| PAGE-SELECT | NEXT

二日酔いでダウン

先日書きました通り二日酔いでございます。
ここまでためておいて、結局二日酔いで出発できないとかいう阿呆なチャリダーは私です。
二日酔いなんて久しぶりです。
そこまで酷くはないですが、ややグロッキーです。

そんなわけなので宿で大人しくブログの続きを書き、ようやっと追いついたので明日こそ出ます。
ブログがリアルタイムに追いつくなど、旅に出て以来初めてのことです。何という快挙でしょうか。

明日出ると明後日いきなり雨ですが、これ以上ダラダラするわけにもいかんので乗り切ります。

目標のイグアスの滝までは多分1,500キロくらい。よく知りませんが。
そこからアスンシオンまでは多分500キロくらい?全然知りませんが。

チャリ旅サード、頑張って参りたいと思います。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| アルゼンチン | 23:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

どうも私が低橋です

今日も雨のはずが快晴です。
天気予報どうした。



今日はブログを読んでくれている旅人さんと待ち合わせし、お茶をしました。
ご姉妹で旅をされている人で、ちょうどブエノスに居るということでお声をかけて頂いて。

これまでの旅の話を聞いたり、印象に残った記事の事を教えて頂いたり、
とてもとても楽しい時間を過ごす事が出来ました。
お二人とも、本当にありがとうございました。


ところで、実を言うとこれまでにも何人か、
ブログを読んでくれている人と遭遇ドキュンした事があります。

ある人にはクスコの宿で「低橋さんですか?」と声をかけられ動揺しまくり変な汗をかき、
またある人はビーニャの宿で「違ってたらすみません、もしかしてブログやってます?」と質問され
動揺しまくりよくわからないことを口走り、
別のある人にはエル・チャルテンのパン屋で「ブログやってますよね?佃煮の人・・」と聞かれて動揺しまくり
飲んでた珈琲を吹きそうになると共に、一番印象に残ってる記事が佃煮なことに衝撃を受けました。

こういう事態に不慣れなものですから、
だいぶテンパっておかしなことになった事をここに改めてお詫び申し上げます。

あと、旅先で普通に知り合った人に後からブログがばれる事もときどきあります。
別に隠している訳ではないのですが、なんか恥ずかしいので隠しているのです。
いや本当に隠している訳ではないのですが、なんか、あんまり言えないのです。
すみません私が低橋ですすみませんってなるのです。

ブログで性格を作っているつもりはありませんが、
それでも実際の私と低橋とでは何か違う人みたいな感覚が少しあるのですが、
実際会った人に聞くと、だいたい一緒みたいです。



宿に帰った後は、明日の為の荷造りや自転車整備の仕上げをしました。

そしてそれらを終わらせキッチンに入ると、
ライダーさんと宿のオーナーさんと宿仲間の人達が飲んだくれて出来上がっていました。
まだ明るいですけど、何やってるんですか。

と言いつつしっかり加わらせて頂き、最後の晩餐としけこみました。

ら、いつもと違って空きっ腹で飲んだためか、いつもより強いお酒を飲んだためか、
あっちゅー間に酔いがまわり、途中でダウンしたり復活したりし、また飲んで遅くに寝て、
翌朝 二日酔いで出発できない という阿呆な結果を生みました。

明後日・・明後日出ます・・・


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| アルゼンチン | 23:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

両替2

天気予報は雨だったのに快晴でございます。
今日出発できたじゃないですか・・

それはさておき、
宿代を用意しないといけないため再びカンビオ(両替)に行って来ました。
闇レートは最近急落したらしく、
前回替えたときは1ドル=8.78ペソだったところが今日は8.10まで落ちていました。
今回は一緒に行ったライダーさんが交渉してくれ、8.20に。

前回替えた可愛い人いるかなーと思ったらやっぱりいたので、今回もその人です。
私のことも覚えていてくれた様です。
相変わらず元気いっぱいで、可愛らしかったです。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| アルゼンチン | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

きしめん

今日出るつもりだったのですが、明日明後日と雨で、
金曜からは晴れが続くっぽいので金曜に出る事にしました。


IMG_5857.jpg
本日のお昼ご飯

きしめんみたいな形のスパゲッティーを教えてもらったので、
規定時間の倍ゆでてやわらかきしめんに。
私は名古屋人ですが(正確には名古屋近郊人ですが)きしめんは別に好きじゃないです。
なお、名古屋のきしめんの美味しいお店と言えば名古屋駅新幹線乗り場(ホーム)にあるやつです。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| アルゼンチン | 23:53 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑


IMG_5848.jpg
チョリソ・コロラド

生で食べられるピリ辛ソーセージです。
どことなく明太子味。


IMG_5853.jpg
本日の晩ご飯

もうすぐ肉ライフともお別れなのでステーキです。
厚さ3センチくらいあります。
これでだいたい200円くらいでしょうか。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| アルゼンチン | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ブログを書く日々

ここから数日はルート情報集めとブログ更新と
うっかり読み始めてしまった漫画(全21巻)を片付けるのに費やしたため、
旅行ブログらしい事が何も書けません。
今までも別に書いていないでしょうと言われればそれまでですが。
漫画は手を出すと沈没する事請け合いなので気を付けていたのですが、うっかり・・

ブログは長い事遅れまくっていましたが、これを機にちゃんと追いつこうと思います。
リアルタイムで書けていたことなど旅に出てから一度もありませんが、頑張ります。
今回追いついてもチャリ旅3に突入したらまたすぐ遅れるのですが、できるだけ頑張ります。




大きな地図で見る

一応(C)まで行くつもりです。
(B)がイグアスの滝で、チャリダー師匠が居るイグアス日本人居住区に寄って、
(C)のアスンシオンまで行く予定です。アスンシオンはパラグアイの主都です。


そしてルート情報ですが、全然無かったです。
英語検索とかスペイン語検索すればもっとヒットするんでしょうけど、
まあ、地図はあるのでもういいやと思いました。
せめてガソスタ情報くらいは欲しかったのですが、仕方ありません。

ならば私が開拓者となり、情報集め&発表を致しましょう!

と一応思ってはいますが、チャンスがあれば迷わずワープするので完成度は低そうです。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| アルゼンチン | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

世界で2番目に美しい本屋とやら


IMG_5844.jpg

オニューのぴかぴかタイヤをはめました。

本当は自転車屋のおっちゃんがやってくれようとしたのですが、断りました。
自分でやる方が楽しいので。それに、未だポンコツの私は毎日が練習と特訓なのです。



IMG_5861.jpg
さよならタイヤ達

お役御免のタイヤとチューブ達です。

上のタイヤはカラファテからなのでまだまだ働いて欲しかったですが、
割と新しいくせにパンクしまくるのでもう知らんぞお前なんか!
お世話になりました。

下のはサンチャゴで買ったやつなので、長い付き合いです。
最初後輪にはめてて、すり減ったので前輪に付け替えられ、ここまで来ました。
もう麻が見えているしこちらもパンクしまくるのでガッデムな事この上無しですが、
お世話になりました。



IMG_5843.jpg

チューブはボッコボコですがこのポンコツ具合が私に似合いなので、
1本は予備チューブとして取っておくことにしました。
一応、新品の予備チューブももう1本買ってあります。



IMG_5859.jpg

で、こんな感じでニュータイヤをはめて、



IMG_5858.jpg

ニュークイックオレンジになりました。

クイックオレンジとは、初めて明かした気がしますがチャリンコの名前です。
私が名付けた訳では決してなく、車体にそう書いてあるのです。
洗剤みたいな名前だなってずっと思っていました。



P6091121.jpg

タイヤ交換祭りの後は、世界で2番目に美しい本屋とやらをひやかしに行きました。

元劇場を改装した本屋らしく、確かに美しかったです。
1番目がどんなかは知りませんが、オランダにあるとかなんとか。



P6091120.jpg

舞台部分はカフェになっていました。
やはり南米人も、本を読んでいると茶をしばきたくなる様です。



IMG_5845.jpg

主に料理の本を立ち読みしてヨダレを垂らし、帰宅した後はカレーを作りました。
宿仲間の人達が最近よくカレーを作っており、うらやましくなったのです。



IMG_5846.jpg

個人的に、外国で食べたくなる日本食ツートップはカレーとラーメンです。

カレーとラーメンははたして日本食なのかという疑問はさておき、
なんか知りませんが無性に食べたくなるのです。
多分同意してくれる旅人は多いと思います。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| アルゼンチン | 23:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タイヤ買っちゃったテヘ


P6081112.jpg

タイヤを新調しました。



P6081113.jpg

タイヤチューブも。

補修してあるとは言え、穴だらけですからね。
横のシールみたいなのはパンク修理用パッチです。
ウシュワイアを出た時は20枚くらいあったのに、もう2枚しか残っていませんので。



「ブエノスでチャリ旅は終える」と誰かさんが言っていた様な気がしないでもないのですが、
いやよく思い出してみたら「終える」とは言っていなくて「着いてから考えます」って言っただけなので、
またチャリで行きます。タイヤ買っちゃいましたし。

今回はとりあえずパラグアイまで行こうかなーと。
パラグアイなんてすぐそこですし。
ルートにもよりますが、多分1,500キロくらいです。平坦なのですぐです。

そして、パラグアイには、私のチャリ旅師匠が住んでいるのです。
サンチャゴで出会い、バックパックを背負って走るやり方を教えてくれた人です。
あの人に出会わなかったら、私は出発さえ出来なかったかもしれないのです。

ある意味、師匠から始まった私のチャリ旅。

師匠に会えば、自分のチャリ旅のひとつの区切りになる様な、
今後の旅について何か視界が開ける様な気がするようなしない様な
飲んだくれて終わるような何の解決も見ない様な。

とりあえず始まりの人に会って、始まりの気持ちで自分と向き合うのも良いのではないかと思うのです。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| アルゼンチン | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ボルダリングリベンジ


DSC_3497_result.jpg

2回目のボルダリングに出かけました。
前回一個もクリアできなかったので、リベンジでございます。

今日は前回より少し大きめの靴を借りたので、あんまり痛くありません。
チャリンコで町をフラフラしてから来たので、体も温まっています。

今日は行ける気がする・・・!!

と思ったら、本当に行けました。
あらびっくり。

1回目は全然駄目でも、2回目ではコツをつかんで急に出来る様になることは珍しくないそうです。
とは言っても2回目ではまだまだ素人ペーペーなので難しいルートは登れませんが、
確かに、力の入れ方というか抜き方と言うか、そういうのがちょっとだけ分かってきた気がします。



DSC_3501_result.jpg
知らないおじちゃん

今日はあんまり時間がなかったので、
初心者向けを2個だけクリアして満足して撤収しました。

その後、日が落ちて暗くなったブエノスをチャリンコに乗って帰ったのですが、
途中で方角を見失ったらしく海に出ました。
海というか、海から繋がる運河に。

チャリで出かける度に迷って、その度、何故かかなりの確率で海に出ます。
船に乗ってどっか行きたい深層心理がそうさせるのでしょうか。
あるいは、ただの方向音痴でしょうか。
いやただの方向音痴なのは間違いないですが、
船旅に焦がれるあまり知らず知らずのうちに海へ向かってしまうという・・
・・まあ、要するにただの方向音痴ですね。


本当は自転車屋に寄りたくて早めに切り上げたのですが、
「この辺にあったな〜」という場所に全然無く、
仕方なく宿に戻って地図を見たら完全に反対方向だったと言う事が分かり、
ああ、船旅に焦がれるあまり自転車屋に辿り着けなかったんだなという・・・



IMG_5830.jpg

夜は謎の肉で野菜炒めを作りました。
パックから出してみたら、小腸でした。
中から黄色い液体がじんわり出て来て薄気味悪かったです。



IMG_5712.jpg
数日前に買ったよく分からない肉

宿から2ブロックほどのところにあるスーパーは肉売り場の品揃えが面白く、
ときどき、訳の分からない肉が並んでいます。

そして、そんな謎の肉に限って非常に安値だったりするので、
面白半分でつい買ってしまうのです。

なお、先日衝動買いした写真の肉は、
上の赤いのが牛の肺で、
下の白いのは何か謎の脂身でした、

どれくらい安いかと言うと、肺は600グラムくらい入ったのが70円くらいで、
謎の脂身は500グラムくらい入ったのが60円くらいでした。

味はというと、肺は塩焼きにしたら結構美味しく、
脂身はどこまで行っても脂身でした。

肉、オモロイです。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| アルゼンチン | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

バイキング祭り再び


P6061111.jpg

今日はパリージャ(網焼き)を食べに来ました。
ここは宿の管理人さんに教えてもらった、パリージャとバイキングの美味しいお店です。



P6061110.jpg

そんな顔で見ても駄目です。食います。



P6061099.jpg

お値段は120ペソで正規レートだと2,400円くらいですが、
闇レート換算だと1,500円くらいです。
1,500円で時間無制限食べ放題&1ドリンク付き。



P6061103.jpg

しかも、1ドリンクはこれです。
1ワインはボトル1本で、1ビールは1リットルピッチャー1杯です。
豪快で宜しいかと思います。



P6061100.jpg
1皿目

バイキングはお洒落で美味しいお料理が並び、


P6061101.jpg


パリージャは焼きたてホカホカ。


P6061102.jpg
肉追加

そしてジューシー。

なんかこの辺から面倒くさくなり写真はありませんが、お洒落料理をもりもり頂き、



P6061109.jpg

トドメにデザートです。

素晴らしいお店でした。

気になったのは、サラリーマン風のおじ樣方もまた昼間から大盛りパリージャをかっ食らい、
瓶ワインを景気よく飲んでいたことです。

彼らは午後も仕事をする気はあるのでしょうか。

何か色々心配です。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| アルゼンチン | 23:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

ボカ地区


P6051041.jpg

今日はボカ地区というところを見て来ました。
ボカ地区はブエノスアイレスで最も古い地区の一つで、
アルゼンチンタンゴが生まれた地でもあるそうです。



P6051047.jpg

この地区では路上アーティストの人達が自慢の作品を広げていたり、
タンゴダンサーの人がいたり、



P6051065.jpg

不気味な人形が沢山置かれていたり、



P6051043.jpg

この手のザ・観光地グッズは世界共通なんだなって思ったりしました。



P6051042.jpg

一通り満喫して、写真も沢山撮り、帰りました。
観光向けスペースはそんなに広くはないので、短時間で回れてしまうのです。



P6051098.jpg
ローストビーフ

夜はチャリダーさんの誕生日パーティーでした。
なのでとりあえず肉を焼きました。
それはまあいつもの事ですが。



1306041.jpg

ケーキも作りました。

ケーキの上にメッセージクッキーを乗せようと思ったのですが、



IMG_5816.jpg

納豆を食べながら焼いていたら時間が経つのを忘れ、



IMG_5817.jpg

消し炭になりました。

残念でなりません。



P6051094.jpg
おつまみ盛り合わせ

宿のオーナーさんが作って下さったおつまみ盛り合わせです。

この左側の黒っぽいのは血入りソーセージですが、なんと生で食べられるそうです。
試しにそのまま頂いてみたら、全く血なまぐささが無く、非常に美味しくて感動してしまいました。

右の赤いのは辛めのソーセージ。
チョリソー・コロラドと言うそうです。
こちらも生で食べられるのですが、唐辛子のせいかどことなく明太子の様な風味があり、
こちらもとても美味しかったです。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| アルゼンチン | 23:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

アルゼンチンタンゴ2とアイス祭り


IMG_5804.jpg

クレジットカードが届きましたよおおおおおおおおお!!

数日前の日記に書いた様な書いてない様なやっぱり書いた様な曖昧な記憶がありますが、
1週間ほど前に母に頼んで日本からこれを送ってもらい、
手元に届くのを今か今かと待ち続けていたのです。

どこかで紛失したりしたらシャレにならないので、
ここ1週間はなかなかにスリルのある日々でした。

本当はカード会社に海外送付してもらうのが一番なのですが、
海外に住居、あるいは勤め先などが無い場合はそういうことは出来ないんだそうで。

なので、カード会社から実家に届いたそれを梱包し直し、
国際スピード郵便(EMS)で送ってもらいました。
EMSなら郵便物の現在地検索ができるので。

本当は確実性と速度が自慢のDHLあたりを使いたかったのですが、
べらぼうなお値段だったのであっさり諦めました。
なお、EMSは1,700円でした。
最短4日で受け取れるとの事でしたが、土日を挟んだためか6日後の受け取りとなりました。


そんなわけで、不正使用により手持ちクレジットカードがゼロになっていた状態から、
本日無事、脱出することに成功致しました。

もう一枚のクレカはサービス期間切れとかで再発行できず、結局失ってしまいましたが、
一枚戻って来ただけで充分です。



P6041032.jpg

さて、本日はタンゴの日でございます。
先日目を付けておいたチケットを購入しに行き、無事入手致しました。

今回買ったチケットは、レストランではなく文化センターみたいな所でやる公演です。
とってもお安く、しかしお値段の割に面白そうだったのです。
お値段は60ペソ(1,200円くらい)でした。
レストランだと150とか200とか、良さげな所だともっと高かったです。



P6041026.jpg

公演中はもちろん写真は撮れませんが、
仮に撮れたとしてもそんな暇はないくらい素晴らしく、あっという間の一時間半でした。

4組のダンサーと、4人の奏者の生演奏。そして何故か生歌付き。
劇場の支配人みたいな出で立ちの人が、マイク片手にいきなり歌い出した時は肝が冷えました。
テンション上がってやらかしたのかと。

この値段からは信じられないほど、ステージの内容は充実していました。
艶かしく美しいダンスだけでなく、喜劇の様な一幕があったり、ステージ用の派手な演出があったり。

ダンス自体の魅力を通り越して、ステージが派手になりすぎる事については賛否両論あるそうですが、
素人の私には、今日の公演は本当にエキサイティングで、素晴らしいものだと思えました。

一度きりの贅沢のつもりでしたが、ちょっともう一回くらい行きたい感じです。



P6041037.jpg
路上の落書き


P6041034.jpg
信じられないでしょうけどこのデーハーなの大統領府です



IMG_5811.jpg

そんなこんなで大満足で帰路についた後は、宿でアイスパーチーがありました。

ご近所のアイス屋さんが月曜は割引デーらしく、
アイスを1キロ買うともう1キロついてくるそうなのです。

とても美味しくて頭がキーンで、楽しい時間でした。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| アルゼンチン | 23:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

アルゼンチンタンゴ1


P6021019.jpg
その辺でやってる蚤の市

アルゼンチンと言えばアルゼンチンタンゴですし、
今夜はタンゴを見ながら優雅にディナーとしけこもうではないですか。

と思ってチケットセンターを覗いたのですが、安いのが見つかりませんでした。
日曜は一応やってるけど数が少なかったり、高めだったりするようです。

なのでタンゴは明日に持ち越しで、今日はお好み焼きをやりました。
タンゴショーからお好み焼きへの転落。
結構なことではないですか。



P6021022.jpg
帰りに見た夕焼け

タンゴの話に戻りますが、
ブエノスアイレスでアルゼンチンタンゴを見る方法は結構沢山あります。

まず、散歩してるとその辺で踊っています。

それから、文化センターみたいなところで公演があります。

タンゴレストランみたいなのもあります。タンゴ用のステージがあるレストランです。
これらのチケットは、チケットセンターで買うとだいぶお得です。

あと、最近はちょうど競技タンゴの試合をやっているらしく、
早い者勝ちではあるものの無料でその試合を見られる場合がある様です。

日曜になると、どこかの公園で年配熟練ダンサーのタンゴが見られるそうです。
今日は日曜でしたが、それを知ったのは夜になってからでしたガッデム。


アルゼンチンタンゴとは、その名の通りアルゼンチン(とウルグアイ)で生まれた
音楽及びダンスの事で、単に「タンゴ」とも呼ばれます。
発祥の地はここブエノス・アイレスです。

私はペルーのクスコで路上ダンサーが踊っているのを見た事がありますが、
踊りながら互いに足を絡ませる様が非常にセクシーで、美しかったです。


そんなアルゼンチンタンゴを、明日見に行きたいと思います。
お好み焼きうめえです。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| アルゼンチン | 23:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

これまでの旅とこれからの旅(金欠)

5日ほど前のことですが、5月26日は私が旅に出てちょうど1年経った日でした。

1年前の5/26、鳥取県境港市から船に乗り、ロシア極東の町ウラジオストクへ渡りました。

そこからシベリア鉄道に乗ってユーラシア大陸を横断し、モスクワを経由してヨーロッパへ。
中欧と東欧を中心にヨーロッパを南下し、旧ユーゴスラビアを通ってトルコへ。
トルコ全土を1ヶ月かけて彷徨い、再び東欧を北上及び中欧を横断してドイツへ。
ドイツから飛行機に乗り、南米エクアドルへ。
数ヶ月かけて南米大陸を南下し、チリの主都サンチアゴへ。
サンチアゴで魔が差してチャリンコを購入し、チャリダーとしてアウストラル街道へ。
アウストラル街道完走後、調子に乗ってそのまま南米最南端ウシュワイアへ。
1ヶ月間駄目人間をやった後、またチャリを駆ってブエノス・アイレスへ。←今ここ


当初の予定では、一年で旅を終えるつもりでした。
それどころか、半年くらいで帰るかもな〜とか思っていました。



002.jpg 当初の予定


ところがどっこい、一年経っても世界の半分も回れませんでした。
そして、残り半分の行程をこなせるだけの旅費が残っておりません。

旅立ち当初の予算は200万円。

出国の為の船と、シベリア鉄道と、海外旅行保険一年分と、予防接種と、
バックパックなど必要物資購入の初期費用を覗いてのお金です。
これにはだいたい30万くらいかかったと記憶しています。

その後は、食費・宿代・移動費・観光費合わせて、
一ヶ月だいたい10万くらいで過ごしてきました。
物価が高いヨーロッパではときに13、4万かかり、
ボリビアなど安い国では5、6万で済む時もありました。

チャリンコやキャンプ用品の購入など、
チャリ旅用の準備金はなんだかんだと8万くらいかかりました。

チャリに乗り始めてからは移動費はかからなくなりましたが、
その分、移動距離に対しての所要日数が増え、
考えようによっては宿代と食費はかさむ様になりました。
チャリ旅セカンドでは毎日野宿だったので、宿代・移動費ともに無料でした。


どんぶり計算ですが、そんな感じで1年間旅を続け、
残ったお金はだいたい80万くらいです。

そこから海外旅行保険の延長にまたいくらか飛び、
カメラ修理代とか他にもなんだか色々飛び、
残金はだいたい70万くらいとなりました。
いや、60万くらいかも。
あまりちゃんと見ていません。(現実逃避)


1年旅をして、120万円の消費。
そして地球半周。

この計算で行くと残り半周にも1年かかるので、
単純に考えて必要経費は100万越え。

残り70万円。


ああ無理だなって、思う昨今です。




002.jpg 再確認


なのでやはり、ルートを変えなければいけません。

この地図に書かれた予定はすでに狂っていますが、
少し修正しつつ当初の予定を最大限採用して日本に帰るとなると、
これから中米、北米、中東、アジアを回って行かなければいけません。
加え、ちょっと時間がかかりそうな旅程をいくつか組み込みたいと考えています。

その為には、どう考えても資金が足りないのです。

物価の安いアジアに着けさえすればこっちのものですが、
行きたい国を全部回って行くと、おそらく、そこに辿り着く前に財布が空になります。


そこで、今後も旅を続けるために、私に選択できる道は2つあります。

(1)一度帰って日本でバイトをし、旅の資金を稼いで再出発する。
(2)外国で不法就労し、旅の資金を稼いで旅を続行する。
(3)カナダかオーストラリアあたりのワーホリビザを取得し、旅の資金を稼いで旅を続行する。


あ、3つだった。


足し算もろくにできない点はさておき、この3つのどれかを選ぶなら、私は

(1)一度帰ったら旅の足が途切れる感じがして何か嫌だ。
(2)ビビリのくせにそういうことすると頭髪が抜け落ちそうだから何か嫌だ。
(3)ワーホリ中は旅人ではなくなるので、結局旅の足が途切れる感じがして何か嫌だ。


あ、1個も残らなかった。


というわけなので、今すごく困っています。

でも、困って悩んで答えを出せずにダラダラ過ごしている現状が駄目すぎるので、
残ったお金を何かしょうもない事に使って、自分にトドメを刺そうかなと思っています。

そして、

(4)臓器を売る
(5)油田を掘り当てる
(6)トヨタさんお小遣いちょうだい


あたりを中心に、旅の資金を得る方法を真剣に考えたいと思います。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| アルゼンチン | 22:25 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

買い物とか

久しぶりの雰囲気にカメラを出す気が起きず、記録が何もありませんが、
ボリビアマーケットに行って来ました。

いや、実際そういう名前のマーケットなのかどうかは知りませんが、
ボリビアとかペルーのあたりの民芸品も扱っており、
ボリビアクオリティー(名実共に安いの意)のお洋服が並んでいる地区があるのです。

で、あまりにもゴチャッとしており人も多く、
ちょっとビビったためにカメラが出せなかった、という訳です。
治安も雰囲気も良いチリ・アルゼンチンに慣れすぎた様です。

出発した時点で既に降っていた雨が止むどころか土砂降りになったため、
チャリンコを停めて店舗の中に逃げ込むと、お店の人や通りすがりの人達が
「自転車気を付けて!泥棒がいるからね」と教えてくれました。

やはりあまり治安は良くないのかな?と気を引き締めると共に、
それを教えてくれる人が沢山いる事に、暖かい気持ちを覚えました。



2時間程度 迷子に 服を見て回り、ジーパンを1枚買って帰りました。

動きにくいし重いので旅にジーパンは向かないのですが、
1,000円くらいでしたし、さすがボリビアクオリティなだけあって
試着した時点で既に破れそうな緊張感がたまらなかったので、
面白半分で買ってしまったのです。
ダメージジーンズですが、わざとダメージ加工などしなくてもすぐボロボロになりそうです。


<情報コーナー>

○ ボリビアマーケット

地下鉄「Once」駅の周辺。服屋がズラッと並んでおり、すごく安いが値段相応の質。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| アルゼンチン | 23:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ブエノスの日本食材店


IMG_5791.jpg

今日も特に予定は無かったので、
チャリンコに乗ってそこらを走り回って来ました。
運動不足が甚だしいですし、普段使い用のパンツを探しに服屋を覗きたいです。

久しぶり・・という訳ではなく割とよく乗っているのですが、
チャリンコはやっぱり気持ちが良いです。
風を切って走りながら、爽快すぎて笑い出しそうになりました。

日本では主に自動車で移動している私ですが、
帰国後はチャリンコに乗り換えるというのもアリだなと思う昨今です。
ただ、私の地元は坂だらけの町なのでだいぶキツい気もします。
実家に帰ろうとするけど、最後の坂を登れない夢を2度ほど見た事があります。



IMG_5790.jpg

アウトレットを覗いてみましたが希望の形のパンツは無く、
割と早い段階で服屋めぐりに飽きたので日本食材店に行きました。

色気より食い気です。
破れハーパンとボリパンしか持っていない時点で色気以前の問題ですが。

小振りなお店ですが、お醤油はもちろん、ミソやワカメやカレーやおせんべいなど、
日本人の心を鷲掴みにしてくれる食材が沢山置いてありました。
カレールー1箱60ペソ(1200円くらい)とか、だいぶ高めなので手は出しにくいですが。

色々買いたいのは山々ですが、今後の旅のことを考えるとあまり荷物を増やしたくないので、
インスタントのおダシと粉ワサビだけ買って帰りました。
アルゼンチン牛ステーキ〜ワサビ醤油と共に〜をやりたいと思います。


<情報コーナー>

○ 日本食材店「Casa Japonesa」
住所:Venezuela 2132, Buenos Aires

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| アルゼンチン | 22:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

チャリンコ整備とか


IMG_5785.jpg

今日は特に予定が無かったので、チャリンコの掃除と整備をしました。

予定が無いならとっとと出発しなさいよと思われるかもしれませんが、
現在、日本からクレジットカードを送ってもらっており、
これを受け取るまでここから動けないのです。

クレカ郵送の件についてはまた後日書きたいと思います。



IMG_5788.jpg
本日の晩ご飯

餃子でございます。




IMG_5786.jpg
エンパナーダの皮

皮はこちら。
エンパナーダ(お惣菜パン)の皮を流用します。
ちょっと大きいですが、しっかり餃子の皮の代役を努めてくれるのです。

旅人や、外国在住日本人の間に伝わる料理の裏技は沢山あって面白いです。

聞いた中で一番感心したのは、スパゲッティーからラーメンを作る裏技です。
ゆで汁の中に重曹を大さじ1程度入れ、
スパゲッティーを茹でるとラーメンみたいな味と香りになるというものです。

詳しくは全然知りませんが、重曹に含まれるカルシウムだか何だかが
スパゲッティーと結合してうんちゃらかんちゃらだそうです。

是非一度お試しください。
私はやったことないのですが。
重曹がどこに売っているのか、そしてスペイン語で何というのか分からないので。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| アルゼンチン | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

よじ登り体験


IMG_5776.jpg

ものすごい雨の音で目覚めてみれば、雨どころかヒョウが降っていました。
チャリンコがボコボコにされております。いやあ可哀想に。強くおなり。



IMG_5778.jpg
本日のお昼ご飯

本日のお昼ご飯はお蕎麦です。

こちらも、昨日ライダーさんが買って来てくれたものです。
1キロのお蕎麦は結構な迫力でしたが、あっという間にペロリしました。
日本に帰ってからのエンゲル係数が心配です。



昼食の後は、いくらかのドルを握ってカンビオ(両替)へ。

宿から20分くらいのところにカンビオ親父の吹きだまりがあるので、
そこへ行って10数人にレートを聞いて回ったところ、
本日の平均闇レートは1ドル=8,60ペソでした。

一時は1ドル=10ペソまで上がったらしい闇レートですが、
8,60ペソだとしても正規レートに比べ約3,30ペソ(60円くらい)のお得。
悪くない数字です。


カンビオ親父はその名の通り親父が多いですが、
若い人もいるし、外国人風の人もいるし、ゴッドファーザーみたいな人もいるし、女性もいます。

が、実際には叫んでいるその人と取引する訳ではなく、
その人に導かれてどこか物陰に連れ込まれ、真のカンビオ親父と取引します。
警察に働く気がないとは言え、一応違法なのでコソコソやる必要があるのです。

なので、あんまり顔が怖い人には付いて行きたくないです。
問題は連れて行かれる先なのでカンビオ親父の人相はあまり関係ないのですが、なんとなく。

そんな訳で、若い女性のカンビオ勧誘人に付いて行く事にしました。
レートも8,70と悪くなかった上に、交渉したらゴッドファーザーに電話してくれ、
1ドル=8,78まで上げてくれたのです。
そして結構可愛い人だったのです。
なので「キュートだね可愛いね」とおだてたら照れくさそうに笑って、本気で可愛かったのです。
イッツフォーリンラブだったのです。


写真を撮ることはもちろんできませんでしたが、
雑居ビルみたいなところに連れ込まれ、一見使っていなさそうに見える一室で取引しました。
どうやら、そのフロアにあるお部屋の多くがカンビオ部屋の様です。
部屋のガラス窓やドアは全て紙で塞がれ、中は見えない様になっています。

カンビオ勧誘の女性は、ゴッドファーザーに誇らしげに
「この人達私のことキュートって言ったのよ!」と自慢していました。
可愛いです。
情報コーナーにこの人の事を書きたいですが、違法両替摘発みたいになってしまうので無理です。
だまし討ちにも程があります。



IMG_5779.jpg

当面のアルゼンチン生活に必要な金額を両替し、その後はボルダリングジムへ。

宿の宿泊客の1人がこれを趣味にしており、
非常に興味深かったので付いて来ました。

ボルダリングとは、ご覧の通りのアスレチックのことです。
壁に沢山の人口岩が取り付けられており、これを鷲掴みながら登って行きます。
岩にはマークが付けられており、初心者向けから上級者向けまで様々なコースがあります。
全ての岩を使っていいわけではないので、難しいのです。

本日ボルダリング初体験の私でございます。
初めてやりますが、運動神経にも体力にもそこそこ自信があったので、
意外とスイスイ行けるんじゃないかしら?とか思っていたら全然全く無理でした。

周りの慣れているらしき人達はスイスイ登って行くので結構簡単に見えるのですが、
実際やってみるとこれがまあキツイのなんの。
岩を使いたいだけ使っていいなら簡単なのですが、
「この岩しか使っちゃ駄目です」という本来のルールでやると、難易度が跳ね上がるのです。

岩は掴みやすいものもありますが、すごく小さいものや、下から捕らえるしかないものもあります。
そういう岩を指先だけで掴み、腕と足の力を目一杯使って自分の体重を持ち上げるのです。
ここ2週間の暴飲暴食が悔やまれます。



P5291016.jpg
ボルダリングシューズ

ちなみに靴はこんなのです。
自分のサイズよりかなり小さいものを選びます。

イメージで言うとバレエのトゥシューズに近いらしく、
靴の中で足先は少し曲がり、ガッチリ固定されています。
こうやって足先やら足の裏やらを固めないと、小さな岩を捕らえられないそうで。

が、慣れていない私にはこの靴が痛過ぎて、
あっという間に歩く事さえできなくなってしまいました。
慣れている人でも痛いものは痛いそうですが、
今回の私の靴はちょっと小さすぎたかもしれません。



IMG_5782.jpg
本日の晩ご飯/豚ステーキと中華お惣菜

結局目標にしていたルートをひとつもクリアできず、
悔しさいっぱいマメいっぱい指先真っ赤っかで帰宅しました。
またリベンジしたいです。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| アルゼンチン | 22:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

アルゼンチンのMacパソコンのお値段がべらぼう

IMG_5763.jpg

IMG_5765.jpg
本日のお昼ご飯

昨日再びぶっ壊れたカメラを直しに、カメラ屋さんへ行きました。
その前にお昼ご飯です。

ドルを大量に持っている今、それを闇レート両替すると思うと全てが安く見える・・!
という、ブエノスに大量にいるドル箱旅人の一員になった私は外食も何のそのです。

デザート&飲み物付きのランチセットが35ペソ。
正規レート計算で640円。
闇レートだと400円でございます。



IMG_5769.jpg
途中にあった公園

カメラは前回と同じくシャッターボタンが外れただけですが、
今回は外れたボタンを紛失していないので修理はすぐできるそうです。
もちろん、今回は無料です。

一時間半後に取りに来てねとのことだったので、その間にアップルストアへ。


今回アップルストアに来た目的は、
壊れパソコンの修理見積書を作ってもらう事と、
新品で買った場合の値段を聞く事です。

パソコン修理には一ヶ月かかると分かっているので、ここで修理に出す気はありませんが、
保険屋さんに修理代を請求するにあたり見積書だけは取得しておきたかったのです。

前回ここを尋ねた時には、修理代は6,900ペソ(13万くらい)と言われました。
が、私はこれを疑っております。
液晶の交換だけでこの値段は高すぎるし、きっと聞き間違いだと思ったのです。
説明はスペイン語で、よく理解できなかったので。

前回聞き取れた範囲では、お姉さんは「ここでは修理できない」とか、
「在庫が無いの」とかそういうようなことを言っていました。
それらをひとつひとつ思い出し、整頓し直すと、

「修理代は6,900ペソ(13万くらい)です。」

ではなく、
「修理できないから、新品で買うことになります。新品価格は6,900ペソです。」
と言う様なことを言われたのでは?
という気がしてきたのです。

日本で買うと8万9千円のパソコンがアルゼンチンでは13万円!
というのならば、まだ、100歩譲れば、理解できないでもないです。
修理代が13万円と言われるよりはよほど。

というわけで、今回は英語のできる店員さんを捕まえ、
お姉さんのお話を同時通訳してもらうことにしました。


結果、

「修理代は6,900ペソ(13万円)です(^^)」
「新品で買うと13,999ペソ(26万8千円)です(^^)」


ということが分かりました。


この国どうなってんの。



IMG_5771.jpg
カメラ直りました

パソコンの事はもう忘れる事にして、本日の晩ご飯は麻婆豆腐です。


IMG_5772.jpg
本日の晩ご飯/麻婆豆腐

ライダーさんが中華食材店で素敵食材を沢山買って来てくれたのです。

大きな街だと、中華食材や日本食材が手に入るのが嬉しいです。
やはり、ときどきアジア味が恋しくなります。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| アルゼンチン | 23:22 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

コロン劇場、カメラ再破損、そして旅立ち一周年


P5270999.jpg
コロン劇場

今日は早起きし、宿の管理人さんにコロン劇場に連れて行って貰いました。

ブエノス・アイレスにあるコロン劇場は、
ミラノのスカラ座、パリのオペラ座と並び、世界三大劇場に数えられているんだそうです。

そんな場所に私の様な貧乏旅行者が行っていいのでしょうか!?
お金ないです!
あとボリパンか破れハーフパンツ(チャリ用)しか持ってないです!

とビビリましたが、今日は無料で公演を見られるスペシャルデーなんだそうです。
ドレスコードなど無く、今できる精一杯のお洒落をしていけば大丈夫ですよ、とのこと。

とは言っても私の精一杯はボリパンなのでもうどうしようもないのですが、
何も履かずに行くよりはいくらかマシだろうと思ったので許してもらう事にしました。
一応、前日に一度洗濯しておきました。
あと一番綺麗な靴下を履いて行きました。



P5270995.jpg

P5260983.jpg

P5260992.jpg

美しいです。
やっぱり帰っていいですかここボリパンで来ていい所じゃないです。



P5260982.jpg

本日の公演はピアノアンサンブルでした。

アンサンブルの意味も知らずに格好つけて書きましたが、
今ウィキペディアで調べて見たところよく理解できませんでした。

ピアノとバイオリンとチェロの、3人の奏者の共演でした。


演奏中はもちろん撮影などできないので写真は残っていませんが、
優しくて綺麗な音色で、すごく心地が良かったです。



IMG_5741.jpg
本日のお昼ご飯/チョリパン

公演は午前中で終わってしまったので、
その後は近くにある観光名所をもう一つ見に行きました。

その前にお昼ご飯。
朝食を食べずに出て来たので、腹ぺこだったのです。


腹ごしらえも済ませ、さあ本日2個目の目的地へ。




IMG_5755.jpg

・・入る直前に、カメラがまた壊れました。


修理屋さんよ・・・



IMG_5744.jpg

IMG_5745.jpg
レコレータ墓地

カメラはもう放っておくとして、目的地はここです。
写真はアイフォンで撮影しております。

レコレータ墓地はご覧の通りとても美しい造形のお墓が並んでいるところで、
ブエノス・アイレスの有名人、大統領、お金持ちの皆さんなどが眠っている高級墓地なんだそうです。

ひとつひとつのお墓が畳三畳分くらい、ものによっては5畳分くらいの大きさで、
大理石や美しい彫刻で飾られ、屋根の上には大天使様が舞っています。
落ち着いて眠れなさそうです。



IMG_5747.jpg
墓地ねこ

なお、これだけの規模のお墓なので、当然、維持費も相当かかります。
宿の管理人さんに教えて頂いた話によると、
維持費が払えなくなった場合そのお墓は問答無用で撤去され、土地は売りに出されるんだそうです。

そんなことになるくらいなら、私はお墓なんて無くてもいいやと思いました。
私が死んだらその辺の野っぱらに打ち捨ててください。
それか鳥葬にしてください。
動物達の血となり肉となりうんことなり土に帰れるなら、本望です。
骨まで美味しく頂かれたいです。



IMG_5751.jpg
疲れたので地下鉄で帰宅

さて、実は、今日は旅立ちからちょうど一年経った日でした。
一年前の今日、鳥取県の境港から船に乗り、日本を発ったのです。


一周年ということで、これまでの旅について、そして今後の旅について
嫌が応にも考えざるを得なくなったのですが、
それについては、6/1の日記で書きたいと思います。旅の予算などについてもまとめて。

何故6/1かと言うと、この日の日記が白紙で写真も一枚も残っておらず、
きっとこの日は一日中ダラけていただけなので
旅立ち一周年の記事をこの日に書いて誤摩化そうという



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| アルゼンチン | 23:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

アルゼンチンでのパソコン修理代がべらぼう

昨夜はうなされませんでした。
3日かかりましたが、ベッドで眠る夜に慣れたようです。

ペーペーチャリダーの私ですらこんな悪夢を見るのだから、
長くテント生活をしている人達はもうベッドで寝られない体になっているのではないでしょうか。
どうなんですかそこんところ。
皆さん社会復帰出来ているんですか。
それともお部屋の中でテント張って寝てるんですか。



1305201.jpg

カメラ直りました。
明らかに正規品じゃないスイッチがひっついておりますが、
とりあえず使えるようになればそれでいいです。



IMG_5653.jpg

今日は壊れパソコンを修理に出しました。

・・・出しに行ったけど、出せませんでした。

色々調べた上で予想していた修理費用は3〜5万くらいだったのですが、
実際のところは6,900ペソ(13万くらい)だったのです。

13まんて。

私のパソコン、新品で買っても8万9千円なのですが。
型落ち展示品を買ったので実際の購入価格は4万円だったのですが。

提示された金額を見て目の前に星を散らしていたら、
横に並んでいたお客さんが

「それペソだから!ドルじゃないわよ!大丈夫!」

と励ましてくれました。
ドルとペソは通貨記号が一緒なので、間違えていると思われた様です。

ペソだとしても13万なので全然大丈夫じゃありませんが、
ドルだとしたら6,900ドル=69万円
なのでいくらなんでもそこは間違えません。


さらに、修理にどれくらいの時間がかかるかも聞いて見たら

「1ヶ月か、もっと長いかも(^^)」

「ここでは修理できないの(^^)外国に出すから(^^)」

「てか他の国で修理出した方がいいわよ(^^)」


みたいなことを言われました。
多分。
英語が通じなくてスペイン語だったのでよく分かりません。

後から聞いた話ですが、アルゼンチンは外国製品に
高額の関税をかけているそうなのです。



修理費用13万、期間1ヶ月以上。

保険は購入価格より高い修理代は出ないし、
自分の財布からなんてもっと出ないし、
1ヶ月はさすがに待てないし、
予想外の返答の連続で頭がパーンとなったので、そのままフラフラと帰宅しました。



宿で珈琲を飲んで落ち着いた後、保険会社に電話してみました。
「13まんだしてくれますか?」と聞く為です。

返答はと言うと、やっぱり出ませんでした。
あたりまえです。

保険屋さんに教えて頂いた内容を要約すると、

・購入価格を越える修理代は出せない。
・例えば5万で購入したPCの修理代が6万なら、5万までは出せる。1万は自腹で。
・ただし、購入してから日数が経つにつれPCの価値はどんどん下がるので、出せる修理費用も下がる。
・購入して1年以内ならまだ価値は下がらず、購入価格まで出せる。
・見積書で修理代を請求し、実際は修理に出さず、下りた保険金で新しいPCを購入してもOK。
・「低橋さんのPCは5、6万で購入されたとのことなので、5、6万までは出せるという事ですね〜」


え、何故知っているのですかと思ったら、
3ヶ月前、PCが壊れた日に保険屋に電話し、購入価格を聞かれ、馬鹿正直に

「セール品で買ったので安かったです〜5.6万でした☆」

と自分からバラしたみたいです。
3ヶ月前の自分をぶん殴りたいです。
私のパソコンの新品価格は8万9千円なので、
そう言っておけば8万9千円までの修理代を出してもらえたと言うのに。
むしろ「20万で購入しました!」とでも言っておけば良かったのに。

5、6万出してもらえたとしても実際の修理費用は13万。
残りの8万は自腹になるので、とてもじゃないですがこの値段で修理を頼む気にはなれません。
ズルしようとするからこういうことになるのです。

まあ、日本ならおそらく4万以内で修理出来るので、そうしようと思います。
旅中に使うパソコンは、何か代替品を購入する事を検討したいと思います。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| アルゼンチン | 23:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PC修理とか闇両替とか

3日連続で寝床が見つからない夢を見てうなされています。
朝「ハッ!」と目が覚めて飛び起きると、全身びっしょり汗をかいています。
そんなうなされるほど寝床探しで困った事はなかったはずですが。

我が事ながら 阿呆かと とても可哀想なので、
今夜また同じ夢を見たら明日はテントと寝袋で寝ようと思います。


IMG_5645.jpg

壊れカメラを修理に出しました。

壊れたと言ってもシャッターボタンが取れただけなので、
一晩預けるだけで直してもらえるようです。
修理費用は480ペソ(9000円くらい)でした。
財布に大打撃です。保険屋さん頼みます。本当に。

あと保険の請求書のコピーをとったり必要事項を記入したり、
壊れ具合の写真を撮って印刷する用意をしたりもしました。
分かっていた事ですが、保険請求は本当に面倒くさいですね。


カメラ屋に行くついでに、両替おやじが沢山いる通りを歩いてみたりもしました。
パソコンを修理する費用も作っておかないといけないので。

先日ちょっと書きましたが、アルゼンチンは現在経済崩壊間近で、
アルゼンチン通貨ペソの価値がダダ下がりです。
そういう事情から、いつ紙切れになるかも分からないペソより
安全なドルを入手したいアルゼンチン人達は、破格のレートでドルとペソを交換してくれるのです。

現在のレートで言うと、公式が1ドル=5.2ペソくらいのところを闇だと8.5ペソとかそんなんです。
1ドル替えただけで3ペソ(60円くらい)得するのです。
100ドル札じゃないと駄目とか、数字が大きいほど有利とか、色んな条件もありますが。

闇両替は普通に違法ですが、彼らは道端で堂々と「カンビオ(両替)カンビオ〜」と叫んでおり、
その横をポリスの人があくびしながら通り過て行きます。働け。
が、普段はそうでも、たまにガサ入れがあって一斉に捕まったりもするそうです。
その際は闇両替に手を出した旅行者も一緒にお縄になるので、なかなかのスリルです。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| アルゼンチン | 23:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

日曜市とか


IMG_5653.jpg

壊れパソコンは相変わらず壊れたままですが、



IMG_5645.jpg

壊れカメラも壊れたままです。

あれもこれも壊れています。
無事なのはアイフォンだけですがこれも近いうちに壊れるんじゃないですかね。この流れで行くと。



とかやさぐれていても仕方が無いので、修理屋探しを始めました。
パソコンはアップルストアで、カメラはオリンパスを扱っている店ならまあどこでもいいかと思います。

で、ネット検索と情報ノートと、宿の管理人さんに教えて頂いて、
無事アップルストアとカメラの修理屋候補が見つかりました。

さっそく修理だ!といきたいところですが、
今日は日曜で修理屋は開いていないと思われるのでまだ行けません。
なので、その前にもう一仕事。保険会社に電話です。

私は海外旅行保険に入っており、その中には携行品損害保険も含まれているので、
今回のパソコン及びカメラの修理代を請求する事ができるのです。
保険は必ず下りるものでもないのでその確認だったのですが、
口頭で修理内容を説明して相談してみた限りでは問題は無さそうです。

その他必要書類などについても再確認し、
保険請求って面倒くさいなということも再確認しました。



IMG_5654.jpg

その後は日曜市にでかけました。
宿の近くのナンチャラ通りという所では、毎週日曜に蚤の市が開かれるそうなのです。



IMG_5673.jpg

売られているものは様々ですが、この地域に集まっているお店の傾向上、
骨董品を並べているお店が多いようです。
写真はメルカド内にあった骨董品店です。



IMG_5661.jpg

IMG_5658.jpg

IMG_5668.jpg

路上パフォーマーの人も沢山見かけました。
操り人形ショーや、タンゴショーなど。



IMG_5662.jpg

宿の周りは古い町並みが残った素敵地域で、こんな美しい通りも沢山あります。
石畳はチャリンコで走るのは大変ですが、のんびり散歩するのはとても気持ちが良いです。



IMG_5663.jpg

IMG_5666.jpg
本日のお昼ご飯

公園で売っていたチョリパンです。
チョリソを挟んだパン、通称チョリパン。
日本人のみそう呼んでいるとかではなく、正式名称です。



IMG_5660.jpg
なんか教会

IMG_5677.jpg
オベリスク

普通に歩けば15分くらいの道のりをのんびりゆっくり2時間歩き、
蚤の市地域を抜けた所で本日のお散歩終了です。
久しぶりにきらびやかなものを見た気がします。



IMG_5685.jpg
本日の晩ご飯

鳥の丸焼きです。
宿のキッチンにオーブンがついていたので。
オーブンがあったらとりあえず何かを丸焼くのがマナーです。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| アルゼンチン | 22:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

ブエノスでやるべき面倒事開始

ブエノス到着から一夜明けて。

久しぶりにベッドで寝たのが慣れなかったのか、
昨日は野宿場所が見つからない夢を見てうなされました。



IMG_5637.jpg

ウシュワイアを出て以来、実に3週間振りのフレッシュな朝ご飯です。
チャリ旅中は生野菜は食べられないので。
別に食べようと思えば食べられるのですが、
重たいし崩れやすい野菜を持ち歩きたくなくて加工品に頼りがちなのです。



IMG_5638.jpg

お昼ご飯はパナデリア(パン屋さん)に行きました。
アルゼンチンのパンは何だか妙に美味しいです。
小麦が良いのでしょうか。


腹越しらえが済んだ後は、保険更新手続きの為の準備を始めました。
あと一週間くらいで海外旅行保険が切れるので。

準備と言っても、保険会社にメールをして
「更新ってどうやってやるんですか?」と聞いただけですが。
旅立ち前にも電話で聞いていたのに、世話の焼ける顧客と思われている事でしょう。



IMG_4477.jpg
壊れ液晶

もう3ヶ月くらい経って私もちょっとこの状況に慣れて来たのですが、
私の壊れパソコンはまだ壊れたままです。

使っているパソコンはMac Book Airで、
もしかしたらその辺の名も無き修理屋でも直してくれるかもしれないのですが、
なんとなくアップルの正規店に出した方が良いような気がしてここまで我慢して来ました。

そこそこちゃんとした国アルゼンチンの首都ブエノスなら、
アップルストアのひとつやふたつあるかと思いまして。

で、修理に出すとなるとしばらくパソコンが使えないので、
その前にチャリ旅編だけでも終わらせたいと思い午後はずっとブログを書いていました。

でもまた2週間くらい遅れているので、ああ全然追いつけないなと思いました。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| アルゼンチン | 22:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

急に慌てふためく出発準備2

P4270726.jpg

虹が出ていました。美しいですね。


さて、本日は忙しいです。
明日出ると決めたからには絶対出たいので、今日中にバスの切符の手配と、
チャリンコを梱包する準備と、その他の荷造りを全て済ませないといけないのです。

普通ならその程度半日で済ませられると思いますが、
長い沈没生活で脳も体も腐り切った今の私には大仕事です。

というわけで、久しぶりに早起きをして早速チャリンコ屋へ。
昨日、輪行袋を置いていないか聞けなかった店が1軒だけあるので、
最後の望みをかけてまずはそれを聞きに行ったのです。


ところで、チャリダーは普通輪行袋を持ち歩いているものらしいです。
サドルの下に小さな袋を付けているチャリダーをよく見かけ、
あら何かしら可愛いですね、工具入れですかね、とか思っていたのですが輪行袋だったそうで。
輪行袋たる存在すら、チャリ旅を初めて1ヶ月以上経つまで知らなかった私でございます。
チャリンコの旅、奥が深いですね。

私と同じチャリンコ素人の方がいらっしゃるかもしれないので念のため解説致しますと、
輪行袋とはその名の通り、チャリンコを持ち歩くための袋です。
色んなタイプがある様ですが、前輪だけ外して少しコンパクトにし、入れるタイプが一般的の様です。
日本では電車やバスにチャリンコを載せられないので、重宝するそうです。


そんな輪行袋ですが、最後の希望の店にもありませんでした。
なのでやっぱり金物屋でビニールシートを買う作戦で行きます。

あまりに忙しかったため写真を撮り忘れましたが、
無事、ビニールシートを買う事ができました。正確にはナイロンシートです。
4×2メートルで40ペソ(800円)くらい。
これとガムテープを買い、簡易輪行袋をこしらえました。

今日中に梱包できてしまえば楽なのですが、
明日は自転車に乗ってバスターミナルまで行かないといけないので袋を作っておくだけです。
ターミナルはセントロにあり、宿から徒歩40分くらいかかるので。
バスは5:00発なので、市バスもタクシーも動いていないのです。
チャリンコで行くしかありません。

ターミナルですぐに梱包出来る様万全の準備を整えた後は、バスのチケットを買いに行きました。
昨日の今日なので覚えていてもらえた様で、事は簡単に済みました。
チャリンコの梱包については詳しく聞いておりませんが、
詳しく聞いて「そんなんじゃ駄目よ!」とか言われたら困るので触れないでおきました。
とりあえずお金を払ってしまえばこっちのものです。きっと何とでもなります。

で、チケットを持って宿に帰り、チャリンコの整備をし、
同じく明日出発するライダーさんと最後の晩餐をし、
出発のための荷造りをしているうちにあっという間に日付が変わり、
ほとんど睡眠時間を稼げぬまま出発時刻となりました。

3:00起き、3:30出発です。
4:30までに来いと言われており、その前にターミナルに着いて
チャリンコを梱包しないといけないので余裕を持った出発なのです。

夜中のウシュワイアは極寒でした。


<情報コーナー>

○ バス会社

セントロのツーリストインフォに行けば全てのバスの時刻、値段、会社などの最新情報を書いた紙をくれる。
バスターミナルはバスが発着するだけのただの駐車場で、バス会社はセントロ内に点々とある。

私が今回買ったのは、リオガジェゴス行き425ペソ(+自転車郵送料100ペソ)。
所要12時間。早朝5:00出発。
バス料金は年々高くなっているので、来年はまた大幅に変更されている可能性大。

ウシュワイアから出るバスはどれも、4:00〜7:00の早朝発のものが多い。
そのくせ、到着も深夜3:00とかだったりするので何かしたいのかよく分からない。

早朝は市バスもタクシーも動いていないので、早朝バスに乗る場合は前日のうちにセントロの宿に
移動しておくのがベスト。上野山荘からセントロは徒歩40分はかかるので。荷物があれば1時間以上。


○ 金物屋

上野山荘から徒歩5分くらいのところに2軒ある。
説明し辛いが、上野山荘前の道を下り、左折し、大きな通り(角にバス停がある)に出たら左折。ここに1軒目が。その先の通りを右折した左手側に2軒目がある。上野山荘の管理人さんに聞けば教えてもらえるはず。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| アルゼンチン | 23:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

急に慌てふためく出発準備1

今日は早朝に沈没仲間を見送った後、バスの切符を買いに行きました。

が、買えませんでした。

先日聞きに行った時にはチャリンコはそのまま載せられそうな感じだったのですが、
今回もう一度聞いたら、「梱包してください」と言われてしまったのです。

「でも袋も箱も持ってないんです」
「それだと載せられないの。ごめんなさいね」
「そ、そうですか・・・」

と泣く泣く引き下がり、仕方なく箱を求めてチャリンコ屋へ。
が、置いてませんでした。
輪行袋も置いてません。

困りました。

というわけでふらふらと宿に戻り、頭を抱えていたら良い情報が。
ブエノスアイレスにお住まいの上野山荘オーナー夫妻が現在ウシュワイアに帰省中なのですが、
ご夫人のいつこさんが金物屋の場所を教えて下さったのです。
そこでビニールシートみたいなものを買い、自転車をぐるぐる巻いちゃえば乗せて貰えると思うよー
とのこと。

その作戦で行きたいと思います。
今日はこれからあまちゃんが始まるので、ここまでです。
続きは明日。


<情報コーナー>

○ ウシュワイアの自転車屋

一応2軒+近いものが1軒あるが、どれも小さく、品揃えはイマイチ。

(1)、(2)サンマルティン通り1400番台の左手側(海側)に2軒

1軒は地下に小さな自転車屋が。
その隣は家電ショップみたいな感じだが、自転車も置いてるらしい。

(3)サンマルティン通り800番台と900番台の間の角に1軒「Ushuaia DTT」

小さな店だが、この3軒の中では一番品揃えはいいと思う。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| アルゼンチン | 22:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

鳥の丸焼き


IMG_5385.jpg

今日は沈没仲間3人で食べられる最後の晩餐なので、鳥を丸焼いてみました。
ニワトリ1羽、大きめのやつで60ペソ(1200円)くらいでした。

ここらにはニャンドゥというふざけた名前の小さなダチョウみたいな野鳥がおり、
ちょうどオーブンに詰め込めそうなサイズなので
「ちょっと行って捕まえてこようか」という案も出ましたが、時間が無いので却下されました。


それはさておき、最後の晩餐なのです。
沈没仲間の1人、チャリダーさんは明日早朝のバスでここを出てしまいます。
別に3人で何をしていたわけでもなく、毎日NHKを見てスーパーに行って箱ワインを飲んで
ダラダラしていただけですが、なんだか無性に楽しく、離れがたかったです。

毎日動き回っていた旅の前半ではとても考えられなかった日々ですが、私の旅もそろそろ1年。
こんなのんびりした時間も悪くないと思えるくらい、マイペースな考え方が出来る様になったようです。

沈没旅人をどう見るかは色んなご意見があるでしょうが、私は、新しい視点を得られた事を嬉しく思います。
そして、「癖にならない様にしないとな」とちょっと嫌な汗もかいたのでした。



さて、沈没仲間の一角が崩れたことにより、
私もいいかげん出発の日を決める事と致しました。

出発は明々後日、日曜ということにします。
明日切符を買いに行って、出発の準備をして、
溜まったブログを出来るだけ片付けるための2日の猶予です。

また、実はウシュワイア滞在中はほぼ毎日雨が降っていたのですが、
日曜あたりからしばらく良いお天気が続きそうなのです。

日曜にバスでウシュワイアを出て、月曜からチャリ旅第二ラウンドに突入します。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| アルゼンチン | 22:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

夕飯の食材を獲りに

P4250708.jpg

いつもの様にNHKの昼ドラを見ていたらパエリアが出て来て、
猛烈に食べたくなったのでムール貝を探しに来ました。

先日国立公園内でムール貝と謎の貝を拾ってきましたが、
そこまで行こうとするとまた一日仕事なので今回は近場へ。
ウシュワイア到着翌日に行った、曲がった木があるあたりの海岸です。
ここにムール貝があるかどうかは知りませんが、とりあえず見に来てみた次第です。



P4250710.jpg

上空に不穏な気配を感じて見上げると、パラグライダーを楽しんでいる人がいました。
なかなか気持ち良さそうです。地元の人でしょうか。



P4250711.jpg

今回はチャリンコで1人で来たので、
20分ほどで目星を付けていた海岸に辿り着きました。

他の場所は崖になっていて海まで降りられませんが、
ここには駐車場もあり、海岸沿いに簡単に行ける様になっているのです。
今日はお天気が良いので、ピクニックに来ている人もいました。



P4250716.jpg
海岸

広くて美しいビーチですが、ムール貝はいなさそうです。
海辺でキャッキャウフフ楽しんでいる家族連れやカップルさんを後目に、
私は一人ムール貝を求めて奥地へと進みます。

「どこ行くの?」
「あっち」

獲物を奪われては敵わんので、目的は伏せて参ります。
上野山荘の管理人さん曰くここらの人はムール貝には興味がないそうなので、
おそらく敵ではありませんが、念のため。私の夕飯は誰にも渡しません。



P4250719.jpg
対岸

ウシュワイアに降り立つ飛行機が見えました。
今頃来たってツアーは全部終わってますけども大丈夫でしょうか。



P4250721.jpg
謎の巨大生物がいました。
ウッシーでしょうか。いいえ、アシカです。(多分)



P4250722.jpg

大量発生しているムール貝を発見しました。

ただ、結構小さいです。
大きいのもありますがそれらは深い所にしかおらず、
この寒空の下海に漬かる気にはとてもなれなかったので
手の届く範囲の小さいのだけ獲って帰りました。
タッパ2つ分、3キロくらい獲ったのでリュックが重い上ガチャガチャうるさいです。



IMG_5363.jpg
パエリア制作中(5人前くらい)

というわけで無事、パエリアにありつく事ができました。
もう少し早くあの場所に気付いていれば毎日でも獲りに行ったものを、惜しい事をしました。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| アルゼンチン | 22:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

今後の走行予定

明日バス会社を見に行きます〜と行ってから2日経ちましたが、見に行きました。



大きな地図で見る
(A)ウシュワイア(B)リオ・ガジェゴス(C)ブエノス・アイレス

とりあえずこのリオ・ガジェゴスという町までバスでワープしようと思うのですが、
思ったよりだいぶ高かったです。425ペソ(8,000円くらい)。
さらに、私は自転車を載せないといけないので追加で100ペソ請求されます。

まあでもウシュワイア手前の10キロの坂と8キロのガリバルディ峠越えをするのが嫌すぎるので、
多少お金を払ってでも、バスで行く方向で参りたいと思います。

でもとりあえず、今日はチケットは買いませんでした。
今日は様子見なのです。いつ出るかはまた天気予報と地図を見て決めます。



IMG_5361.jpg

バス会社の帰りに本屋に寄って地図を買いました。
ブエノスまでの地図は置いてなかったため、ブエノスの数百キロ手前の町までの地図です。
その町まで辿り着いたら、またそこで買い足したいと思います。

改めて地図を見てみると、
ブエノスアイレスは私のチャリ旅スタート地点であるプエルト・モンより遥か北にありました。
緯度で言うとサンチアゴに近いです。

めちゃくちゃ遠いです。
3,100キロあります。

マトモに行ったら2ヶ月くらいかかりそうなので、
今回は無理せずバスとヒッチハイクを挟みながら参りたいと思います。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| アルゼンチン | 22:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

捨てる神あればパワーアップする神あり

自転車で行くとなると、装備の見直しが必要です。

私のチャリ旅は足りないものが多すぎました。
走って行くうちに何が足りないかは少しずつ分かってきましたが、
「もうすぐゴールだし・・」とそのままにしてきたものが沢山あるのです。



P4230705.jpg

まずは軍手。
ご覧の通りスマートフォン対応軍手になってしまったので、新しいものが欲しいです。
普通、自転車に乗るにはそれ様のちゃんとした手袋があるのですが、高いので私は軍手です。



P4190701.jpg
new軍手(右上)

沈没仲間に貰いました!
彼はここで自転車を降りるので、色々置いて行ってくれたのです。

他にも、ここ上野山荘には旅人達が捨てて行った旅グッズが沢山あります。
チャリダーも多いので、それ様のグッズも。
ウシュワイアをゴールに定め、この後すぐ帰国する旅行者が多い為です。
軍手と一緒に写真に写っている物達も、そんな要らない物ボックスから頂戴しました。

軍手の下にあるレインボーカラーの物体はブランケットです。
沈没している間にすっかり冬になってしまったので、野宿時の防寒対策として。

真ん中上はガス缶。結構高いので、助かります。

真ん中下はビニールシートです。
私のテントは雨に全く耐えない残念仕様なので、雨対策に。

左の黒いのはスパッツです。
私のそれは破れかぶれなので。それでもまだ履きますが。
下のレディーガガみたいなのは残念ながらサイズが合わなかったので置いて行きました。



P4190702.jpg
マット

上野山荘で知り合ったチャリダーのおじ様から頂いたマットです。
代わりに、私の破れマットを置いて行きました。
まだ使えるので、来年以降の北上チャリダーのお役に立てればと思います。
フィッツロイのキャンプ場で拾ったマットなのでご利益があるかもしれませんよ。



P4290743.jpg
手袋

手袋も要らない物ボックスから見つけました。
指を出したりしまったりできるやつです。
実際走ってみて、軍手じゃ間に合わないくらい寒くなっている様なら使いたいと思います。



IMG_5383.jpg

整備用の工具もちょっと増えました。
レンチとか、ペンチとか。

ウシュワイアゴール直前のチェーン切れ事件が未だトラウマなので、
分かる範囲だけでも工具を増やす事にしたのです。

一番右に写っている謎の黒い物体はパンク修理パッチです。
大量に捨ててあったので。



P4290737.jpg
ハンドルバーバッグ

そしてこちら!
ハンドルバーバッグでございます。
こちらもチャリダーおじ様から頂きました。

私ずっとこれに憧れていたんです。チャリダーっぽいじゃないですか!
それに、言うまでもなくものすごく便利です。走りながら地図が見られるんですよ!

私がこれまで使っていたハンドルバーバッグは、そのへんで500円くらいで買った普通のバッグを
無理矢理くくったものだったので使いにくいどころの騒ぎじゃありませんでしたが、
それどころか紐が2度切れましたが、これからはそんな心配も無くなります。

写真では伝わりにくいですが、結構容量があるので色々入れられるのも嬉しいです。


そんな感じで、捨てる神々の落とし物だけで相当のパワーアップを果たした私でございます。
ブエノスまではかなりの距離がありますが、頑張って参りたいと思います!(まだ出ないけど!)


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| アルゼンチン | 22:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

唐突に突きつけられる現実


IMG_5358.jpg
どんどん豪華になる朝食(朝から暇だから)

シーズンオフとなりお客さんがあまり来なくなった上野山荘ですが、
チラホラと、新しい仲間が増えたり減ったりしています。

「どれくらいここにいるんですか?」
「う・・まあ、ちょっと長くなっちゃってるかな〜みたいな・・・」

という会話ももう苦しくなって来た昨今ですが、
ついに、沈没仲間全員が現実を見る日が来ました。
管理人さんから、1ヶ月分の宿代のお知らせが来たのです。

流石にまだ1ヶ月は経っていないのですが、額が大きいので早めにお伝えしますとのことで。
一ヶ月以上いる場合でも、ここを一区切りにして一度清算するそうなのです。


もうすぐ1ヶ月になるのか・・・

いやいやいやいや

と、全員慌て出しました。


月曜になったら(平日になったら)バス会社を見に行こう・・
と沈没仲間の1人が呟いたことをきっかけに、私もついに現実を見る事に。

沈没仲間2人は私より2日早くここに着いているので、この2人が出るまでは私もここに居ようという
他人任せな考えで今日までダラダラしてきましたが、彼らが出るとなると私も出なければいけません。
というか1人でここにいてもつまらないので、彼らが出るなら私も出たいです。

沈没仲間の1人であるチャリダーさんはここでチャリ旅を終えたので、ここからはバスや飛行機で移動します。
もう1人はライダーさんなので、またバイクに乗って移動します。ブエノスまで北上するそうです。

私は、どうしましょう。

・・というのは、実はもう決めてあります。

もう少しだけ自転車に乗ります。
とりあえずは、ブエノス・アイレスまで。


結局自転車は手放せず、でもずっと自転車に乗り続ける覚悟があるわけでもなく、
じゃあどうすれば? → とりあえずもうちょい乗るか。そいでブエノス着いてから考えよう。
という事なので ただ問題を先送りにしただけです。

1ヶ月近くもグダグダ悩んだくせにお粗末な結論となりましたが、
それもまた自由旅行の醍醐味なんじゃないですか!知りません!誰か決めて!



自転車に乗る事にした理由を補足しますと、
ブエノス・アイレスまでバスで行くと4万円、飛行機だと3万円と、非常にお高かったのです。

もう誰も覚えていないかもしれませんが私のパソコンはまだ壊れたままで、
ついでにクレカ2枚も使えない状態なのでこれらの問題を片付けないといけません。
そのために、とりあえず主都ブエノスに行けば色々やりやすかろうと思い、
次の目的ににここを選んだのですが、上記の通りのお値段だったわけです。

が、チャリで行くと無料です。

食費と時間と宿代は余計にかかりますが、宿代は野宿を増やす事でだいぶ抑えられます。
食費はチャリダーをやっていなかったこの1ヶ月でも大して変わらなかったのでもう諦めます。
時間はあります。

とは言いつつ、一応、少し急ぎ目でブエノスを目指したいと思います。
もう冬が来ていますし、もうすぐ海外旅行保険が切れますし、上記の問題色々もとっとと片付けたいので。

なので、とりあえず最初は少しバスに乗ります。
ここから北上するには一度通って来た道をまた戻らねばならず、
一度通って来た道なので峠越えがわんさかあることもよく知っており、全く気が乗らないので。

というわけで、来週になったらバス会社を見に行きたいと思います。
来週って明日だけど。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| アルゼンチン | 23:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT