事町に着いて、大きなスーパーに寄って、数日分の食料を買い込みました。
そしてお昼ご飯にパンを少々。

お昼を食べた後は先程までの鈍足が嘘のように坂もスイスイ登れました。
やはりエネルギー補給は重要です。ガソリン補給と一緒です。



006_20130825225044855.jpg
本日の命の水

通りすがりのお巡りさんがジュースと水をくれました。



008_20130825225044115.jpg
本日のおやつ

WiFiがありそうな綺麗なガソスタがあったので休憩です。
が、WiFiはあるものの従業員用だか何だかでアクセスできませんでした。

もう4日も生存報告をしていません。
気持ちは焦っているのですが、なかなか使えるWiFiに巡り合えません。

しかも、最後のツイートが
「WiFi結構あるみたいなんでちゃんと生存報告できますぅ」
だったのでヤバしです。ほんとに死んだと思われてしまいます。



P8130153.jpg

P8130154.jpg
鍋の町

途中で通った町で、やたらと鍋が売られていました。

パラグアイでは花ばかり売っている町や椅子ばかり売っている町を見かけましたが、ここもそういう類でしょうか。
マトリョーシカの様に積み上げられた色とりどりの鍋にちょっと惹かれましたが、
ただでさえ荷物が多いのに鍋積んで走ってる場合じゃありません。



P8130151.jpg
トウモロコシ畑

その後、57キロまで来たところで手持ちの地図に無い小さな集落に入りました。
ガソスタもあります。
目標の60キロに届いていませんが、
休憩しすぎてすでに17:00なのでこの辺で手を打ちたいところです。

しかし、このガソスタにはテントを張るスペースがありませんでした。
いえ敷地は広いのですが、駐車場なのでテントごと轢かれます。

というわけでもう少し行くことにしました。

やっぱり懲りていません。



P8130162_2013082600312660c.jpg
多分山火事だと思うけど集落とかだったらどうしよう。いや山火事でも問題だけど。

案の定、日が暮れました。
チャリ旅4の恒例イベントでございます。
チャリ旅3までは毎日ちゃんと日暮れ前に片を付けていたんですけどね。

・・・いや、そう言えば何度か暗闇走行してましたね。
学習していないのですね。



P8130156.jpg

いや、でもよく見たら向こうが何やら明るいです。
この見覚えのある緑の光はもしかして・・・



P8130159.jpg

やはり、料金所でした。
なんか料金所めぐりの旅みたいになって来ています。



P8130165.jpg
本日の寝床

それを避けた訳ではないのですが、料金所はスルーして今夜はガソスタ泊にしました。

料金所の人に聞いたら3.4キロ行けばガソスタがあるとのことだったので、
もしかしたらシャワーとWiFiがあるかもしれないと思ったのです。

まあ、どっちも無かったんですが。
しかも電源もありません。携帯の電池が切れそうなのに、由々しき事態です。

まあパソコンに繋いで充電すればよいのですが。
壊れパソコンが今や携帯充電用の予備バッテリーと化しているのです。
こんな重たくてかさばる予備バッテリー聞いたことありませんが、
ホテル泊をしないチャリ旅においては便利に使われています。



011_201308252253321c2.jpg
本日の晩ご飯

走行日もそろそろ1週間近くなり、体力の消耗っぷりが甚だしいので
昼間寄ったスーパーでベーコンを買っておきました。
ほぼ脂身のベーコンが叩き売りされていたのです。約60円でした。

ガソスタ近くの商店にフラフラ出かけてビールも買いました。
私はチャリ旅中は全くお酒は飲まないのですが、
それは別にポリシーでも何でもなく重いから持ち歩きたくないだけで、
寝床付近で売っていれば飲むのです。

一日走った後のビールは最高です。


<情報コーナー>

○ カンポ・モウラン20キロ手前の料金所~マリンガ25キロ手前の分岐のガソスタ/88キロ

4.5ガソスタ。15ポリシア。20カンポ・モウラン。34ガソスタ。39ピアビル。46ガソスタ。57エンジェニェイロ・ベルトラン。国道沿いにガソスタ二軒。84料金所、インフォセンター付き。88分岐に小さな町、ガソスタ1軒、wifiもシャワーもなし、営業時間多分20:00までかな?隣にコメドール、近くにバー、ポリシアあり。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| チャリンコ旅 | 22:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

そして今日も日が暮れる


P8110128.jpg

ぐっすり寝ました。
出発します。


P8120130.jpg
謎のチャリダーのマシンを勝手に激写

謎のチャリダーは私が起きた時にはすでに出ていましたが、10キロほど走ったらあっさり追いつきました。
その後バス停でサボっていたらまた追い抜かれましたが、すぐまた追い越しました。

彼の自転車は普通のママチャリっぽいので、上り坂に弱いようです。
いや私も弱いですが。21速のくせに。

そんなことより、荷物の少なさと荷台に括られた謎の木の枝が気になります。
その枝はキャンプ用品を省いてまで積まなければいけないものなんですか?
何なんでしょうかこの人は。


P8110129.jpg

今日は良いお天気です。溜まった洗濯物もよく乾きます。
空が青いと写真を撮る気にもなります。
この写真は確か途中で通った小さな町です。

ここで補給をしようと思っていたのですが、
今日は日曜なので多分どこも閉まっているだろうと思い素通りしました。



P8120131.jpg

P8120132.jpg

ブラジルの道はまだ数百キロしか走っていないので全体のことは分かりませんが、
今のところ、休憩所やバス停が多くて助かっています。

ガソスタも数キロから数十キロおきにあります。
結構大きくて綺麗なのや、小降りの個人経営みたいなの、
レストランや土産物屋併設のやたらオシャレなのもあります。

最後のはロッジみたいな見た目で、オシャレ過ぎてビビって入れませんでした。
今の私は雨のせいで未だかつてないくらい薄汚れているので。
まあ雨に降られなくても基本小汚いですけども。



P8120134_20130823094908dce.jpg

本日も最低目標は80キロ、できれば100キロと思っていましたが、
70キロほど来たところで一軒のガソスタを発見しました。

目標には程遠いですが、時刻は16:30。
この先しばらく町がないので、ガソスタも無い可能性があります。
次の町は40キロくらい先なので、日暮れまでには絶対辿り着けません。



P8120137.jpg
そして夕暮れの道へ

でも途中に小さな町への分岐はあるので、こういうところには高確率でガソスタがあるんだぞ~
と、性懲りもなく走り出してしまいました。日暮れが近いというのに、懲りてません。

案の定、その後10キロ走っても20キロ走ってもガソスタはありませんでした。

期待した町への分岐にも無かったし、
「10キロ先にガソスタ」という看板を信じて行った先にも無かったし、
日はとっくに暮れていますし、天の川が綺麗です。

日暮れ前後はすごく焦っていたのですが、
どっぷり暗くなってからは何かが吹っ切れたようで、
星空関連の歌謡曲を歌いながらチンタラ走りました。

だってもう3回目の暗闇走行です。
懲りるどころか慣れてしまいました。

70キロ地点のガソスタで決めなかったのが運の尽き。
とにかく走り続けなければ寝床は無く、明日もありません。



そして目標の80キロはとっくに過ぎ、95キロを越え、
もうこのまま朝まで走っちゃおうかしらと思い始めたころ、
遠くに小さな明かりを発見しました。

あれは町でしょうか。
このあたりに町は無かったはずですが、
疲労が溜まってついにマボロシを見るまでになってしまったんでしょうか。



002_20130823074243d74.jpg

と思ったら料金所でした。

ナイスです。
泊まってもいいか聞いてみたいと思います。



003_201308230743070b3.jpg
本日の寝床(撮影失敗)

泊めてもらいました。

国営(多分)の施設ですし、綺麗なインフォメーションセンターが併設されており
24時間開いてるそうなのでガソスタより安全です。警備員みたいな人もいます。


P8120144.jpg
本日の寝床(翌朝撮影)

P8120143.jpg
職員さんが貸してくれた毛布

自業自得とは言え、今日は頑張り過ぎました。無駄に。
明日は短めにしたいです。

そしてそろそろWiFiとシャワーのあるガソスタに泊まりたいです。
昼間は綺麗で良さげなガソスタをいくつも見かけるのですが、
いざ寝床探しとなるとWiFiどころかガソスタそのものが見つからず、今日みたいなことになるのです。


<情報コーナー>

○ ウビラタン手前、239号との分岐のガソスタ~カンポ・モウラン20キロ手前の料金所/100キロ

20ガソスタ。24ウビラタン。27休憩所、トイレ、インフォ、電話などあり。41ガソスタ(2013/08/11現在まだ開店前)、コメドールはやってた。52ガソスタ、なんかオシャレすぎて入れなかった。63、69ガソスタ。100料金所。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったら

| チャリンコ旅 | 23:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT