| PAGE-SELECT |

調べ出したら止まらないそしてブログが溜まる in モスタル


七夕ですね。

2009年の七夕はドイツに留学中だったのですが、そのとき笹の葉・・は無いので観葉植物に願い事を吊るしました。その頃は画家になって海外で活動したいという夢が一番だったので、「パトロンが現れてヨーロッパで制作できますように」という他力本願な夢を書きました。もちろんこれで叶うと思うほど純粋でもないので冗談だったのですが、

ほんとに現れまして、

旅先のローマで知り合ったじいさんが実は現代美術好きで若手作家のパトロンをしているというパリの中小企業社長で、何それ私作家志望なんですけど連れてって下さいと言ったら名刺をくれ、いつでも訪ねて来なさいと言ってくれました。

なのに行きませんでした。

さすがに怪しいと思ったのと勇気が足りなかったからで、帰国後大学の先生に話したら案の定、危ない橋を渡ろうとした事を叱って貰えてすごく安心したのですが、それでも当時は何ヶ月も夢に見るほどの後悔も残りました。怪しさ満点なことは理解しつつも、着いて行っていたら違う人生を歩んでいただろうかと。

旅してる今が幸せなのでもう何とも思わないですけどね。
青い時代の甘じょっぱい思い出です。





七夕はさておきモスタル見学です。


P7073651.jpg

P7073638.jpg

メインシンボルの橋の周辺は一大観光スポットとなっており、
沢山の土産物屋が立ち並んでいます。
聞いた話によるとトルコの雰囲気に近いそうです。



P7073705.jpg
トルココーヒーセット

これ欲しかったです。
トルココーヒーあんまり好きじゃないんですけども。



IMG_1462 2
本日のお昼ご飯

ローカルフードで何かお勧め教えてと言ったら出て来たもの。
パプリカの肉詰めみたいなのと、ボスニアンクッキーとか言う名前の薄いハンバーグと、牛肉の何かと、ピラフでした。




P7073623.jpg

街のシンボルであるスタリ・モストです。単純に「オールドブリッジ」という意味なんだそうです。
紛争で粉々に破壊されたこの橋は、ユネスコの監修のもと見事に復旧を果たしています。



P7073706.jpg

この橋が破壊される瞬間の映像を、橋のたもとのギャラリーで見ることができます。

また、隣にある博物館ではこの橋を復旧する過程をおさめた映像を見ることができます。
石造りの橋の、最後のパーツをはめた瞬間沸き起こる拍手は感動ものです。

写真の正面が博物館で、ギャラリーは右手の店の手前にあります。



P7083762.jpg

P7083761.jpg

橋のゲート下にはこんな石が。
大切なメッセージです。

私はありませんでしたが、これを撮ろうとすると2ユーロ要求されるという話を聞きました。
阿呆かと思いました。金銭を要求してくる輩は現地民では無いと信じたいです。
何の為のメッセージかを分かっている人間ならそんな愚行は犯さないはずです。私はそう信じたいです。




P7073728.jpg

P7073735.jpg

P7083752.jpg

観光スポットを少し外れると、崩れた建物、銃弾で穴だらけになった壁、
そして物乞いをする小さな子どもの姿さえあります。

この辺りは治安を気にしてか、あるいは美しい景観ではないからか、観光客の姿はほとんどありません。

モスタルのメインシンボルはスタリ・モストで、その蘇った姿はこの街の象徴ではありますが、
未だ崩れたままのこの街の姿もまた人々に重要なメッセージを伝えています。




IMG_1468.jpg

よく見ると宿の壁にも銃弾の跡があり、私を宿に迎えてくれたあの優しいマダムもここで悲しい悔しい想いをしたのかと思うと、教科書の中の出来事が急に目の前で起きたかのように感じられました。

私はこれを見て眉間にシワを寄せるくらいしかできませんが、
この嫌悪感こそが重要なのかもしれないと思い至りました。

不勉強でも平和ボケでも戦争を知らない世代でも何でも、これを見て嫌悪感を持てる人間で居られる事が最も重要で、銃を持たない一番の理由になり得ると思ったのです。



ただ、この街で起きた紛争は私には理解が難しい問題をはらんでおり、また、根深いものでした。
ユーゴスラビア脱退を受けて起こった戦争というのは他の旧ユーゴスラビア圏の国々と共通していますが、ボスニア・ヘルツェゴビナに関しては、もともと多種多様な人々が住んでいた事から紛争はより複雑な事態へと発展しました。
ここモスタルにはクロアチア人、セルビア人、ボシュニャク人が住んでいますが、彼らはその民族、宗教の違いを根底とした様々な問題から衝突し、この街の中で、この街の人々同士ですら銃を向け合うという壮絶な内戦が起きてしまったのです。



P7073709.jpg

紛争が集結した現在でも、クロアチア人(カトリック)とボシュニャク人(イスラム)は
スタリ・モストの架かる川を挟んで東西に住み分けているそうです。

東側にはモスクが複数建ち日に何度も大音量のアザーンが流れます。
一方、西側には大きな教会が建ち、山の上からは巨大な十字架が街を見下ろしています。



P7073601.jpg

最初にこの十字架を見たときは「平和の象徴かな」なんて能天気なことを思いましたが、
宗教対立問題をかかえている街でのこれは、あまり平和的なものには見えません。




P7073732.jpg

見学したあとで思う事は、この街の紛争は「戦争について多くを学べました」なんて言葉では決して片付ける事のできない難しい問題をはらんでいるものだったということです。

この街について、また民族紛争について、調べれば調べる程知りたく無かった壮絶な内容まで知る事になり、
生半可な気持ちでさも分かった様にこの街のことを書こうとした自分は浅はかであったと反省しています。

ただ途中で書いた「嫌悪感」については、戦争の原因が何であれ、これに嫌悪感を持つ事自体は決して間違いではないと思えるので、ここに来て得られたものが無かったとは思っていません。

この目で見なかったら、永遠に教科書の中の出来事で終わらせていたかもしれません。
見に来て良かったと、これまでの観光地とは違う観点ですが、心からそう思います。




普段触れないことを無理して考えてくたびれたので、しばらくは能天気な旅をしようと思います。
ブログにももっとこう面白おかしいことを書きたいです。最近面白い事起きてないけど。
そういえばウィーンのコインロッカーがデジタル表示で日本語表記があり、「24時間で2ユーロです」を間違えて「2時間で24ユーロです」と言っていました。そんだけ。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| ボスニア・ヘルツェゴビナ | 21:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

ボスニア・ヘルツェゴビナへ

今日はモンテネグロのコトルに移動するつもりだったのですが、
予定を変更してボスニア・ヘルツェゴビナのモスタルに行くことにしました。

クロアチア入国あたりからよく話題に出ますが、ここもまたユーゴスラビア紛争の際に被害を受けた街です。
というか、旧ユーゴスラビア圏の国々はどこも無傷ではいられなかったんですね。私は当時まだ一桁のガキンチョだったのと現在までの不勉強でよく知らずにいました。
足を踏み入れたからには「綺麗だった」で終わってはいけない気がするので、今さらながら勉強しています。


ドゥブロブニクと違うのは、この街はまだ復旧を果たしていないということです。
街のいたるところに紛争の傷跡が残っているんだそうです。



大きな地図で見る

ドゥブロブニクからモスタルまではバスで約3時間の道のりです。
上のマップは何故かルートが出ませんでしたが、
海岸沿いを北上してメトコヴィチという街を通るルートでした。

途中、ボスニア・ヘルツェゴビナとの国境審査があります。

国境付近でバスは一度停まり、国境審査官が乗り込んで来てパスポートをチラ見。で、終了です。
これが多分クロアチアの出国審査です。

少し経ったら別の審査官が乗って来てパスポートを回収。10分後くらいに戻ってきましたが、
ハンコはありませんでした。こっちはボスニア・ヘルツェゴビナの入国審査だと思われます。

旧ユーゴスラビア圏内の移動は一応国境審査はありますが、それほど厳しいものではないそうです。ただ、セルビアだけは少し厳しくて出入国スタンプの有無を非常に気にする、とどこかの掲示板で読んだ覚えがあります。



P7073595.jpg
モスタルバスターミナル

古いですがちゃんとした所でした。
ユーゴスラビア圏ってネットにあまり情報がないので駅やターミナルは
どんな僻地にあるのかといつも気になりますが、今のところどこもちゃんとしてます。



ここから宿までは非常に近く道も分かりやすく、
10分で辿り着けるはずでしたが例によって1時間半かかりました。

でも今回に限っては私のせいではありません。

今回はGoogleマップとコンパスが共謀して私を迷わせたのでございます。



IMG_1443 2


まずGoogleマップがこの体たらく。

どんな野っぱらにあるのかと思いました。
こういうのは普通地図とは言わないです。



IMG_1453 2

野っ原なわけではなく、ちゃんと道のある街なのです。
なのでこちらの航空写真を参考にすることにしましたが、この画像も間違っているのです。



IMG_1453 22

宿は本当はこのあたりにあります。

住所を入れたら「○○ホステルのこと?」とあちらから言ってきたので信用したのにこの仕打ち。
街を盗撮して回る暇があったらしっかり地図を作らんかい。



次に宿からのアクセス紹介ですが、こちらは文章での道案内でした。

「バスターミナルから来る場合、まずは旧市街(南の方よ)へ向かってまっすぐ500メートル歩き、
右折して100メートルで宿よ。とっても簡単!」とのこと。

私は旧市街がどこにあるか知らないので「南の方よ」を採用して歩き出したのですが、
コンパスが「南はこっちですよ〜」と言う方向に進んでいたら大分歩いてから急に
「あ、ごめんやっぱこっちだったかも(笑)」
と方向を変えて来たのでございます。


それ砂漠でやられたらその場で破壊してるとこですよ。


道理でマップが言ってる場所から離れてくと思ったわ!
この街変な磁気でも出てるんですか?昨日までちゃんとしてたのに。


なお、このときはwifiが無くgoogleマップの航空写真は受信できなかったので、
上の酷い地図を使って移動していました。なのでマップ上で距離を図る事はできない状態です。

ちなみに航空写真の青い○がそのとき私がいた場所です。1.5キロくらい歩いてますね。

やっぱ私が悪い気がして来た
歩きながら距離なんて測れる訳無いでしょうが私に罪はありません!




とまあそういうことがあり、結局人に聞きながらなんとかたどり着いたのですが、
到着時私は酷い顔をしていたようで迎えてくれたマダムに開口一番「疲れてる?」と聞かれました。

疲れてますとも。



でも宿自体はとても良いところでした。
画像にも出てますがHostel Dinoというところです。
とても清潔でマダムは優しいです。バスターミナルと旧市街の丁度真ん中くらいでとても便利。お勧めです。



荷物を置いてひと呼吸。

この次はモンテネグロのコトルに行きたいので、アクセスは如何なものかをまず調べに行きました。
場所によってはバスは一日一本だったりするので早めの行動をしなければ。

するとやはり一日一本、早朝のみだったので、2日後の便を買いました。1泊の予定でしたが2泊に変更です。



P7073605.jpg

P7073606.jpg

モスタルの街を見に行きました。

猫に「何撮ってんだ」と凄まれ、地元民に「俺を撮ってくれ」とせがまれました。



P7083775.jpg

市街地は日が暮れても観光客であふれ、穏やかながらも楽しげで良い雰囲気でした。


暗くなってしまったので観光はまた明日。
明日は楽しげじゃない所も見に行きます。




<情報コーナー>

○ ドゥブロブニクから

(2012年7月現在)
モスタル行きバス一日5本。所要約3時間。
8:00, 13:00, 15:15, 17:15, 22:30

コトル行きバス一日3本。所要約3時間。
10:00, 15:30, 19:00
あと曜日によっては20:30があるが何曜日だったかメモるの忘れた。


○ モスタルバスターミナル

中規模で割とちゃんとしてる。ATMあり。英語通じる。
旧市街から7.8分の距離。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| ボスニア・ヘルツェゴビナ | 17:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |