漫画で振り返る旅路まとめ2


2話 : 韓国と韓国船の思い出

出国からロシアに着くまでの、2泊3日の船旅のお話です。
wtt002-1.jpg

wtt002-2.jpg

wtt002-3.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| わたる漫画 | 16:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

今後の旅について

旅人ブランクが長過ぎてメンタル・フィジカル両サイドがブラックホークダウンなので、
日本語で言うと長らく旅をしていなかった為に精神力、体力及び身体能力に衰えを感じるので、
ちょっと肩ならしにそこらへんに行って一度帰って来ようと思います。

中国かモンゴルか台湾か、そのあたりの近場に1、2ヶ月。
それで夏に一度帰国して、装備を整えて改めて長めの旅に出る算段です。

肩ならしは本当はブータンを狙っていたのですが、かの国の推奨する観光のあり方とそれにかかる費用がちょっと特殊で、肩ならしどころか脱臼して帰って来そうなので辞めます。肩が強くなったら改めて行きたいです。具体的に言うとお金持ちになったら行きたいですが、そんな日は永遠に来ないので一生行けないかもしれません。トヨタさんお小遣いください。

そんなわけで、ここ最近パスポートを取り直したり予防接種を打ち直したり世界地図にダーツを打ち込んだり着々と準備を進めておりまして、まあ来月下旬くらいには旅立てるかなという感じです。旅行しやすい季節になって来ていますので、ちょうど良い頃合いかと思います。

夏に一時帰国した後は、シルクロードを巡りつつインドを目指す旅というのを企画しています。ルートをどうするかはビザ問題と世界情勢次第で、インドの後どうするかは残金次第です。

走り始めてしまった旅行漫画に関しましては、あと一ヶ月で完結は難しいので適当な所で一時中断し、続きはまた帰国後にという感じで行きたいと思います。


今後もどうぞよろしくお付き合い下さい。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| 未分類 | 15:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

漫画で振り返るこれまでの旅路まとめ1


これまでの旅路を漫画にしてまとめる試みを始めました。


1話 ; 旅立ち
wtt001-1.jpg

wtt001-2.jpg

wtt001-3.jpg

wtt001-4.jpg


こんな感じでしばらく続けますので、お付き合い下さい。
2、30話くらいで帰って来られるといいなと思っています。

なお、今回は頑張って色を塗りましたが、
2話目からは何事も無かったかのようにモノクロです。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| わたる漫画 | 00:16 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

帰国しております。

| 未分類 | 11:18 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

帰国


DSC05875.jpg
神戸港

帰国しました。



DSC05876.jpg

熱烈に歓迎されております。
穀潰しが一人帰って来ただけなのになんかすいませんね。


しかしこんな私でも一応日本国民なので、印籠を見せたことによりあっさり審査を通過し祖国の土を踏む事が出来ました。疑いの眼差しどころか「おかえりなさい」とか言ってくれる審査官の人に対し、これはどういう罠なのかと逆に疑いの目を向けてしまいました。油断させておいて次の部屋で檻が降って来るのかもしれません。

日本人ってだけでそんな簡単に信用していいんですかね。私のパスポート写真は「北の工作員にしか見えない」と評判なんですけども。そうでなくてもバックパックに危ない物を持っているかもしれないし、おかしな病原菌を持ち帰ってるかもしれませんよ。もう少し自国民を疑った方がいいですよ。




DSC05877.jpg
もちぷにゃが売ってなかった

帰国後最初に食べたものです。

帰国したら必ず食べようと思っていた話題のコンビニスイーツ・もちぷにゃが売ってなかったので、類似品で我慢しました。ほんと日本はこういう小賢しいお菓子が多いなと思いました。



で、この後予約した名古屋行きのバスが3時間くらい先だったので、神戸近辺の酒蔵を冷やかしに行ったら軒並み閉まっており特に収穫も無いままとぼとぼ帰郷しました。

そして4年振りに日本で年を越しました。特別番組に映るひな壇芸人も紅白に出てる人気歌手達もほぼ知らない人達で浦島太郎感が半端無かったですが、半年振りに帰国したら実家がリフォームされており実家なのにトイレの場所が分からなくて愕然とした8年前のあの日に比べればマシかなと思いました。

元旦は最寄りの神社にお参りに行きましたが、おみくじを引いたら「物事をあまり進んでするな」とか「失物:出にくい」とか「旅立:盗難に用心せよ」とか「学問:雑念が多すぎる」とか「商売:利無し」とか散々な言われ様で、地元の神様は久しぶりに帰郷した地元っ子にも辛辣なんだなと思いました。



というわけで、4ヶ月遅れで年末の日記を書いている5月8日現在、私は日本で暮らしております。

何故こんなに更新が遅れたかと言いますと、日本の殺伐とした空気に飲まれ全てのやる気をなくしたというのもありますが、ニートからフリーターにジョブチェンジして忙しくなった、という理由もあります。

4年ほどまともに働いていないのでリハビリのつもりで始めたバイトですが、準備体操ってことで週3、4日くらいからかな〜?と思っていたのに何故かフルタイムで働くことになり、短期で応募したはずがいつの間にか長期でやれるんだよね?みたいな空気になっており、身体を使い頭を使わない仕事を選んだはずが何故か事務仕事を任され一日の大半をパソコンに向かうという、当初の予定とは全く異なる頭の痛い日々を過ごしています。身体がなまり、脳みそが冷え、夢や希望の類がどこぞへお出かけしたまま帰って来ない感覚を覚えます。

そんな感じです。
海外放浪が長過ぎて社会復帰はもう無理かもしれないとずっと思っていましたが、実際働きだしてみたら思ったより無理だった点には気付かないふりをして、しばらく日本で頑張ります。そしてお金が貯まった暁にはまた地球の裏側まで逃げたいと思います。心身共に冷えきって立ち上がれなくならない限り、年明け又は来年の春くらいには出発したいと思っています。


というわけで、皆様しばらくごきげんよう。
ブログには定期的に何か書くかもしれないし、書かないかもしれません。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| 日本 | 20:19 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

日本を目指し航海中


DSC05858.jpg
本日の朝ご飯

船は朝食だけ無料です。

朝食にしてはパスタの主張が強い気がしますが、おかゆと珈琲があるので何とか朝食感は保たれています。その3つが合うのかどうかはさておき。ちなみに奥の肉まんみたいなのはあんまんで、その手前の袋はザーサイでした。




DSC05859.jpg
日本海を航海中

船は順調に航海中です。

沖に出たら揺れるだろうかと思いましたが、全くそんなことはなく快適に過ごせています。4年前に乗ったロシア行きの船は相当揺れましたが、同じ日本海でもエリアや天候によって大分違うのでしょうね。





DSC05838.jpg
本日のおやつシリーズ1/豆菓子

さて、今日は一日中船の上で暇なので、中国のおやつの試食会をしたいと思います。中国は謎のおかしやおつまみが豊富で面白いので、船上で試そうと思って色々買っておいたのです。

写真の右は、上海行き列車の記事でも載せたと思いますが豆スナックです。とても美味しかったのでまた沢山買っておきました。左もまた豆スナックです。どちらも親しみやすい味で、日本でも売っていそうな感じです。




DSC05844.jpg
豆腐の何か

これも列車の時に載せたと思いますが、美味しかったのでまた買いました。高野豆腐みたいな肉みたいな食感の不思議な食べ物です。




DSC05845.jpg


肉の薫製みたいな感じで、硬くて辛くて酒のつまみに最適でした。一応まだ昼なんで、飲んではいないのですが。お茶のつまみにしてます。




DSC05837_2016042400562682b.jpg
おこし

ここで甘味休憩。おこしです。黒ごまが効いていて美味しかったです。




DSC05843.jpg
タケノコ

の酸っぱいやつです。




DSC05846.jpg
イカ

懐かしい味がしました。




DSC05840.jpg
肉2

ぬれビーフジャーキーみたいな感じでした。




DSC05835.jpg
うずらのたまご

うずらの茹でたまごをだし醤油に漬けた感じのおつまみです。

問題は殻ごと漬けてある点ですが、剥いて食べれば問題ありません。ただ、中国の人は殻ごとムシャムシャ行くと聞いたので私もそのようにしました。味は普通の煮玉子なのですが、口内をサクサク刺激して来る殻のまあ不愉快なこと。やはり剥くべきでした。




DSC05842.jpg
ミミガー?

なんだかよく分からないので買ってみましたが、食べてみても何だかよくわかりませんでした。多分ミミガーか何かだと思いながら食べましたが、今写真を見てみたら豚の皮と書いてありますね。コリコリしていて美味でした。





DSC05868.jpg
日本の夜景

暗くなる頃には、すっかり日本の領海に入っていました。写真のこれは確か関門橋を越えたあたりだったか、あるいは越える前だったか。このあたり日本の光に興奮してはしゃいでいたので、あまり覚えていません。




DSC05869.jpg
本日の夜食

夜9時ごろ館内放送で「水餃子やワンタンスープをご用意しております。是非食堂までお越し下さい」と言うので夜食のサービスかと思ったら、残念ながら有料でした。でも美味しかったです。



さて、すでに日本に帰って来ている様なものですが、ここから神戸まではもう一晩必要です。しかしこのころにはすっかり日本の電波を拾っていたので、GPSで現在地を確認しながら夜を過ごし、瀬戸大橋の下を通った深夜2時頃にツイッターで一足先に帰国の報告をしました。

およそ1年8ヶ月ぶりに日本の土を踏むのは、明日の朝9:00ごろです。体感は3ヶ月くらいなので大して感慨深くはないですが、お正月を日本で過ごすのは4年振りなのでとても楽しみです。日本でどころか北半球のお正月が随分久しぶりです。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。

| 中国 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

上海から神戸まで2泊3日船の旅


DSC05782.jpg
上海港待合室

日本に帰ります。
上海から日本までは飛行機で帰れば速い上に割安ですが、個人的趣味により船を使います。




DSC05826.jpg
船内ロビー

本日は12月26日で、到着は2日後の12月28日です。年末便と言う事で非常に込み合うことを予想していたのですが、船内は閑古鳥も空気を読んで黙るくらいガラガラでした。定員345人に対し本日の乗客は30人あまりです。しかし客室係は15人くらいおり、暇そうにしていました。

年末は逆に空くのか?と思ったら、この船を年に4回くらい利用するという上海在住の日本人乗客さん曰く、「いつもこんなもんだよ〜」だそうです。この船は貨物船としての役割が大きく、客船としての利用者は最近は少ないのだそうで。船の最大の利点である運賃の面でも飛行機に逆転されたとあっては、その結果も致し方ありません。

それでも、船内には日本人と中国人以外に欧米人バックパッカーの姿も幾人か見られました。さすがはバックパッカー、しょうもないことに時間とお金をかけていますね。

あと、チャリダーが一人混じっていました。ひょうきんなドイツ人青年です。これから3ヶ月間、ビザが延長出来たらもっと時間をかけて、日本を走って回るのだそうです。まずは西日本を攻めるそうなので、偶然出会った方は優しくしてあげてください。物価が高い日本では米は1キロいくらで買えるんだ?としきりに気にしていたので、米農家の方は米を恵んであげてください。

まあこの記事がすでに3ヶ月遅れなので、とっくに走り終わってるかもしれませんけどね。




DSC05801.jpg
廊下

DSC05792.jpg
休憩所

船体や客室の写真ももちろん撮ったのですが、破損しており見られませんでした。最後の最後にうまく行かないあたり、さすがは私のカメラです。




inboard_info_b_11.gif
©新鍳真公式HPより/http://www.shinganjin.com/

私が予約したのは一番安い二等客室です。和室と洋室があります。片道2万円。洋室は8人用ですが、上記の通りガラガラなので3人で広々と利用しました。

多人数部屋ですが各ベッドにカーテンが付いているのでプライバシーは守れます。読書灯もあります。室内に電源はありますが、テレビ用に取られていたので私は食堂や休憩所の電源を借りました。セキュリティロッカーはありませんが、小さなバッグくらいなら置いておける棚があります。

船内の共同シャワーは水圧も温度も申し分無く、冬の海風にやられた身体がよく温まりました。ベッド数に対してトイレ・バスの数が足りていない気がしますが、まあ年中空いてるみたいなので問題ないのでしょう。




DSC05827.jpg
洗面台兼給湯室

船内ではお湯が貰えるので、カップ麺を作り放題です。私は事前に買って来ましたが、船内でもカップ麺とお菓子くらいなら売っています。




DSC05791.jpg
ビール

自販機では缶ビールが150円で売っていました。免税価格ですかねこれは。日本では今いくらなんでしょうか。




DSC05818.jpg
甲板

さわやかな風に吹かれながら優雅な船旅を・・・楽しむには寒過ぎたので、写真だけ撮ってすぐに引っ込みました。大きな船なので甲板も広く、かつ乗客が少ないのでお空も海も独り占めできて最高の環境だったのですが。




DSC05804.jpg
本日のお昼ご飯

基本的にはカップ麺で生きるつもりですが船内食も一応試してみたいので、お昼ご飯は食堂で頂きました。夜はメニューが豊富ですが昼は2択で、カレーか炒飯だったので炒飯にしてみました。中国の船ですし。が、残念ながら特別美味しくはなかったです。




DSC05830.jpg
食堂

船内はWifiが飛んでいますが、有料なので使いませんでした。

代わりに溜まりに溜まったブログを書く時間を作ろうと思ったのですが、(写真は「やる気はあったんですよ」アピールのためにわざわざセッティングして撮影したのですが、)例のドイツ人チャリダー青年が熱く語る日本のアニメの話に3時間程、上海在住の日本人のおっちゃんが語る色んな話に5時間程付き合わされたので、自分の時間はほぼありませんでした。




DSC05821.jpg

船は上海の川を抜け、数時間かけてようやく大海原に出ました。
日本到着は明後日の朝。それまでのんびり過ごしたいと思います。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中です。記事が面白かったらクリックお願いします。


<情報コーナー>

上海→神戸港/大阪港フェリー「新鍳真(シンガンジン)号」
http://www.shinganjin.com/

毎週土曜日12:30に上海出航、翌々日9:30ごろ神戸(または大阪)到着。2泊3日。運賃などはサイトを参照。ちなみに往復で買うと割安。日本からの片道便ももちろん利用可能。事前予約制で、運賃は当日払い。

往復券、又は日本から上海の片道券はオンライン予約ができるが、上海から日本への片道券はオンライン予約ができない・・・とサイトには書いてあるが、なんだかんだで出来る。まずは「日中国際フェリー株式会社」に電話で問い合わせれば、やり方を教えてもらえる。

上海フェリー
http://www.shanghai-ferry.co.jp/

大阪ー上海の船ならこれもある。料金もだいたい同じ。

| 中国 | 20:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT